ある日、私は冷血公爵の娘になった 公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第95話最新話と感想!アリアナの暴走

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」第95話のネタバレと感想をまとめてみました!

ついに暴走したアリアナ。

クロエはどう対処するのでしょうか。

「公爵夫人の50のお茶レシピ」第95話のネタバレと感想を紹介します!

⇒公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第95話最新話と感想!アリアナの暴走

アリアナの暴走

ある日、アリアナは久々にお茶会に参加していました。

いつになく上機嫌の彼女に、一人の令嬢が何かいい事でもあったのかと尋ねます。

人を雇い、トリプルスイートの商品にネズミの死骸を入れておいたアリアナ。

 

今朝雇い人から作業が無事終了したとの連絡があったのです。

貴族は不衛生で気持ち悪い物を最も嫌います。

もし貴婦人が購入した商品の中からネズミの死骸が見つかれば、悪い噂が一気に広がり、店が潰れるのも時間の問題です。

 

これでクロエもおしまいだとほくそ笑むアリアナ。

その時、屋敷のメイドが慌てた様子で入ってきました。

治安部隊が来たと言いかけたその時。

 

彼女が言い終わるより先に、治安部隊が突入しました。

混乱する令嬢たちに、皇室からの命令で来たと説明する治安部隊。

アリアナを逮捕する為に来たと告げます。

 

自分は何もしていないと抵抗するアリアナ。

私よりもクロエを逮捕すべきだと叫びます。

 

その時、怒りを抑えた様子のクロエがやってきました。

初めてクロエを見る令嬢たちは、噂と随分違う様子に戸惑うのでした。

信じられない一言

何故私が逮捕されないといけないのか、根拠を聞かせてと言うクロエ。

アリアナは何も言い返す事ができません。

クロエはミリアムの忠告を受け、店に魔法の水晶を取り付けておいたのです。

 

その水晶が全てを映していたのだと言います。

雇い人は既に逮捕され、自分を雇ったのがアリアナだと自白したと。

何か間違っているかと尋ねるクロエ。

 

悔しそうな様子のアリアナに、現実を見るように諭します。

たとえ私がいなくても、アルフォンスがあなたを愛する事はなかっただろうと。

正論を言われたアリアナは、どうせベッドの上で誘っているのだろうと言い放ちました。

 

アリアナの信じられない暴言にざわつく令嬢たち。

クロエはあまりの屈辱に身体を震わせています。

 

自分の事はともかく、愛するアルフォンスまでも侮辱された事が許せないのです。

その時、アルフォンスが現れアリアナを睨み付けました。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第95話感想

昨夜、トリプルスイートの商品にネズミの死骸を入れておいたアリアナ。

雇い人から成功したと報告があり、嬉しくてたまりません。

ついにアリアナがやらかしましたね!

 

店に嫌がらせをしたのは予想通りですが、まさかクロエが魔法の水晶を取り付けていたとは思いもしませんでした。

現代の防犯カメラのようなものでしょうか。

ミリアムの忠告を受け流すのではなく、しっかりと対策をしたクロエの勝ちですね!

 

突然入ってきた治安部隊に混乱する令嬢たち。

アリアナを捕えようとしましたが、彼女は激しく抵抗します。

まさかこんなに早くばれるとは思っていなかったのでしょうね。

 

自分が罪を犯しておきながら、クロエを逮捕しろとは。

こんな性格では孤立するのも当然です。

大勢の前でクロエを侮辱するアリアナ。

 

部屋の外で聞いていたアルフォンスも、アリアナのひどい暴言には我慢できなかったようです。

次話ではガツンと振って欲しいですね!

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第95話最新話と感想!アリアナの暴走まとめ

今回は漫画「公爵夫人の50のお茶レシピ」95話のネタバレ、感想をご紹介しました。

クロエの店の商品にネズミの死骸を混入したアリアナ。

自分に勝ち目がないと考えた彼女は、大勢の前でクロエを侮辱するのでした。

⇒公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧

スポンサーリンク

error: Content is protected !!