公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピのネタバレと感想を最新話まで更新中

スポンサーリンク

ピッコマで連載中の「公爵夫人の50のお茶レシピ」のネタバレを1話~結末まで最新話更新中です!

「公爵夫人の50のお茶レシピ」のネタバレあらすじを1話~結末まで一緒に楽しみましょう♪

「公爵夫人の50のお茶レシピ」のネタバレ結末については韓国で最終話まで更新されたら反映する予定です。

「日本語版までしか読みたくない」という方は、日本語で出ている話までの確認を推奨します!

公爵夫人の50のお茶レシピのネタバレを結末まで最新話を随時更新!

1話 2話 3話
4話 5話 6話
7話 8話 9話
10話 11話 12話
13話 14話 15話
16話 17話 18話
19話 20話 21話
22話 23話 24話
25話 26話 27話
28話 29話 30話
31話 32話 33話
34話 35話 36話
37話 38話 39話
40話 41話 42話
43話 44話 45話
46話 47話 48話
49話 50話 51話
52話 53話 54話
55話 56話 57話
58話 59話 60話
61話 62話 63話
64話 65話 66話
67話 68話 69話
70話 71話 72話
73話 74話 75話
76話 77話 78話
79話 80話 81話
82話 83話 84話
85話 86話 87話
88話 89話 90話
91話 92話 93話
94話 95話 96話
97話 98話 99話
100話 101話 102話
103話 104話 105話

公爵夫人の50のお茶レシピのあらすじ

公爵夫人の50のお茶のレシピは、紅茶が大好きな「楓」が異世界に転生してしまうお話。

楓が転生した相手は「公爵夫人」。

周りにあまり友達もおらず、夫にも無視されているような状態のクロエでした。

 

最初は転生したことに驚く楓(クロエ)ですが、大好きな紅茶を広めることでだんだんと地位を確立していき…?

読んでいると紅茶が飲みたくなる漫画です!

他の韓国の漫画と違い、紅茶のストーリーが独特なので良いですよね^^

公爵夫人の50のお茶レシピの登場人物

クロエ(楓)

楓は普通の会社員女性。

たまたま嫌なことがありお酒を飲んでいたところ、クロエになっていた?

 

クロエはさえない空気が薄い女性。

社交界からも夫からも、あまりよく思われていない存在でした。

そんなクロエに楓が転生したことで、紅茶の腕を思う存分ふるって…?

アルフォンス・バーテンベルク

クロエの夫。

転生前はクロエについて、ほとんど無関心だった。

それが転生後のクロエにはだんだん心を開いて、最後はベタ惚れ状態に…?

公爵夫人の50のお茶レシピの結末を大胆予想!

「公爵夫人の50のお茶レシピ」の結末予想ですが、ずばりクロエとアルフォンスの二人はこのまま相違相愛で終わると思います!

結婚当初はお互いに無関心だった二人ですが、今ではすっかりおしどり夫婦に。

特にアルフォンスの溺愛ぶりは、周囲がドン引きする程ですよね(笑)

今更どんな邪魔が入ったとしても、この二人の絆が壊れる事はないと思います!

 

アーサーもクロエに好意を持っていますが、残念ながら入る隙もありません(笑)

個人的には可愛らしくて性格も良いエリーナとくっついて欲しいと思っています!

エリーナなら、アーサーを支える良いパートナーになってくれそうですし。

 

そして「公爵夫人の50のお茶レシピ」の結末予想で一番気になるのが、「本物のクロエの行方」です。

今のクロエと同じように、日向楓の中に憑依して新しい人生を謳歌しているのでは…と思います。

以前のクロエは毒親の影響もあり、自分の意見も言えずオドオドした性格でした。

それでももし日向楓として生きているのであれば、帝国で生きるよりも自分らしく生きられるのでは…と思います。

日本なら知り合いもいないし、他人の目を気にする事なくのびのびと生活できそうなので。

帝国で不幸な人生を送っていた彼女にもぜひ幸せになっていて欲しいです!

 

最後に「公爵夫人の50のお茶レシピ」の結末予想で一番ありえるのが、「二人の間に子供ができる」です!

クロエは子供ができない事を思い悩んでいたし、子宝に恵まれるのが一番幸せな終わり方かなと。

クロエが元の世界に戻る可能性もなさそうだし、二人に似た子供を最後に見てみたいです!

 

以上、公爵夫人の50のお茶レシピの結末予想でした!

公爵夫人の50のお茶レシピの原作や作品情報

公爵夫人の50のお茶レシピの原作や作品情報です!

漫画タイトル 公爵夫人の50のお茶レシピ
配信サイト ピッコマ、カカオページ
配信日 毎週木曜日(ピッコマ)
出版 Kakao Entertainment Corp.
原作の作者 Lee Jiha Antstudio

スポンサーリンク

error: Content is protected !!