公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第77話最新話と感想!ウバの魅力

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」第77話のネタバレと感想をまとめてみました!

クロエが用意した特別なお茶とは一体何でしょうか。

仲睦まじい様子の二人を見たアーサーは…?

「公爵夫人の50のお茶レシピ」第77話のネタバレと感想を紹介します!

⇒公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第77話最新話と感想!ウバの魅力

特別なお茶

戻って来たクロエに、ふいにキスをするアルフォンス。

そんな二人の様子をアーサーは冷めた目で眺めています。

今日はシンハラを用意したと言うクロエに、エリーナが大好きなお茶で何度も飲まされたと答えるアーサー。

 

特別なお茶ではない事に不満げな彼に、クロエは今日用意したのは「ウバ」という珍しいシンハラだと答えました。

産地によって種類の異なるシンハラですが、全て山の上で栽培されています。

そして栽培場所の標高によって味が異なるのです。

 

ウバは高地で採れたシンハラで、その独特な魅力から世界3大紅茶と呼ばれる程。

きっとアーサーも気に入るはずだと言うクロエ。

特別な紅茶だと聞いて、アーサーも期待するのでした。

ウバの魅力

ウバを一口飲んだアーサー。

口に入れた瞬間にモルトの香ばしさが広がり、美味しいお茶には違いありませんが、クロエが言う程特別には感じません。

しかし、突如スーッとするような後味を感じ驚きます。

 

これはミントかと聞くアルフォンスに、当たりと喜ぶクロエ。

ウバの葉にはミントと同じメントール成分が入っており、独特の清涼感を感じるのだと言います。

ウバをすっかり気に入った様子のアーサーに、今度はウバで作ったミルクティーを勧めました。

 

一口飲んで衝撃を受けるアーサー。

クロエは微笑むと、ウバはアッサムの次にミルクティーとして好まれている紅茶で、特有の香りで高級感のある味わいを楽しめるのだと続けます。

アーサーはウバを褒めると、この茶葉を売って欲しいと持ち掛けました。

 

クロエは彼にウバを気に入ってもらえた事を喜びます。

その時、またもアーサーの前でイチャイチャする二人。

気分を害したアーサーは、後ほどウバを買いに行くと伝えると、帰る仕度を始めました。

 

そして帰り際に突如クロエの読みかけの小説の犯人をバラすアーサー。

クロエは一瞬何が起こったのか分からず唖然とするのでした。

謎の喪失感

バーテンベルク邸からの帰り道。

美味しいお茶を飲んで楽しい時間を過ごしたというのに、何故だか気分が晴れません。

アーサーはまるで心に穴が空いてしまったような喪失感を感じるのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第77話感想

アーサーの目の前でクロエにキスをするアルフォンス。

そんな二人をアーサーは冷めた目で見つめています。

 

いくらアーサーを牽制する為とはいえ、いい大人が人前でイチャイチャするのはどうかと思いますよね。

このタイミングでキスする意味が分かりません。

アーサーが呆れるのもごもっともです。

 

「ウバ」という珍しいシンハラのお茶を用意したクロエ。

最初はごく普通のお茶だと思ったアーサーも、後味に感じるミントのような清涼感に驚きます。

そしてウバで作ったミルクティーを飲んだ彼は、あまりの美味しさに衝撃を受けるのでした。

 

ミルクティーといえばアッサムのイメージでしたが、ウバもミルクと合うのですね!

素直でないアーサーも売ってくれと頼むくらい気に入ったようで良かったです。

最後の意味不明のイチャイチャも、小説のネタばらしも、どちらも大人げないですね。

 

目の前で二人の仲睦まじい様子を見せつけられたアーサー。

常に色々な女性を連れている彼ですが、クロエは特別なのでしょうね。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第77話最新話と感想!ウバの魅力まとめ

今回は漫画「公爵夫人の50のお茶レシピ」77話のネタバレ、感想をご紹介しました。

今回クロエが用意したお茶は「ウバ」でした。

すっかりウバを気に入ったアーサーは、後ほど買いに行く事を約束します。

クロエとアルフォンスの仲の良さを目の当たりにしたアーサーは、心に穴が空いたような喪失感を感じるのでした。

⇒公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧

スポンサーリンク

error: Content is protected !!