公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第52話最新話と感想!アールグレイの楽しみ方

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」第52話のネタバレと感想をまとめてみました!

そろそろ契約を見直そうと提案するアルフォンス。

一方クロエは店を訪ねてきたアーサー達にアールグレイを試飲してもらおうと閃くのでした。

「公爵夫人の50のお茶レシピ」第52話のネタバレと感想を紹介します!

⇒公約夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧へ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第52話最新話と感想!アールグレイの楽しみ方

苦手なお茶

今日のお茶は何も混ぜていない純粋なアールグレイなので、ベルガモットの香りが強めに感じられると思うと説明するクロエ。

アーサーは美味しそうに飲んでいます。

しかし、エリーナの口には合わなかったようで、一口飲んで残してしましました。

 

アールグレイは独特の華やかな香りが強く、自分もお茶を飲み始めた頃は苦手だったと語るクロエ。

驚くエリーナに、好きなお茶を好きな方法で楽しんでもらえばいいのだと続けます。

 

とは言え、できればお客様に美味しく飲んでもらいたいので、どうすればエリーナにアールグレイを楽しんでもらえるかと考えました。

アールグレイのお茶らしさを損なわず、苦手な人も美味しく飲める方法。

クロエはある方法を閃きます。

新しい楽しみ方

クロエが用意したのはバニラアイスでした。

不思議そうな二人の目の前でバニラアイスにアールグレイを注ぎ、これはアールグレイアフォガードだと紹介しました。

 

アフォガードがバニラアイスにエスプレッソをかけるものだとしたら、バニラアイスに濃いめに淹れたアールグレイを注いだものがアールグレイアフォガードです。

アイスクリームの冷たさと甘さがアールグレイの香りと混ざって誰でも美味しく食べられるのだと言います。

 

クロエに勧められた二人はアールグレイアフォガードを口にすると、甘くて癖がなくて美味しいと満足そうです。

喜んで食べているエリーナを見て、クロエも嬉しく思うのでした。

新商品の開発

二人が帰った後、クロエはどんなフレーバーティーを販売しようかと考えていました。

最終的に二人とも満足して茶葉を買って帰ったので、アールグレイに需要がある事は分かりましたが、やはり好みが分かれるのが問題です。

 

フレーバーティーを販売するのは初めてなので、できるだけ好みの分かれない大衆向きのフレーバーがいいと考えるクロエ。

アールグレイは好みが分かれるものの、焼き菓子の材料としても使えるので販売しようと決めました。

 

二種類のフレーバーティーを店に置こうとしているクロエは、アールグレイの他にミルクティーにしても美味しく、好き嫌いの分かれないイチゴのフレーバーティーを置こうと考えています。

しかし、イチゴのフレーバーは無難で大衆向けですが、平凡すぎて人の心を掴むには弱いと考えたクロエ。

 

大衆向けで魅力的なお茶を自分でブレンドして販売してみようと決意するのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第52話感想

何も混ぜていない純粋なアールグレイを振舞ったクロエ。

アーサーは気に入りましたが、エリーナの口には合わなかったようで残してしまいました。

 

やはり男性は甘味が少なく、苦みのあるお茶を好む人が多いのでしょうか。

アールグレイは独特の癖があるので、女性は苦手な人が多そうです。

 

アールグレイが苦手なエリーナの為に、バニラアイスに濃いめに淹れたアールグレイを注いだアールグレイアフォガードを用意するクロエ。

バニラアイスの甘味と合わさる事で癖が消え、エリーナも美味しく食べる事ができたのでした。

 

アフォガードは好きで何度も食べた事があるのですが、アールグレイアフォガードというものがあるのですね!

アールグレイの苦みとバニラアイスの甘味、想像しただけで美味しそうです。

家でも簡単にできそうなので真似してみようと思います。

 

トリプルスイートの新商品として、自分でブレンドしたフレーバーティーを販売する事にしたクロエ。

イチゴのフレーバーティーなんて、いかにも女性が好みそうですね!

クロエのオリジナルのフレーバーティー、ぜひ飲んでみたいです。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第52話最新話と感想!アールグレイの楽しみ方まとめ

今回は「公爵夫人の50のお茶レシピ」52話のネタバレと感想を紹介しました!

アールグレイが苦手なエリーナの為に、アールグレイアフォガードを振舞ったクロエ。

独特の癖が消え、エリーナも美味しく食べる事ができ、満足して帰って行きました。

トリプルスイートの新商品を考えていたクロエは、自分でブレンドしたフレーバーティーを販売しようと決意するのでした。

⇒公約夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!