公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第51話最新話と感想!契約の変更

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」第51話のネタバレと感想をまとめてみました!

クロエの努力の甲斐もあり、お茶の文化は帝国で根付いていくのでした。

そんな時、クロエの元を訪れたアルフォンスは何をしにきたのでしょうか。

「公爵夫人の50のお茶レシピ」第51話のネタバレと感想を紹介します!

⇒公約夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧へ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第51話最新話と感想!契約の変更

契約の変更

クロエが倉庫で作業をしていると、アルフォンスが訪ねてきました。

アルフォンスはあまり無理しないようにと心配そうにしています。

内心まだ途中までしか終わってないと思いながらも、もう少しで終わるから一緒に帰ろうと声をかけるクロエ。

 

アルフォンスは、一緒にいるのに自分よりも仕事に夢中なクロエを抱きしめるとキスをしました。

アルフォンスからはシガーの苦い香りがします。

 

長いキスが終わり、クロエが文句を言おうとすると仕事の資料を取り上げるアルフォンス。

そして契約変更の件は考えてくれたかと囁きました。

 

あの時は後で考えると言ったものの、まだ何も考えていないクロエは口ごもります。

考えていなくてもあの日から一か月経っているから関係ないと言うアルフォンス。

この場で進めようとするアルフォンスに、クロエは必死で抵抗します。

 

その時足音が聞こえ、春鈴がクロエに来客があった事を伝えに来ました。

春鈴は二人の様子を眺めながら、なんだか様子がおかしい事を不思議に思うのでした。

アーサーの訪問

クロエを訪ねて来たのは、アーサーとエリーナの二人でした。

エリーナはともかく、アーサーとは気まずいクロエ。

 

アーサーはエリーナがトリプルスイートの大ファンなのでデートの途中で寄ったのだと言います。

エリーナが店のファンだと聞いて驚くクロエでしたが、表情を見る限り嘘を言っているようには見えず信じる事にしました。

 

二人をVIPルームに案内すると、どのような商品を探しているのか聞くクロエ。

エリーナは店の商品はほとんど持っているので、社交界に持参したらみんなの注目を浴びるような新製品が見たいのだと言います。

アーサーは発売予定の新製品はないのかと聞きました。

 

クロエは次に発売するお茶はフレーバーティーにしようと考えており、最も有力なのはアールグレイです。

前世の世界では最も有名なフレーバーティーであり、お茶として飲む他にも焼き菓子などいろいろな用途で使えます。

しかし香りが独特で好みが分かれる為、販売しようかどうか迷っていたのです。

 

クロエは二人にアールグレイを飲んでもらおうと閃き、早速お茶を淹れました。

香りを嗅ぎ、アールグレイだと言い当てたアーサーに対し、クロエは以前飲んだ「アールグレイフラワー」とは少し違うのだと説明するのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第51話感想

倉庫で作業をするクロエの元にやって来たアルフォンス。

自分よりも仕事に夢中なクロエにムッとしたアルフォンスは、後ろから抱きしめキスをします。

 

前話ではかなりショックを受けていたアルフォンスですが、意外と立ち直りが早くてびっくりしました。

仕事中でも構ってほしいなんて子供みたいです。

この後夫婦の営みがあるのは間違いなさそうですが、そろそろ契約も見直されそうですね!

 

トリプルスイートの大フォンだと言うエリーナを連れてクロエの元を訪れたアーサー。

社交界で注目を浴びるような新製品があれば見せて欲しいと言います。

 

前回は別の女性と一緒にいたような気がするのですが…。

この前クロエから拒絶されたのにまた普通に訪問できるのはすごいですね。

 

次の新製品にアールグレイを置こうかと考えていたクロエでしたが、独特の香りで初心者向けではないので、本当に販売して良いか悩んでいたのです。

クロエは二人にアールグレイを飲んでもらおうと閃きました。

 

香りを嗅いだだけでアールグレイだと言い当てるアーサーは鋭いですね!

アールグレイはケーキやクッキーに入っているものは好きなのですが、お茶として飲むと少し苦みがあるのでクロエが悩むのもわかります。

アールグレイを飲んだ二人はどんな風に感じるのでしょうか。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第51話最新話と感想!契約の変更まとめ

今回は「公爵夫人の50のお茶レシピ」51話のネタバレと感想を紹介しました!

そろそろ契約を見直そうと提案するアルフォンス。

そんな中、新製品を見せて欲しいとアーサー達が店を訪れました。

クロエは次の新製品候補であるアールグレイを二人に試飲してもらい、感想を聞こうと閃くのでした。

⇒公約夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!