公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第85話最新話と感想!ティーサロンの必要性

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」第85話のネタバレと感想をまとめてみました!

ついにティーサロンのオープンに向けて動き始めたクロエ。

皇宮に招かれた彼女は、ある問題点を見つけます。

「公爵夫人の50のお茶レシピ」第85話のネタバレと感想を紹介します!

⇒公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第85話最新話と感想!ティーサロンの必要性

ティーサロンの必要性

これまで帝国には女性向けの公共サロンがなく、女性が社交活動を行うには自宅の応接室を使うしかありませんでした。

男女問わず、全ての人に公共の社交場が必要だと考えたクロエ。

もしティーハウスが出来たなら、そこは貴婦人たちの公共サロンになるだろうと考えます。

 

クロエの提案を聞いたアルフォンス。

とてもいい発想だと褒め、投資が必要ならいつでも言ってくれと。

クロエは彼に感謝しながらも、自分の力でやってみたいと伝えるのでした。

ティーサロンのイメージ

その後、春鈴に建築家を探すよう指示したクロエ。

ティーハウスの主な顧客は流行に敏感な20~30代の若い女性になると予想し、彼女たちの好みに合わせたインテリアにしようと考えます。

そして前世で人気のティーハウスを思い出しながら、イメージするデザインを描いていきました。

 

建築家との打ち合わせの日。

希望しているインテリアの指示書と参考資料を渡すクロエ。

あまりにも本格的な指示書に、金持ちの道楽程度だと考えていた建築家は衝撃を受けます。

 

そしてクロエを満足させる為には最善を尽くさねばと覚悟する建築家。

本当にこれをクロエが描いたのかと驚きながらも、早速作業を始めると約束します。

 

建築家との打ち合わせを終え、一息つくクロエ。

皇室から明日来て欲しいと伝言が来ている事を聞きます。

クロエは何事かと驚くのでした。

お茶のコースの問題点

翌日、皇宮を訪れたクロエ。

半月後に温の使節団が来る事を聞きます。

温との外交関係は決して良好とは言えず、今回久しぶりに訪問する使節団を迎えるにあたって準備に万全を期しているとの事。

 

訪問の理由は分からないとしながらも、温の人々に国力を示すチャンスだと言う皇帝。

そこで温の使節団をお茶でもてなす事にしたのだと言います。

とてもいい考えだと微笑むクロエ。

 

皇帝は帝国にはお茶に詳しい人がいない為、クロエに助言して欲しいのだと伝えます。

そして温の使節団をもてなす為に準備していたお茶の味が変わってしまったと言う皇帝。

茶葉の品質には何の問題もなく、何が原因なのかも分からないとの事。

 

お茶をコースで準備しようとしていたと聞き、目録に目を通すクロエ。

コースの構成も悪くなく、出されるお茶も最高級の物ばかりです。

しかし、何らかの問題に気付いた様子のクロエは、何故このような構成になったのかと尋ねるのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第85話感想

今まで帝国には女性向けの公共サロンがなく、社交活動をする時は自宅に招くしかありませんでした。

女性にも公共サロンが必要だと感じたクロエは、ティーサロンをオープンする為に動き始めます。

男性にはコーヒーサロンがあるのに、女性向けの社交の場がないなんて不公平です。

 

ティーサロンが出来れば、今までお互いの自宅を行き来するしかなかった女性たちも喜ぶでしょうね!

ティーサロンで新商品の試飲なども始めればいい宣伝になるし、クロエにとってもいい事尽くめですね。

クロエが考えた内装も気になるし、オープンが楽しみです!

 

温の使節団をお茶でもてなす為に、クロエの意見を聞きたいと言う皇帝。

皇帝から直々に意見を求められるなんてすごいですね!

 

最高級のお茶をたくさん用意していれば、それだけで十分な気がしますが。

クロエは目録を見ただけで問題点に気付いたようですが、一体何がいけなかったのでしょうか。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第85話最新話と感想!ティーサロンの必要性まとめ

今回は漫画「公爵夫人の50のお茶レシピ」85話のネタバレ、感想をご紹介しました。

ついにティーサロンの建築に取り掛かり始めたクロエ。

温の使節団をお茶でもてなそうと考えた皇帝は、クロエに意見を求めるのでした。

⇒公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧

スポンサーリンク

error: Content is protected !!