公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第97話最新話と感想!2種類のプーアル茶

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」第97話のネタバレと感想をまとめてみました!

皇帝とアーサーにお茶を振舞う為、皇宮を訪れたクロエ。

2種類のプーアル茶を飲んだ二人の反応は…?

「公爵夫人の50のお茶レシピ」第97話のネタバレと感想を紹介します!

⇒公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第97話最新話と感想!2種類のプーアル茶

皇宮を訪れるクロエ

ある日、クロエは皇宮を訪れていました。

皇帝とアーサーがにこやかに出迎えます。

今日は温の雲南省南部の特産であるプーアル茶を持って来たと言うクロエ。

 

とても貴重なお茶であり、微生物を利用して発酵させて作る為、独特な発酵臭がする事。

そして老化防止や体重減少に効果があるお茶だと説明します。

説明の終わったクロエは、早速準備に取り掛かるのでした。

2種類のプーアル茶

今日は2種類のお茶を用意したと言うクロエ。

不思議な形のポットに興味を持つアーサーに、紫砂壺という泥土で作られたものだと言うと、後ほど秘密を説明すると微笑みました。

アーサーはまるで土の塊のような見た目のプーアル茶に驚いています。

 

プーアル茶は固く圧縮されて作られており、発酵過程で茶葉が変化する為、土のように見えるのだと言うクロエ。

温のお茶は一煎茶を捨てて二煎茶から飲むのが一般的で、この過程が茶葉の不純物を洗い流し、よりよい味を引き出すのだと言います。

 

プーアル茶は生茶と熟茶に分類され、完全に熟成させるのには約30年程かかると。

お茶をゆっくりと自然に発酵させたのが生茶だと伝えます。

まず一杯目のお茶として、熟茶を用意しました。

 

どす黒い色のお茶を出され、薬のようだと躊躇するアーサー。

一口飲むと、まるで土のような味に悶絶しています。

皇帝は飲めない事はないと言いながらも、一口飲んでからは一切手を付けようとしません。

 

微生物の反応により、熟茶からは強烈なカビ臭さと土の臭いがする為、飲めない人が多いのだと言うクロエ。

二杯目には作られて6年経過したという生茶を用意しました。

躊躇しながらも口にするアーサー。

 

華やかな香りが鼻先をくすぐり、まるで料理のスパイスのような風味がします。

皇帝も面白い味だと気に入った様子。

お茶を口に含んで舌でゆっくりと転がしてみてと伝えるクロエ。

 

わずかに甘味を感じるはずだと言います。

しっかりとした味を感じとったアーサーに、プーアル茶特有の甘味だと説明しました。

作りたてのプーアル茶は緑茶によく似ていますが、数年かけて熟成させると本当のうま味が生まれます。

 

そして30年経過すると完全に熟成されるのだと説明しました。

プーアル茶は熟成する程価値があり、投資する人もいるのだと微笑みます。

楽しそうにお茶の話をするクロエを見たアーサーは幸せを感じるのでした。

驚く程高価なティーポット

ティーポットの特徴について教えてくれと言う皇帝。

特別なポットだ聞いたアーサーは、思わず手に取ります。

その時、手が滑りポットを落としそうになるアーサー。

 

落下寸前で受け止めると、クロエはとても高価なものだからよかったと安堵します。

紫砂壺の価格を聞いたアーサーは、落とさないようにそっとポットを置くのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第97話感想

皇帝とアーサーの為に、2種類のプーアル茶を用意したクロエ。

一杯目の熟茶を飲んだ二人は、泥のような味に驚きます。

プーアル茶は2種類あるのですね!

 

プーアル茶を飲みにくいと感じた事がないので、一般的に飲まれているのはあまり熟成されていない生茶の方でしょうか。

泥やカビのような臭いがするのに、熟成すればする程高額になるとは不思議です。

何か美味しい飲み方があるのかもしれませんね!

 

紫砂壺を落としそうになり、落下寸前で受け止めるアーサー。

価格を聞いた彼はそっと紫砂壺を置きます。

いつも適当なアーサーが慎重に置くぐらい高額なのですね!

 

一見何の変哲もないポットに見えますが、どれだけ高額なのか気になります。

紫砂壺には一体どんな特徴があるのでしょうか?

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第97話最新話と感想!2種類のプーアル茶まとめ

今回は漫画「公爵夫人の50のお茶レシピ」97話のネタバレ、感想をご紹介しました。

皇宮に呼ばれ、2種類のプーアル茶を振舞うクロエ。

皇帝とアーサーは、プーアル茶の味の違いに驚くのでした。

⇒公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧

スポンサーリンク

error: Content is protected !!