公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピ33話ネタバレ最新話と感想!ティールームへご招待

公爵夫人の50のお茶レシピ【33話】ネタバレの紹介と、感想です!

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」33話のネタバレと感想をまとめてみました!

 

アルフォンスと跡取りを作る夜を迎えたクロエは、お風呂に入りながら緊張と不安でいっぱいです。

夫婦の距離が縮まった2人は、素敵な夜を過ごせるのでしょうか!?

それでは、公爵夫人の50のお茶レシピ33話ネタバレと感想を紹介していきます!

公爵夫人の50のお茶レシピ33話ネタバレ最新話と感想!ティールームへご招待

2人は熱い夜を

クロエの部屋に訪れたアルフォンスは、優しくクロエに準備はいいか尋ねます。

ドキドキしてしかたのないクロエですが、アルフォンスを迎え入れました。

 

アルフォンスは、クロエをこんなにも愛おしく思うことは初めてのようでした。

クロエをみて、にっこりと笑ったのですから!

 

朝になり、眼が覚めたクロエの目の前にはアルフォンスが!

照れながら、アルフォンスに朝の挨拶をしたクロエをみて、アルフォンスは同室にしたいほど彼女を愛おしく思いました。

けれど、結婚契約書には跡取りを作る日を月に1度だけと決めてしまったのでそれは出来ない願い。

 

起き上がったクロエは、全身に衝撃が走ります。

身体を動かすと痛くて、動けないようなのです。

医者を呼んでもらい、診てもらうとただの筋肉痛でした。

 

普段から運動などしていないのに、激しく運動したものですから、筋肉痛になってしまったのです。

そんな話は瞬く間に、屋敷の中で噂されてしまいました。

しかしけなすような話題ではなく、結局のところバーテンベルク夫妻の関係が深まっているという話し。

ティールームのお披露目

ついに完成したティールームを、アルフォンスをはじめ使用人のエリーと3人の騎士団を招いたクロエ。

これには不満そうな、アルフォンスです。

なんせ、2人のティールームですからね。

 

素敵な部屋に、クロエはもちろん他の皆も眼を輝かせて喜んでいました。

そして自分が作ったことを強調しながら、クロエに感想を求めたアルフォンス。

強調したことが気になったクロエですが、そこには触れずに素直に喜びました。

新しい商品に

みんなを待たせ、クロエは初めてのティールームでお茶をご馳走します。

今回使った茶器は、クロエがデザインした新しい物で、その茶器にもアルフォンスはもちろん気が付きました。

クロエがティーウェアとコーヒーウェアとの違いを熱弁しながら、お茶を注いでいきました。

今回のお茶は、ミルクティー。

 

やはりみんな、お茶にミルクの組み合わせは受け入れがたいようで、驚いていました。

一口飲んで、真っ先に口を開いたのはアルフォンスです。

普段あまり褒めないアルフォンスが、このミルクティーは飲みやすく美味しいと言ってくれました。

 

他の皆も美味しいと口を揃えて言い、気に入ってくれたようです。

一瞬考えたアルフォンスは、このミルクティーも商品にしたらどうかと提案しました。

 

驚いて聞き返してしまうクロエですが、アルフォンスは本気です。

ミルクティーはとても飲みやすく、誰にでも受け入れてもらえるだろうと考えたのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピ33話感想

ついにバーテンベルク夫妻が、夜を共に過ごしましたね!

それにしても、翌朝に全身筋肉痛になるなんてとても熱い夜を過ごしたことが伝わりました。

きっとアルフォンスも、今までにないような気持ちがクロエに芽生え、気合いが入ってしまったのでしょうね。

 

あの笑わないアルフォンスが、クロエとキスをする直前に笑ったのですから!

使用人の間で噂になっても仕方ありません。

 

夫婦仲が深まったことを疑う使用人もいましたが、これで確証に変わったのではないでしょうか。

ということは、またコリン夫人が動き出しそうですね...。

 

ティールームのお披露目で、アルフォンスのあの反応は嫉妬ですね。

あれほど2人のティールームとクロエに言っていたのですから、初めてのお茶は2人で楽しみたかったはず。

そこはもう少し、アルフォンスの気持ちをクロエにくみ取ってもらいたかったです。

 

ですが、みんなでミルクティーを飲んだからこそ、ミルクティーも商品にしようとアルフォンスは思ったのでしょうか。

誰にでも受け入れられ易い飲み物ということは、ターゲットは貴族女性だけでなく他の人にも人気がでそう。

公爵夫人の50のお茶レシピ33話ネタバレ最新話と感想!ティールームへご招待まとめ

今回は「公爵夫人の50のお茶レシピ」33話最新話のネタバレと感想を紹介しました!

楓がクロエになってから、初めてアルフォンスと一夜共にしました。

翌日クロエは、全身筋肉痛になるほど激しい夜を過ごしたようです。

 

倉庫に新設したティールームが完成し、それをお披露目したクロエ。

アルフォンスとエリー、騎士団の3人を招待したクロエは、新しい茶器でミルクティーをご馳走。

その美味しさに、全員が魅了されアルフォンスからはミルクティーも商品にしたらどうかと提案されます。

クロエの事業は、どんな結果になるのでしょうか!?

スポンサーリンク

error: Content is protected !!