公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第48話最新話と感想!お茶の普及

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」第48話のネタバレと感想をまとめてみました!

月に一度では少ないから計画を見直そうと提案するアルフォンス。

そんな中、皇帝の為にダージリンを選んだクロエは、お茶を気に入った皇帝から感謝されるのでした。

「公爵夫人の50のお茶レシピ」第48話のネタバレと感想を紹介します!

⇒公約夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧へ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第48話最新話と感想!お茶の普及

飲み比べ

皇帝の前に3種類のお茶が運ばれてきました。

ダージリン地方では1年に3回茶葉の収穫を行っており、収穫の時期によって味も香りも違うので全て準備したと説明するクロエ。

 

最初に3~4月に収穫したダージリンファーストフラッシュという一番摘みのお茶を勧めました。

緑茶やウーロン茶のように発酵の浅いこのお茶は明るい黄金色が特徴で、お湯の温度も80度と低めなので他のお茶よりも長めに蒸してあるのだと言います。

 

一口飲んだ皇帝は、軽めの舌触りの中にほのかに甘い花の香りを感じましたが、きりっとした渋みもあり、舌と口の中が渇くような感覚になりました。

口の中が渇き痺れるような感覚を収斂性といい、ダージリンファーストフラッシュはお茶の中でも特にその傾向が強いのだと言うクロエ。

 

早く次のお茶を飲みたいと言う皇帝に、クロエは早速次のお茶を用意しました。

次のお茶は5~6月に収穫するダージリンセカンドフラッシュという二番摘みのお茶で、95度程に沸かしたお湯で淹れたものです。

 

皇帝は口に入れると、最初のお茶と比べて果物の甘い香りが強く、バランスが良くなったと満足そうです。

セカンドフラッシュはみずみずしいフルーティな香りが特徴で、クロエはこのお茶を一口飲むとまるで果汁たっぷりの香りの良い果物を食べているような気分になるのだと微笑みました。

 

クロエの表現が面白いと褒めると、次のお茶を準備するように伝える皇帝。

最後のお茶はダージリンオータムナルという秋摘みのお茶で、先程と同じく95度程のお湯で淹れたものです。

 

皇帝は最後のお茶はあまり香りが強くない事を不思議に思いながらも一口飲むと、そのあまりの甘さに驚きました。

寒い冬に備えてチャノキが糖分を蓄える為、オータムナルからは濃厚な甘い香りがするのだと説明するクロエ。

 

オータムナルを飲み切った皇帝は、このお茶は甘すぎてすぐに飽きてしまいそうだと苦手そうです。

クロエは微笑みながらも、甘いものが苦手なアルフォンスもこのお茶が苦手だった事を思い出しています。

 

皇帝は自分は今日のお茶の中では2番目のお茶が特に印象深かったとし、あの素晴らしい香りは上質なワインと共通するものがあると言いました。

クロエは皇帝の優れた味覚を褒めると、ダージリンは「紅茶のシャンパン」と呼ばれているのだと続けます。

 

皇帝は契約書を公爵邸に送るから確認するように伝え、クロエに楽しい時間を過ごせた事を感謝するのでした。

お茶の普及

数日後、アーサーは連れの女性から皇帝が最近お茶を好んでいる事。

そしてアーサーもお茶を飲んだ事はあるのかと尋ねられました。

アーサーは皇帝にお茶を納品しているクロエと親しいので、当然飲んだ事があると微笑みます。

 

クロエのお茶の腕前を褒めながら、東洋の花の香りのお茶や、独特な果物の香りのお茶を飲んだ事。

そしてそれがクロエ自らブレンドした、この世に一つしかない特別なお茶だったのだと続けました。

連れの女性が興味を持つと、機会があれば飲んでみるようにと勧めるアーサー。

 

後日、アーサーにお茶を勧められたイゾルデ嬢は、お茶会で夫人たちに皇帝が飲んだお茶を勧めていました。

夫人たちはイゾルデ嬢がいち早く紅茶を入手している事を褒めると、お茶の話題で盛り上がるのでした。

お茶を選ぶクロエ

その頃バーテンベルク邸では、クロエ宛に紅茶の茶葉を購入したいという内容の手紙が大量に届いていました。

クロエがお茶を嗜んでいるという噂が広がり、実際に味わってみたいという人が増えたのです。

 

クロエはトリプルスイートでの茶葉の販売を前向きに検討しており、どのお茶を置こうかと考えていました。

苦労して持ってきた茶葉が売れ残ると大損害を起こすと考え、紅茶の中でも無難なバラト王国のアッサムとシンハラの葉を選ぶクロエ。

 

アッサムはサツマイモやカボチャに似た濃厚な味と水色が特徴のお茶で、シンハラのお茶は前世で飲んでいたセイロンによく似ていました。

店に置く茶葉は多少手を加えても大衆的で親しみやすいものがよく、家でも簡単に淹れて飲めるものがいいと考えたクロエは、あるお茶を閃いたのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第48話感想

皇帝に早くお茶を準備するよう催促されたクロエは、3種類のお茶を並べました。

ダージリンは収穫時期によって味も香りも異なるので、全てのお茶を準備したのです。

 

ダージリンが収穫時期によって味や香りに違いがある事は初めて知りました。

同じお茶でも飲み比べするととても楽しそうですね!

 

皇帝は2番目のお茶が好みだったようですが、一番万人受けするお茶なのでしょうね。

個人的には最後の甘いお茶を飲んでみたいです!

 

連れの女性からお茶を飲んだ事があるのか聞かれ、クロエと親しいからもちろん飲んだ事があると答えるアーサー。

連れの女性が以前とは違う女性である事も驚きですが、この前あれだけクロエに拒絶されているのに、親しいと嘘をつくアーサーに呆れます。

アーサーは見栄っ張りなのでしょうね。

 

徐々にお茶が普及しだし、トリプルスイートでも茶葉を販売しようと考えるクロエ。

日本には紅茶専門店もあり、たくさんの種類の茶葉が販売されていますが、店に置くならまずは万人受けするお茶がいいですよね。

そのうちトリプルスイートで色々な茶葉が購入できるようになるといいですね!

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第48話最新話と感想!お茶の普及まとめ

今回は「公爵夫人の50のお茶レシピ」48話のネタバレと感想を紹介しました!

皇帝に3種類のお茶を用意したクロエは、楽しい時間を過ごせた事を感謝されます。

お茶の普及に伴い、トリプルスイートでも茶葉を販売しようと考えたクロエ。

一体どんなお茶を閃いたのでしょうか。

⇒公約夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!