悪役が施す美徳

悪役が施す美徳ネタバレ19話最新話と感想!イザナにお願いする

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪役が施す美徳」19話のネタバレと感想をまとめてみました!

イザナに婚約解消を命令してもらうためお願いをしに行くジンジャーの物語です。

ジンジャーのお願いにイザナは・・・?

悪役が施す美徳19話のネタバレと感想を書いていきます!

悪役が施す美徳ネタバレ19話最新話と感想!イザナにお願いする

小説を見つけてしまうキース

ジンジャーが出て行って1時間が経ち、キースはこれで本当に終わってしまうのか考えていました。

ジンジャーが公爵に話をしたことで、父に一族の名に泥を塗るつもりかと激怒され頭を悩ませます。

結婚前はたくさんの女性を知ることで男の価値が決まるとまで言っていた父に今さら怒られても・・と嘆きました。

 

しかし父は一族の名に泥を塗るようなことはしない人だから婚約破棄を受け入れるわけがないとさらに悩みます。

最初は家柄も見た目も結婚するのにちょうどいいと思っただけのジンジャーがあんなにも美しい女性になるとはキースは思いませんでした。

 

キースは初めての敗北感を感じイザナにだけは取られたくないと思います。

そしてレラジエとの浮気を後悔し、どうしたら許してもらえるのかと考えているとジンジャーの読みかけの小説「幽閉された王子と侯爵令嬢」を発見しました。

ララへの違和感

ジンジャーは馬車の中でキースをもう絶対に家に入れないと考えているとまた庭園なことに気づきます。

そしてララにイザナはいつも外にいるのか尋ねました。

ララはそれはジンジャーがよく知ってるはずと意味深なことをいいます。

 

考えたジンジャーは小説に長い間塔に閉じ込められていたイザナは狭い空間が嫌いで一日のほとんどを庭園で過ごしていたと書かれていたことを思いだしました。

しかし、ララがなぜそれを知っているのか、違和感を覚えます。

イザナとのたわいもない時間

ジンジャーはイザナにまた生姜呼ばわりされイラつきますが今日はお願いをしに来たからと我慢しました。

イザナはレラジエに会ったといい、怒りを隠しきれないジンジャーをからかいます。

イザナの笑顔は眩しく美しく、ジンジャーはモヤモヤしながらも、レラジエの疑問は解決したのか尋ねました。

 

イザナはジンジャーが大事なことを一つも話してくれないからヒミツと教えてはくれません。

ジンジャーはまだまだ分からない事ばかりで謎に包まれたあの本のことを話すことも説明るることも出来ないと考えていました。

イザナの答えとは!?

そしてイザナに本題を聞かれ、婚約破棄したいが婚約者の父に自分より地位が高い人が命令しない限りできないと言われたことを説明します。

イザナはジンジャーとキースの婚約について詳しく話し始めました。

最低ですぐに浮気をするキースが許せないというジンジャーにイザナは納得します。

 

そして婚約破棄するよう命令したらいいのかと聞き、レラジエと浮気したキースに非があることに同意してくれました。

ジンジャーが詳しく調べたんですねと聞くと、それだけおまえのことが気になったとイザナにいわれ、ドキドキが止まらなくなります。

しかし、イザナは浮気されたことには同情するが、タダでは聞けないから取引をしようと持ちかけるのでした。

悪役が施す美徳ネタバレ19話感想

キースの浮気癖は父の入れ知恵だったのですね。

しかし、父は家のことしか考えていないような態度で、なんだか少しキースも可哀想な感じがします。

 

とはいえ、浮気は許せないので、キースの肩を持つ気にはなりませんが・・・

あの本を見つけてしまったキースはやはり読んでしまうのでしょうか。

 

ララは言動が毎回怪しすぎて、絶対に何かを知っているような気がします。

レラジエと会ったイザナのレラジエへの印象はどうだったのでしょう。

レラジエはペンダントを付けていたのか、心を読んだのかまだ疑問が残ります。

 

イザナとジンジャーは終始いい感じで話しているように感じるのですが、このままいい感じで進んでいってほしいと思いますね。

取引しようとは言われましたが、婚約破棄の命令もすんなりと受け入れてくれているような感じもしました。

取引条件が何なのかはまだわかりませんが、うまく成立させることは出来るのでしょうか。

悪役が施す美徳ネタバレ19話最新話と感想!イザナにお願いするまとめ

今回は漫画「悪役が施す美徳」19話のネタバレ、感想をご紹介しました。

キースは父に激怒されて今さら後悔をし始めます。

ララは何かを知っていそうな雰囲気があり、ジンジャーもそれに気づき始めた様子でした。

ジンジャーのお願いに同意してくれたイザナは取引を持ち出し、この取引は成功するのでしょうか。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!