公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第100話最新話と感想!憑依体験の真相

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」第100話のネタバレと感想をまとめてみました!

アルフォンスに別れを告げたクロエは、自分と同じ経験をした男性の元へ。

彼は衝撃の話を語ります!

「公爵夫人の50のお茶レシピ」第100話のネタバレと感想を紹介します!

⇒公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第100話最新話と感想!憑依体験の真相

クロエの出発

クロエの部屋を訪れたアルフォンスは、隅に置かれた荷物を見つめています。

寂しそうな表情の彼に、たった10日だと言うクロエ。

仕事が終わればすぐ戻ると微笑みました。

 

アルフォンスは彼女にキスをすると、そのままベッドへ向かいます。

恥ずかしそうな様子のクロエに、今夜は寝かせないと囁くのでした。

 

あれから熱い一夜を過ごしたクロエ。

出発の準備ができた彼女を、アルフォンスたちが見送ります。

 

まるで今生の別れかのように抱き合う二人に、使用人たちは戸惑いを隠せません。

そしてアルフォンスに別れを告げ、クロエの乗った馬車は出発しました。

ウィリアムとの出会い

ミルタン・ケインズに到着したクロエたち。

一人の男性が「アメリー・マウントバートン夫人」と声を掛けてきました。

クロエは彼が驚かないように偽名を使っていたのです。

 

ウィリアムと名乗るその男性と共に室内に入ろうとするクロエ。

一緒に入ろうとする騎士のジェイコブに、外で待つように伝えます。

見知らぬ男性と二人きりになるのは危険だとうろたえるジェイコブ。

 

クロエが自分以外の男性と二人きりになったと知れば、アルフォンスが黙っていないと。

しかしクロエは何かあれば大声で呼ぶと伝えるからと、中に入ってしまいました。

彼女の後ろ姿を見送りながら、絶対にアルフォンスの耳に入らないようにしないとと思うのでした。

憑依体験の真相

ウィリアムの部屋は宗教に関する本で溢れていました。

席に着き、あなたは他の憑依した人たちとは違うようだと呟くウィリアム。

クロエは他にも同じような体験をした人がいると知り驚きます。

 

そして自分と同じ体験をした人に関する情報が欲しいと訴えました。

ウィリアムは承諾すると、自分がこの現象について知ったきっかけを語り始めます。

以前は神聖国の司祭だったというウィリアム。

 

彼もまた、前世では他国の若者でしたが、ある日目を覚ますとこの体に憑依していたと言います。

そしてクロエと同じくこの不思議な現象について調べ始めたのだと。

調べていくうちに教皇庁に答えがあると分かった彼は司祭になったのだと続けました。

 

教皇庁とは、帝国の宗教発祥の地であり、教皇が住んでいる場所です。

教皇庁は他の世界の存在も知っており、それぞれの世界を行き来する人がいるという事も把握していました。

そのことは教皇と聖女、そして一部の地位の高い司祭しか知りません。

 

この世界の他にも幾つもの世界が存在しており、魂は一つの世界に留まらず、他の世界を行き来しているのだと言います。

それは、眠っている時や意識を失っている時。

つまり夢を見ている時です。

 

普通は目覚めれば元の肉体に戻りますが、ごく稀に魂が戻れずに別の世界に残ってしまう場事があるのだと。

つまり、クロエやウィリアムは元の肉体に戻る事ができず、他の世界の他人の肉体に留まってしまったのだと言います。

それが自分たちが体験している憑依だと語るのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第100話感想

アルフォンスと別れを告げるクロエ。

まるで二度と会えないかのように別れを惜しんでいましたね!

会えないのはたった10日ですが、別れる前に熱い一夜を過ごしたようでよかったです。

 

ウィリアムから憑依についての情報を得るクロエ。

この二人の他にも同じような体験をしている人が多数いるとは驚きました!

クロエは他の人とは違うと言われていましたが、他の人はこの世界でどのように過ごしているのでしょうか。

 

憑依現象について説明するウィリアム。

憑依とは、夢を見ている間に自分の肉体に戻れなかった人が体験している現象という事でしょうか。

今のクロエのように幸せな体験ができるならいいですが、そうでないなら元の肉体に戻れないのは辛いでしょうね。

 

元のクロエに関する手がかりは見つかるのか。

まだまだ目が離せませんね!

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第100話最新話と感想!憑依体験の真相まとめ

今回は漫画「公爵夫人の50のお茶レシピ」100話のネタバレ、感想をご紹介しました。

自分と同じ経験をした人の情報を求め、本の著者であるウィリアムに会いに行ったクロエ。

彼の口から憑依体験の真相が語られ、クロエは言葉を失うのでした。

⇒公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧

スポンサーリンク

error: Content is protected !!