公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピ5話ネタバレ最新話と感想!罰を受けるエリー

スポンサーリンク

公爵夫人の50のお茶レシピ【5話】ネタバレの紹介と、感想です!

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」5話のネタバレと感想をまとめてみました!

 

使用人たちからのいじめをなくすことと、お茶を手に入れたい楓。

コリン夫人に罰を与えたかいがあって、使用人たちは楓の世話をするようになりました。

そして夫のアルフォンス公爵に、お茶が欲しいとお願いをした楓。

 

その要求通りに、アルフォンスはお茶を手配してくれたのですが・・・。

果たして楓の望み通りにいったのでしょうか!?

それでは、公爵夫人の50のお茶レシピ5話のネタバレをしていきます!

⇒公約夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧へ

公爵夫人の50のお茶レシピ5話ネタバレ最新話と感想!罰を受けるエリー

早速お茶をたしなむ楓

大量に運ばれてきた荷物が、頼んだお茶だと言われても信じられない楓。

まさかこんなにもお茶が用意されるなんて、想像もしていませんでした。

 

この大量のお茶には、アルフォンスのプライドが込められています。

なぜなら、楓がアルフォンスにお願いをした時、彼のプライドを傷つけるような言葉を言ってしまったのですから。

 

それに腹を立てたアルフォンスは、異常なくらいの量のお茶を用意したのです。

この行動から、プライドが高いことは分かりますが、ちょっと幼稚な気もしますね。

 

量の多さに困惑した楓ですが、何はともあれ希望通りお茶を用意してくれたことに感謝しています。

そして早速、お茶を飲む準備を始めました。

エリーと一緒にティータイム

お茶を飲もうとルンルンの楓は、階段でエリーと遭遇しました。

エリーは汗をかき、忙しそうに仕事をしています。

 

でも楓は、自分を慕ってくれている唯一の使用人だし、楽しくお茶を飲みたくてエリーを誘ってみました。

ところが、公爵夫人からのお誘いを断るエリー

エリーはYESマンではないようですね。

 

エリーは洗濯係を担当しています。

その中では最も若いため、色々な仕事を押し付けられているようでした。

使用人の中でも、嫌がらせのようなことは起こっているんですね。

 

大好きなお茶を手に入れた楓は、もう有頂天!

断るエリーを、半ば無理やりお茶に付き合わせました。

エリーは仕事が不安でしたが、楓に誘ってもらえたことは嬉しかったようです。

お茶を淹れるのに苦戦する

2人はお茶を淹れるために、厨房へ行きました。

楓が厨房へ訪れると、みんな驚いた様子。

それもそのはず、普通は公爵夫人が厨房へと足を踏み入れることはないからです。

 

そして楓が驚いたことは、厨房のみんなは楓に対して冷たい視線を向けないのでした。

ですので、お茶を淹れる道具を準備してもらうことは、さほど難しくありません。

お湯をわかすヤカンを用意させるのですが、こだわる楓。

 

美味しくお茶を淹れるためには、銅のヤカンでなければいけないと言います。

そんなこだわりを言う楓を、ただ一人、厨房の責任者は良く思っていない様子。

忙しいのにわがままを言うなんて。

 

お湯が沸いて、ついにお茶が飲めます。

一口、お茶を飲んでみてビックリ!

とても渋くて、全く美味しくありません

 

原因を考えた楓は、ハッとしました。

この国の水は軟水だったのです。

そのことに気が付いた楓は、お茶の入れ方を変えました

 

するととてもいい香りの美味しい紅茶を淹れることに成功!

その美味しさを共有したく、エリーにも飲ませました。

エリーに罰が下された・・・!

美味しそうにお茶を飲むエリーの姿をみて、楓はほっこりしました。

この世界では、お水が美味しいためお茶を楽しむ文化がありません

お茶を飲む国は、貧相とさえ言われているそうです。

 

そんなお茶ですが、美味しそうに飲むエリーもいるし、楓にとってもかけがいのない時間。

なんとかしてこの国に、取り入れたいと思い始めました。

 

その時、洗濯係の責任者であるミラー夫人が、凄まじい形相で部屋に入ってきました。

その様子に怯える楓。

ミラー夫人は、楓に抗議しに来たのです。

 

仕事中にエリーを連れ出したことを知ったミラー夫人は、腹を立てたのでしょう。

エリーをひどく懲らしめたと言うのですから、楓は息をのみました。

公爵夫人の50のお茶レシピ5話感想

いやもう、届いたお茶の量の多さには驚きました。

アルフォンスに頼んだ時に嫌な予感はしましたが、まさか大量にお茶を用意するなんて・・・!

それでも楓にとって、悪いことではないのでひとまず良かったですね。

 

そして登場したのがエリー!

お茶の相手にエリーが選ばれました。

 

洗濯係の中でも仕事を押し付けられているエリーが、楓と重なって見えたのでしょうか。

それで親近感がグッとわいたのかもしれませんね。

 

そして驚くことに、ミラー夫人を恐れてお茶を断るエリーを、ミラー夫人よりも地位が高いのは自分だと言ったこと!

コリン夫人を叩いたことが、相当楓を強くさせたようですね。

 

お茶を淹れるために厨房へやってきたわけですが、一人、責任者は楓のことを良く思っていない様子。

この責任者がとても悪い顔をしていたので、今後ティータイムを邪魔しそうな予感がします。

 

そして最後に登場してきたミラー夫人!

この女性もまた、凄く怖い顔をしているんですよ。

勢いよく現れて、エリーを懲らしめただなんて、最後の登場にして凄く印象づけられました。

 

エリーは何をされたのか、果たしてお茶は今後も飲むことができるのか!?

この続きが楽しみです。

公爵夫人の50のお茶レシピ5話ネタバレ最新話と感想!罰を受けるエリーまとめ

大量のお茶を手にする事ができた楓。

ルンルン気分で、使用人のエリーとお茶を飲むことにしました。

 

厨房でお湯を沸かし、納得がいくお茶を淹れることに成功します。

美味しそうに飲むエリーと、至福の時間を取り戻すことが出来て満足な楓。

 

そんな楓のもとに、ミラー夫人がやってきました。

エリーが仕事中にお茶をしたことに腹を立てて大激怒!

⇒公約夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧へ

 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!