公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第82話最新話と感想!謎の声の正体

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」第82話のネタバレと感想をまとめてみました!

謎の声から話しかけられたクロエ。

精神的に参ったクロエは珍しく失敗をしてしまいます。

「公爵夫人の50のお茶レシピ」第82話のネタバレと感想を紹介します!

⇒公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第82話最新話と感想!謎の声の正体

謎の声の正体

謎の声から今幸せかと聞かれたクロエは、とても幸せだと答えます。

ここには自分の事を必要としてくれる人がいて、大切な人たちとお茶をしながら笑う事ができるからと。

そうなんだ、と言う謎の声。

 

そして、そこはあなたの居場所じゃない。

私の幸せをあなたが奪ったのだと言い放ちます。

謎の声の正体は、本物のクロエ・バーテンベルクだったのです。

 

あなたの大切な人も、アルフォンスの愛も全て私のものだと。

声の主はクロエに掴みかかると、奪った物を全部返してと詰め寄ります。

 

その時、うなされて目を覚ますクロエ。

夢だと気付き安堵します。

隣で眠るアルフォンスに触れながら、自分は誰かの居場所を奪ってしまったのかと落ち込むのでした。

クロエの知識

翌朝、クロエは皇室からの依頼で商人の元を訪れていました。

落ち着かない時は仕事に打ち込むのが一番だと考えるクロエ。

お茶の香りを嗅いでいる時だけは、不安が全てなくなるような気がします。

 

その時、茶葉を選ぶクロエを見つめる一人の少年が。

彼は貴族にお茶の良さが分かるはずがないと考え、本性を暴いてやると意気込みます。

少年はクロエに話しかけると、紅茶にまつわる話を始めました。

 

紅茶とは、緑茶が月日とともに発酵して茶葉の色が変わったものだと言う少年。

クロエはしばらく考えると、それは作り話だと言いました。

緑茶は製作過程である程度までしか酸化しないように熱処理が施されており、長期間保存しても緑茶のままだと。

 

それに対して紅茶は発酵させて作るものではなく、酸化過程を通して作られるのだと続けました。

貴族は流行に乗って一時的にお茶に興味を持っているだけだと思っていた少年は、クロエの知識の豊富さに衝撃を受けます。

その時、戻って来た商人からこっぴどく叱られる少年。

 

クロエは彼の話は楽しかったと微笑みます。

商人との取引が終わり、馬車3台分ものお茶を買ってしまい後悔するクロエ。

精神的に参っている時に買い物をしてはだめだと反省するのでした。

いつもと違うアーサー

後日、皇宮でアーサーと出くわしたクロエ。

散歩でもどうかと言う彼の誘いをきっぱりと断ります。

では用件だけ聞いてくれと言うと、お前の事を見直したと伝えるアーサー。

 

近頃のクロエの活躍は素晴らしくて驚いているのだと言うと去って行きました。

クロエは普段とは違う様子のアーサーに、何を企んでいるのかと身構えるのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第82話感想

本来のクロエから奪った物を全て返せと迫られたところで目が覚め、夢だったのかと安堵します。

声の主は本物のクロエだったのですね!

今のクロエは日向楓が転生しているとはいえ、本来の彼女は身体の奥深くに眠っているのでしょうか。

 

本物のクロエは、大切な人もアルフォンスの愛も全て自分のものだと言っていましたが、彼女の性格ではずっと独りぼっちのままだったのではないかと。

今のクロエの地位も信頼も本人の努力で得たものだし、元の彼女では何一つ手に入れる事はできなかったでしょうね。

 

皇室からの依頼で商人の元を訪れたクロエ。

貴族だからお茶の良さなんて分からないだろうと考える少年に、豊富な知識を披露します。

クロエのお茶の知識に少年も驚いていましたね!

 

緑茶と紅茶の製作過程の違いが勉強になりました。

いつも完璧なクロエが珍しく爆買いしていましたね。

馬車3台分の茶葉を買ってしまっても家計に影響がないとは羨ましい限りです!

 

珍しくクロエを褒めるアーサー。

何か心境の変化でもあったのでしょうか。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第82話最新話と感想!謎の声の正体まとめ

今回は漫画「公爵夫人の50のお茶レシピ」82話のネタバレ、感想をご紹介しました。

謎の声の正体は、本物のクロエ・バーテンベルクだったのです。

珍しくアーサーから褒められたクロエは、何か企んでいるのではと警戒するのでした。

⇒公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧

スポンサーリンク

error: Content is protected !!