公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピ30話ネタバレ最新話とまとめ!アルフォンスの過去を知る

スポンサーリンク

公爵夫人の50のお茶レシピ【30話】ネタバレの紹介と、感想です!

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」30話のネタバレと感想をまとめてみました!

 

メイソン夫人がバーテンベルク邸に滞在し、夫婦仲をみてクロエにアルフォンスの隠された秘密を打ち明けようと考えています。

秘密とは何でしょうか!?

それでは、公爵夫人の50のお茶レシピ30話のネタバレと感想を紹介します!

⇒公約夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧へ

公爵夫人の50のお茶レシピ30話ネタバレ最新話とまとめ!アルフォンスの過去を知る

事業は順調に進む

ミルクジャムの事業について、順調に準備が進んでいます。

店の場所も決まり、首都の邸宅が集まっている所にしました。

それは、ミルクジャムは貴族などの格式高い人たちが食べる、贅沢な物と捉えたためです。

 

買った店をみたクロエは開いた口が塞がりません。

なんて、大きなお店なんでしょう!

ミルクジャムだけの販売予定で、このお店の大きさではとても釣り合いません。

 

バーテンベルク家の名前を掲げて行う商売なら、このくらい大きくないと恥ずかしいとのこと。

ミルクジャムだけでは賄えないので、その他にも商品を売ることになりました。

 

アルフォンスは、クロエのことをよくよく考え、仕事のパートナーとしても妻としても全く不満はありません。

それだけでなく、アルフォンスの生活に刺激をもたらし、楽しくて優雅な時間となっているのです。

いつからクロエに慣れたのか、思い出すこともできないほどですが、アルフォンスは結婚前の自分に戻りたくないと心から思ったのでした。

メイソン夫人とクロエ

クロエはメイソン夫人に呼ばれ、二人きりで部屋で会いました。

緊張しているクロエに、メイソン夫人はアイスミントティーをもう一度いれて欲しいと頼みます。

よほど、気に入ってくれたようですね。

 

そしてアルフォンスとの結婚生活について、尋ねられました。

メイソン夫人は、アルフォンスのことを息子同然と思っています。

というのも、メイソン夫人がアルフォンスを育てたからです。

 

クロエはアルフォンスのことを、詳しく知りたいと思いました。

そこで思い切ってクロエは、アルフォンスの両親について質問したのです。

アルフォンスの過去

アルフォンスの両親は、すでに亡くなられていますが、父親であるルートヴィヒ・バーテンベルクはとても立派な貴族でした。

それ故に、自信家でプライドは高い性格でした。

ルートヴィヒは、息子のアルフォンスもそれ以上に貴族らしくあることを望んでいます。

 

もともとアルフォンスには、貴族の素質があり、幼いころから冷静で頭も良かったのです。

しかしそれでは満足しなかったルートヴィヒは、剣術の稽古や勉強などをやらせてきました。

ですが、それでも足りないと感じるルートヴィヒ。

 

最後はアルフォンスに、感情を人に出してはならないと教えます。

感情を出さないことによって、品格が保たれるのだと。

 

幼いアルフォンスは、こういった父ルートヴィヒの教えを、素直に従いました。

これがきっかけで、その後悲劇が訪れることになるのです・・・。

公爵夫人の50のお茶レシピ30話感想

ミルクジャムの事業のことは、すっかり忘れていました。

着々と準備が進んでいて安心です。

それにしても、お店の大きさがとてつもないですね!

 

アルフォンスのプライドが高いことが、こんなところにも表れています。

ミルクジャム以外の商品も取り扱うわけですから、とても大きなビジネスになりましたね。

それを運営するクロエは凄いです。

 

そんなクロエをアルフォンスは、心から信頼しているようですね。

ただ、結婚する前のアルフォンスには戻りたくないというのは、どういう意味なのでしょうか?

孤独だったのか、楽しみなど全くなかった生活だったのか・・・。

 

メイソン夫人から聞かされる、アルフォンスの過去と関係がありそうですね。

メイソン夫人がアルフォンスを育てたということですが、父親であるルートヴィヒは早くに亡くなってしまったと言う事でしょうか。

貴族の心構えをアルフォンスに叩きこんで、すぐに亡くなるだなんて・・・。

 

何があったのでしょうか。

そして感情を表に出さなくなったアルフォンスに待ち受けていた悲劇とは、一体なんでしょうか!?

公爵夫人の50のお茶レシピ30話ネタバレ最新話とまとめ!アルフォンスの過去を知るまとめ

今回は「公爵夫人の50のお茶レシピ」30話のネタバレと感想をご紹介しました!

ミルクジャムの事業の準備も進み、店も決め購入しました。

買った店は大きく、クロエは驚きますがバーテンベルク家の事業となると、ここまでの規模で行わないと恥ずかしいとアルフォンスは主張します。

 

メイソン夫人に呼ばれたクロエは、2人きりで話をすることに。

そこで、アルフォンスの過去を知ることになったクロエ。

アルフォンスの悲劇とは、一体何があったのでしょうか!?

⇒公約夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!