公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第40話最新話と感想!二人の関係

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」第40話のネタバレと感想をまとめてみました!

ジャスミンティーが流行るか心配する店主に、アーサーを広告塔に使って宣伝する事を提案したクロエ。

クロエとアーサーの関係を心配するアルフォンスと、以前とは別人のようなクロエの事が気になるアーサー。

3人の関係はどうなっていくのでしょうか。

「公爵夫人の50のお茶レシピ」第40話のネタバレと感想を紹介します!

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第40話最新話と感想!二人の関係

新しい提案

その後、明海館でのジャスミンティー販売に向けての話し合いは着々と進み、バーテンベルク家で輸入したジャスミンティーは明海館で提供される事になりました。

店の壁にはアーサー皇子の広告ポスターが貼られ、皇子の宣伝もあり、ジャスミンティーは貴族と富裕層から爆発的な人気を博すことになったのです。

 

その頃、販売開始したミルクジャムもまた貴婦人の間で大流行し、多くの人々がトリプルスイートを訪れました。

ミルクジャムは個人客だけでなく上級貴族やベーカリーレストランからも注目され、大量注文が入りはじめたのです。

 

市場で生き残る為には新製品を開発し続ける努力が必要だと考えたクロエは、次の新製品は薔薇のジャムにしようと思う、とポートナム夫人に提案していました。

食べられるのかと不安そうなポートナム夫人に、薔薇の花は美しいだけでなく食用としても使える事、そして薔薇の花が枯れた後に残った子房で「ローズヒップティー」というお茶も作れるのだと説明するクロエ。

 

南の暖かい国々に由来する薔薇のジャムは、香りも見た目も美しく貴婦人の関心を引くのにちょうどいいと続けます。

ポートナム夫人はクロエの博識と発想力に驚くのでした。

三人の関係

数日後、皇宮のパーティーに招待されたクロエとアルフォンス。

クロエが一年前とは比べ物にならないくらい変わった事によってアルフォンスも変わりはじめ、夫婦仲も良くなったと噂されていました。

 

パーティーの最中、靴擦れを起こしてしまったクロエは、アルフォンスに断って靴を履き替えに行こうとします。

そんなクロエを抱き寄せ、使用人に新しい靴を持って来るようにと指示するアルフォンス。

 

クロエがお礼を言っていると、使用人から靴を受け取ったアルフォンスは、跪いてクロエの足に履かせました。

クロエはそんなアルフォンスに対し、ドキドキが収まりません。

そんな二人の様子を見た人々は、夫妻が不仲であるという事が噂だったようだと口々に話しています。

 

クロエに痛くないかと尋ね、大丈夫だと聞くと微笑むアルフォンス。

皇帝に呼ばれたアルフォンスは、クロエにここで待つようにと伝え、その場を離れました。

 

クロエが待っていると、偶然通りかかったアーサーがやってきました。

堅くならず気楽に呼んでくれと言うアーサーに、日向楓だった頃の記憶を思い出し、誰彼構わず寄って来る昔の上司のようだと感じます。

アーサーからアルフォンスのように名前で呼んで欲しいと言われ、不快に思いながらも用件を聞くクロエ。

 

アーサーは、自分たちはかなり親密な間柄なのだから、用件は必要ないだろうと言います。

あちこち噂をまき散らしてクロエを笑い者にしていたアーサーに腹を立てたクロエは、アーサーと親密な間柄だと思った事はないこと、そして望まぬ噂を立てられたくないから単独で話かけるのはやめて欲しいと伝えました。

 

顔を赤くしながら反論しようとするアーサーを残し、ちょうど戻ってきたアルフォンスにエスコートされその場を去るクロエ。

アルフォンスはアーサーを睨み付け牽制するのでした。

二人の関係

アーサーと別れた二人は、アルフォンスがクロエを愛しているのも一時の気まぐれだ、と誰かが噂しているのを耳にします。

アルフォンスは誰かを愛したり、どんなに素晴らしい相手にも心を開いたりしない事で有名だったのです。

婚姻当時、「お互いを愛さないこと」という文書まで書かされた事を思い出し、クロエが涙ぐんでいると、アルフォンスが突然噂話が聞こえてくる部屋のカーテンを開けたのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第40話感想

明海館でのジャスミンティー販売は大成功をおさめ、貴族の間でジャスミンティーが爆発的な人気を博す事になりました。

同時に、ミルクジャムも貴婦人の間で大流行し、上級貴族やベーカリーレストランからも大量注文が入り始めたのです。

 

ジャスミンティーもミルクジャムも、予想通り大流行してよかったですね!

クロエが作ったミルクジャム、私も食べてみたいです。

 

新製品に薔薇で作ったジャムを提案するクロエ。

日本では馴染み深いローズヒップティーですが、クロエ達の住む世界では薔薇を食べるなんて未知の世界なのでしょうね。

薔薇のジャムは私は食べた事がないのですが、甘酸っぱい味で美味しそうです。

 

皇宮でのパーティーでは、一年前とは様子が全く違うバーテンベルク夫妻に周囲の人々が驚いています。

散々影で笑い者にしながらも、手のひらを返したようにクロエに近づいてくるアーサーにもガツンと言ってくれてすっきりしました!

二人の仲の良さを目の当たりにして、アーサーがクロエを諦めてくれるといいのですが…。

 

アルフォンスがクロエを愛するのも一時の気まぐれだ…と噂する人々がいる部屋を開けるアルフォンス。

次話では二人の仲の良さが本物である事を見せつけて欲しいですね!

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第40話最新話と感想!二人の関係まとめ

今回は「公爵夫人の50のお茶レシピ」40話のネタバレと感想を紹介しました!

ジャスミンティーとミルクジャムが大流行を博し、新商品に薔薇のジャムを提案するクロエ。

一方、アルフォンスのクロエへの愛情は一時の気まぐれだと噂する人々に、アルフォンスはどのように対処したのでしょうか。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!