公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第46話最新話と感想!契約違反

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」第46話のネタバレと感想をまとめてみました!

久々の外出でワインを飲み過ぎてすっかり酔っ払ってしまったクロエ。

普段とは違って素直なクロエを愛おしく思ったアルフォンスは、公衆の面前にも関わらずキスをするのでした。

「公爵夫人の50のお茶レシピ」第46話のネタバレと感想を紹介します!

⇒公約夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧へ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第46話最新話と感想!

アルフォンスの理性

パーティーの帰り道、まだ遊びたかったと駄々をこねるクロエにキスをするアルフォンス。

クロエは、いいところで屋敷に到着してしまった事に舌打ちするアルフォンスにしがみつきました。

 

アルフォンスがクロエを抱きかかえて屋敷に入ってきた事に驚く使用人たち。

これから起こる事を察したキエルは、アルフォンスが出てくるまでクロエの寝室に誰も入らぬようにと指示をだすのでした。

 

アルフォンスはクロエをベッドに寝かせ寝顔を眺めながら、自分にまだ欲望が残っていたことに驚いています。

アルフォンスは欲望を抑えながらもクロエにキスし、おやすみと伝え部屋を去ろうとします。

しかしクロエに抱き寄せられたアルフォンスは、逆にベッドに押し倒されてキスをされてしまったのでした。

夢と現実

翌日気が付くとクロエは一人ベッドに寝かされていました。

クロエは甘い感覚や全身がしびれるような快感も全部夢だったのかと不思議に思いながらも体を起こすと、腰に激痛が走り、やはり夢ではなかったと悟るのでした。

 

アルフォンスは夕方になっても帰って来ず、昨晩あんな事をしたのに添い寝もせず、すぐに外出するなんて冷たいとふてくされるクロエ。

その時、アルフォンスが帰宅したとの知らせを聞いたクロエは、彼がいる執務室へと急ぐのでした。

新たな契約

執務室に入ってきたクロエがなんだか怒っている事に驚くアルフォンス。

アルフォンスに避けられているように感じたクロエは、昨晩あんな事をしておいて、朝一人で目を覚ますのは寂しかった事。

そして夫婦なのだからこれからは何も言わずに出かけて遅く帰ってくるのはやめて欲しいと伝えました。

 

アルフォンスは一人にしてしまった事を謝り、二度とこんな事がないようにすると約束すると、今日遅くなった理由を語りはじめます。

不思議そうなクロエに今日結んだ契約書を見せるアルフォンス。

 

契約書には、皇宮に一定の茶葉を供給する事、そして皇宮の侍女に茶を淹れる方法を教える事と書かれ、皇帝の署名がありました。

皇宮との契約を結んできたのだと悟ったクロエは、嬉しさのあまりアルフォンスに抱き着き感謝を伝えました。

 

アルフォンスは契約書を気にいってもらえた事を安堵しながらも、契約違反に関しては怒っていなくてよかったと囁くのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第46話感想

酔っ払ったクロエをベッドに寝かせたアルフォンスは、自分の欲望と戦っていました。

欲望を抑え自分の部屋に戻ろうとするアルフォンスを、逆にベッドに押し倒しキスをするクロエ。

 

契約では夜の営みは月に一度だと決めていたのに、もうそんなものも関係ないくらい想い合っていますね。

利用人たちにも周知の事実というのが面白いです。

 

翌朝目覚めると、アルフォンスの姿はなく、一人である事にふてくされるクロエ。

あんな事をしておいて一人放置されるのは、クロエじゃなくても寂しいですよね。

 

アルフォンスが皇宮とお茶の供給についての契約を結んできた事に大喜びするクロエ。

クロエの為に契約を結んできたのに不機嫌だから驚いたでしょうね。

まだまだ女性の感情を理解するのは難しいようです。

 

契約違反に関して怒っていない事を安堵するアルフォンス。

これからは月に一度…という契約はなくなりそうですね!

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第46話最新話と感想!契約違反まとめ

今回は「公爵夫人の50のお茶レシピ」46話のネタバレと感想を紹介しました!

パーティーから帰ってきた後、積極的なクロエに理性が崩壊するアルフォンス。

クロエは一人残された事に腹を立てながらも、アルフォンスが皇宮と契約を結んできてくれた事を喜びます。

アルフォンスはクロエが契約違反に関しては怒っていない事に安堵するのでした。

⇒公約夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!