公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第45話最新話と感想!酔っ払うクロエ

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」第45話のネタバレと感想をまとめてみました!

すっかり回復したクロエは、財務担当として清王国出身の春鈴を雇う事になります。

異国で暮らす春鈴を気遣うクロエは自慢のお茶をふるまい、春鈴は故郷と同じ味のクロエのお茶に感動するのでした。

「公爵夫人の50のお茶レシピ」第45話のネタバレと感想を紹介します!

⇒公約夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧へ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第45話最新話と感想!酔っ払うクロエ

経営者クロエ

ある日、クロエとアルフォンスの二人はポートナム夫人主催のパーティーに参加していました。

自然と男女に分かれて会話を楽しむ招待客たち。

 

男性陣は事業についての話に花を咲かせており、アルフォンスはトリプルスイートについての質問をされていました。

トリプルスイートに自分は全く関与していないと言うアルフォンスに驚く男性陣。

 

アルフォンスはクロエを連れてくると、クロエがトリプルスイートのオーナーであると紹介しました。

さらに驚く男性陣でしたが、クロエは女性なのだから事業に関する知識は薄いと考えていました。

 

男性陣の予想とは裏腹に、クロエは男性陣の質問に的確に答え、対等に会話をしています。

そんなクロエを見て女性陣も驚いていましたが、そこがクロエの凄いところだと得意げなポートナム夫人。

 

男性陣との会話も一通り終わりクロエが女性陣の元に戻ろうとすると、一人の男性がお礼を言いながら手を差し出しました。

そんな時、凄まじい形相で咳払いするアルフォンス。

威圧された男性は何でもないとそそくさと去って行くのでした。

酔っ払うクロエ

クロエは体調を崩して何日も外に出られなかったので、ワインを飲み過ぎてかなり酔っ払ってしまいました。

そろそろ帰ろうと言うアルフォンスに、嫌だとふくれっ面をするクロエは、そのまま子供のようにポートナム夫人の後ろに隠れます。

 

途方に暮れていたその時、アルフォンス宛に重要な伝言が届いているとの知らせがきました。

アルフォンスはクロエも連れて行こうとしますが、クロエはまだ駄々をこねています。

自分が相手をするから大丈夫だと言うポートナム夫人にクロエを任せ、アルフォンスはその場を後にしました。

無防備なクロエ

アルフォンスが行ってしまった事を確認すると、隠してくれたお礼を言いながら笑顔でポートナム夫人に抱き着くクロエ。

クロエは上機嫌で次々と他の女性陣たちに抱き着いていきます。

以前住んでいた地域でよくやっていたフリーハグというものだと説明しながら、他にハグしたい人はいないかと尋ねるクロエ。

 

手を挙げた男性とハグをしようとクロエが近付くと、アルフォンスが突然クロエの腕を掴み、そこまでだと制止するのでした。

アルフォンスに睨まれて、誤解だとブルブルと震える男性。

 

アルフォンスが酔うとここまで無防備になるのかと呆れていると、会いたかったと満面の笑みでアルフォンスに抱き着くクロエ。

アルフォンスは呆れながらもそんなクロエを愛おしく感じ、大勢が見ている前でキスをするのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第45話感想

夫婦でポートナム夫人主催のパーティーに参加する事になったクロエは、久々の外出に喜んでいます。

トリプルスイートのオーナーとして、男性陣と対等に事業の話をするクロエ。

 

クロエもすっかり元気になってよかったですね!

男性陣と対等に会話するクロエは素敵です。

クロエとアルフォンスが周囲からオシドリ夫婦と噂されるまでになって嬉しいです。

 

久々の外出に羽目を外してワインを飲み過ぎてしまったクロエ。

普段しっかりしている人は、酔っ払うと逆に子供のようになってしまうのでしょうか。

駄々っ子のようなクロエに翻弄されるアルフォンスが可愛らしいです。

 

酔っ払って男性とハグしようとするクロエを真顔で制止するアルフォンス。

普段はなかなかアルフォンスに本心を伝えられないクロエですが、酔うと素直になるのでしょうか。

 

公衆の面前にも関わらずキスする二人。

ラブラブすぎて目のやり場に困りそうです!

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第45話最新話と感想!酔っ払うクロエまとめ

今回は「公爵夫人の50のお茶レシピ」45話のネタバレと感想を紹介しました!

久々の外出でワインを飲み過ぎてしまったクロエはすっかり酔っ払ってしまいます。

普段とは違うクロエを愛おしく思ったアルフォンスは、公衆の面前にも関わらずクロエにキスをするのでした。

⇒公約夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!