サイト開設1周年記念!

30秒で終わる当サイトについての簡単アンケートで

Xmasプレゼントが当たる?!

アンケートに回答してプレゼントに応募する

(※回答は1人1回まで12月23日〆)

公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第108話最新話と感想!美しいお茶

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」第108話のネタバレと感想をまとめてみました!

お茶は美しくないから嫌いだと言う女王。

クロエは彼女を満足させる事ができるのでしょうか?

「公爵夫人の50のお茶レシピ」第108話のネタバレと感想を紹介します!

⇒公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧へ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第108話最新話と感想!美しいお茶

魔法のようなお茶

紅茶を嗜む王国の主だからといって、紅茶好きというわけではないと言う女王。

今まで何度もお茶を飲んだけれど感動した事は一度もないと。

オレンジ色や朱色の紅茶は美しくないと言い放ちました。

 

 

クロエはそんな女王に対し、これから自分が美しい紅茶を見せると微笑みます。

まず最初のお茶は真っ青な色の「青茶」でした。

これは紫色の花から作ったハーブティーで、ブルーメロウをブレンドし色付けしたのだと言います。

 

ブルーメロウは鮮やかな青色が付くだけで無味無臭の為、他のお茶とブレンドしやすいのです。

まるでサファイヤのような美しいお茶を見つめる女王。

香りは良いものの、味は普通で物足りなさを感じます。

 

クロエは再度先程の青茶をカップに注ぐと、ある液体を一滴垂らしました。

するとなんとお茶の色が美しいピンク色に変わったのです。

 

魔法を使ったのかと驚く女王に、ブルーメロウはレモン汁を入れると色がピンクに変わると説明するクロエ。

しかもブルーメロウの青色は空気に触れると酸化して緑色に代わり、その時にレモン汁を入れると紅色に変化します。

たった一種類で何通りもの色を楽しめる珍しいお茶なのです。

 

女王は面白かったと評価しながらも、帝国にお茶を普及させたクロエなら、もっと面白いものを見せてくれるのではと尋ねました。

クロエはもちろんと微笑むと、次のお茶の準備に取り掛かりました。

花のように美しいお茶

次のお茶は、茶器と共に運ばれてきました。

何かの実を取り出すと、これが今回の茶葉だと説明するクロエ。

今回のお茶は先にお湯を半分注ぎ、次に茶葉を入れ、最後にもう一度お湯を注ぐ中投法を用いました。

 

この方法で淹れると、茶葉に刺激を与える事なくお茶を淹れる事ができるのです。

しばらくすると、だんだんと蕾が広がり始めました。

花びらのように広がった茶葉は、フランドールの国旗にそっくりだったのです。

 

これは温の「工芸花茶」というもので、緑茶と花で作ったものだと説明するクロエ。

暑いお茶を注ぐと花が咲くお茶で、女王の為に特別に注文したのだと微笑みました。

 

一口飲むと、口の中に緑茶の味と共に甘い花の香りが広がるのを感じる女王。

そして彼女が飲み終わると同時に、使用人が綺麗に包装された先程の工芸花茶を持って来ました。

女王への贈り物だと言います。

 

今まで様々な贈り物をもらってきた女王でしたが、「水の中で花が咲くお茶」を目にしたのは初めてです。

女王は高笑いをあげると、クロエの事を褒め称えるのでした。

驚きの提案

女王へのもてなしも無事終わり、上手くいった事へのお礼を伝えるロネフェルト夫人。

クロエも素晴らしい経験をさせてもらったと微笑みます。

役目を終えたクロエが屋敷を後にしようとすると、突然女王から呼び止められました。

 

なんと、自分の為に働いて欲しいと言うのです。

驚くクロエに、天然石事業をサポートしてくれる優秀な企業家を探していたのだと。

帝国では女性が政治に携わる事はできませんが、フランドールならば女性が政治をする事も可能だと言います。

 

そしてなんと契約金として最上級のサファイヤを生み出す鉱山を3つ譲渡すると微笑む女王。

これはクロエが経営するトリプルスイートの利益とは比べ物にならない程の収入でした。

 

驚きながらも、何故自分にこんな提案をするのか尋ねるクロエ。

女王には美しいものを集める趣味があり、クロエの光り輝く能力が気に入ったと言うのです。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第108話感想

「美しくない」という理由でお茶が嫌いだと言っていた女王。

しかし、クロエの手にかかるとそんな女王でも満足したようでよかったです!

レモン汁を垂らすと色が変化するお茶や、まるで花びらのように広がるお茶…。

 

どちらもとても美しかったですね!

しかも最後はフランドールの国旗に似た工芸花茶のプレゼントまで。

しっかりと女王の心を掴みました!

 

女王は彼女のもてなしだけでなく、クロエそのものが気に入った様子。

最上級のサファイヤが採れる鉱山を3つも譲渡するとはびっくりです!

確かにクロエはとても優秀な人材なので気持ちは分かりますが…。

 

収入は魅力的ですが、大好きなお茶を扱う仕事からは遠ざかってしまいます。

そして大好きなアルフォンスとも…。

クロエは一体何と答えるのでしょうか?

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第108話最新話と感想!美しいお茶まとめ

今回は漫画「公爵夫人の50のお茶レシピ」108話のネタバレ、感想をご紹介しました。

クロエのもてなしに、お茶が嫌いだと公言していた女王も満足した様子。

すっかりクロエを気に入った女王は、自分の元で働かないかと持ち掛けるのでした。

⇒公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!