公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピ15話ネタバレ最新話と感想!リベンジできた社交パーティー

スポンサーリンク

公爵夫人の50のお茶レシピ【15話】ネタバレの紹介と、感想です!

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人50のお茶レシピ」15話のネタバレと感想をまとめてみました!

 

楓は社交パーティーの準備を着々と進め、その順調さに周りは驚いています。

準備の休憩に、エリーとティータイムをしますが、今回入れたお茶はミルクティー。

 

ミルクとお茶の相性を疑っていたエリーでしたが、すぐに虜となってしまうのでした。

楓が披露するお茶レシピも増えてきましたね!

 

そんなお茶を振る舞う、社交パーティーはうまくいくのでしょうか!?

それでは、公爵夫人の50のお茶レシピ15話のネタバレをしていきます!

公爵夫人の50のお茶レシピ15話ネタバレ最新話と感想!リベンジできた社交パーティー

パーティーに緊張する楓

社交パーティー当日です。

楓が招待した夫人たちが、次々と訪れます。

そこへ現れたのが、以前お茶会に招待してくれたベラドーナ

 

彼女が開催したお茶会で、お茶は渋くて美味しくないと主張し、さらにそんなものを飲むなんて下品だと、楓のことを罵っていました。

そんな彼女は、手土産にコーヒーを持ってきてくれましたが、あいさつ代わりに今日もお茶をバカにします。

 

楓はそんな野次をなんなくかわし、他の招待客に挨拶をしにいきました。

涼しい顔で、軽くあしらわれたベラドーナは、楓に腹を立てているよう。

 

全員が席に着いたところで、いよいよお茶会の始まりです!

緊張する楓ですが、OL時代に経験した仕事の数々を思い出せば、きっとうまくいくはず、そう言い聞かせながら挨拶をしました。

東洋文化に触れる時間

挨拶が終わると同時に運び込まれてきたのは、温から輸入した茶器

みんなカップに取っ手がないことや、珍しいデザインに興味津々です!

 

楓も東洋の文化について説明し、夫人たちはその魅力に共感してくれています。

なんでも自然由来の原料で作られた茶器だそうで、身体に悪い成分は含まれていないのだそう。

夫人たちはデザインだけでなく、原料や東洋文化を知ったことでますます気に入ってくれた様子。

 

しかし、そこへ間を割って入ってきたのはベラドーナ。

東洋の民族を小ばかにしてくるのです。

発展途上の東洋は、文化までもが貧しく、親しみなどないものだと完全に煙たがっています。

 

楓は、社交パーティーを失敗させようとするベラドーナの意見に動じません。

怒るわけでもなく、逃げ出すわけでもなく、凛々しい表情で東洋の魅力について話し、みんなでその文化を体験しようと言うのです!

興味を惹くお茶、ミルキーウーロン

慣れた手つきで、お茶を淹れ始める楓です。

その様子をみた夫人たちは、楓の特技にヒソヒソと感心しています。

 

淹れてもらったお茶をみて、不思議がる夫人たち。

紅茶といえば、赤茶色のイメージがあったようですが、今回のお茶は赤くありません。

お茶からミルクの香りがする、ミルキーウーロンというお茶だそう。

 

夫人たちは、想像していた紅茶とは違う、初めてのお茶に興奮気味です。

それなのに、誰も一口目を口にしようとしません。

どうしたものかと悩んでいる楓ですが・・・!

 

一人の夫人が、飲んでくれました!

とてもいい香りで、美味しいお茶と言ってくれたのです。

その言葉を皮切りに、みんな次々と飲み始めました。

 

甘い香りのする紅茶を飲んだ夫人たちは、上品な味で美味しいと評判がよさそう。

しかしベラドーナは、黙っていられません

ミルクを入れていないのに、ミルクの香りがするだなんて小細工をしたはず、と怒鳴りました。

 

紅茶をみれば一目瞭然、そんなことをしていないことは、誰しもが分かりました。

さらに楓は、ベラドーナに反撃すべく、東洋の文化の素晴らしさや、お茶の正しい淹れ方をベラドーナの叔父に伝えるよう言います。

というのも、ベラドーナの叔父が淹れたお茶が、渋くて美味しい物ではなかったそうなので、ベラドーナに恥をかかせたのでした。

 

こうして、楓が主催したパーティーは大成功に終わり、お茶の文化も皆に広めることが出来ました。

そして、椅子に座りながら一通の手紙を読む楓。

嬉しそうに読む手紙の内容とはいったい・・・!?

公爵夫人の50のお茶レシピ15話感想

始まりました、社交パーティー!

招待していると思っていましたよ、ベラドーナのことを!

ベラドーナのこと、覚えていますか?

 

以前お茶会に参加した楓を、散々バカにしたベラドーナです。

やはり来て早々、嫌味を言いましたね。

 

お土産に持ってきたコーヒーも、紅茶をバカにした現れなのでしょうか。

でもベラドーナ以外は、楓のことを誰もバカにしていませんよね。

楓のことをバカにする者ばかりではなかったことに、新鮮でした。

 

そして早速でてきた新しい茶器。

温から輸入した茶器を使用しましたが、その知識の豊富さに圧巻です!

パーティーの準備をしながらも、温の茶器について相当勉強したことが伝わってきました。

 

そのおかげで、最初からみんな興味深々ですもんね!

楓のプレゼン力には、頭が上がりません。

 

ベラドーナに邪魔されながらも、順調に進んだパーティーですが、最終的にベラドーナを皆の前で叩きのめしたのは素晴らしいです。

楓は感情的にならず、しっかりと自分の意見を伝えられるように成長したのですね。

 

それも含めて、このパーティーは大成功して良かったです。

最後の手紙は、気になるところで終わってしまいました。

 

誰からの手紙でしょうか?

公爵様からの置き手紙?

微笑む楓が読んだ手紙が気になります!!

公爵夫人の50のお茶レシピ15話ネタバレ最新話と感想!リベンジできた社交パーティーまとめ

順調に開催された社交パーティーは、温から輸入した茶器を使用しました。

茶器に夢中な夫人たちですが、ベラドーナだけは受け入れていません。

 

今回もてなしたお茶は、ミルキーウーロンといい、ミルクの香りがする紅茶です。

夫人たちは美味しいと口を揃えて言いますが、ベラドーナはまたしても認めない様子。

 

そんなベラドーナを、静かに撃退する楓でした。

社交パーティーは大成功し、最後に手紙を読んでいる楓。

その手紙はいったいだれから送られてきたものなのでしょうか!?

スポンサーリンク

error: Content is protected !!