公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第76話最新話と感想!アーサーの来訪

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」第76話のネタバレと感想をまとめてみました!

以前アルフォンスがクロエへの愛を公言した時の事を思い出すアーサー。

クロエの元を訪れたアーサーとアルフォンスの間に不穏な空気が流れます。

「公爵夫人の50のお茶レシピ」第76話のネタバレと感想を紹介します!

⇒公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧へ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第76話最新話と感想!アーサーの来訪

クロエへの想い

以前、大勢の前で妻であるクロエを愛していると公言したアルフォンス。

アーサーは彼の言葉を思い出していました。

確かにクロエはその美しさに加え、実業家としても優秀で魅力的です。

 

しかし、帝国にはクロエと同じくらい魅力的な女性はいくらでもいます。

愛する女性の為に自分を犠牲にするなんてと、アルフォンスに失望するアーサー。

ふと、クロエも彼を愛しているのだろうかと考えました。

 

その時、連れの女性に話しかけられて我に返ります。

彼女がアルフォンスの発表がロマンチックだとうっとりしていると、ばかばかしいと言い放つアーサー。

アルフォンスがまさかあのクロエを愛するなんて信じられないと言う彼女に、なんの事かと聞き返しました。

 

以前のクロエは欠陥だらけで「まぬけな公爵夫人」と呼ばれる程社交界では有名でした。

昔の失敗話をしながらあざ笑う彼女を睨み付けると、今のクロエは昔とは違うと言い放ちつアーサー。

そして昔の話を持ち出すなんてと呆れると、彼女を一人残しその場を後にするのでした。

アーサーの来訪

ふとお茶を飲みたくなったアーサーは、そのままバーテンベルク公爵家へ向かいました。

突然のアーサーの訪問に戸惑いながらも用件を聞くクロエ。

お茶が飲みたくなって来たと言う彼に、特に重要ではなさそうだからアルフォンスも呼ぼうと考えます。

 

メイドに呼びに行かせようとすると、背後からアルフォンスの声が。

3人で一緒にお茶を飲もうと提案します。

不本意ながらアルフォンスとお茶を飲む事になったアーサーは、ダージリンとは違う特別なお茶を淹れて欲しいとクロエに要望しました。

 

曖昧な表現に内心むかつきながらも、本気にお茶を好きになって欲しいと考えるクロエ。

こんな寒い日はミルクティーがピッタリだと考えたクロエは、お茶の準備に取り掛かるのでした。

対立する二人

何故クロエに会いに来たのかと尋ねるアルフォンス。

アーサーはクロエが淹れる美味しいお茶が飲みたかっただけだと答えました。

夫である自分に断りもなく、お茶を飲む為だけに既婚女性の元に来るのかと睨み付けるアルフォンスに、アーサーは夫の許可なんて必要ないだろうと反論します。

 

一人の女に夢中になっている男なんて魅力がないと言うアーサーに、二度とクロエに会いに来ないでくれと言い放つアルフォンス。

険悪な雰囲気の二人の前に、お茶の準備を終えたクロエが戻ってきました。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第76話感想

アルフォンスの気持ちが理解できないアーサー。

連れの女性がクロエの昔の失敗を嘲笑っていた事に気分を害した彼は、そのままバーテンベルク邸へと向かいます。

 

以前のクロエには全く興味のなかったアーサーでしたが、生まれ変わった彼女に惹かれているのは間違いないですね。

また連れの女性が違いますが、よく一緒にいるエリーナと違い感じの悪い女性だったので、フラれていい気味です。

 

アーサーの突然の来訪に戸惑いながらも、彼にも本当にお茶を好きになって欲しいと考えたクロエ。

冬にはミルクティーがピッタリだと判断した彼女は、準備の為二人を残してその場を離れます。

 

連れの女性を置き去りにして向かった先はクロエの元でした。

アルフォンスの事を散々ばかばかしいと言いながらも、自分もクロエに惹かれている事には気付いていないのでしょうか。

 

クロエを巡り、火花を散らす二人。

クロエはもう人妻なのだから、いい加減に諦めたらいいのに。

アーサーは彼女が気になって仕方がないのでしょうね。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第76話最新話と感想!アーサーの来訪まとめ

今回は漫画「公爵夫人の50のお茶レシピ」76話のネタバレ、感想をご紹介しました。

クロエに惹かれながらも、自分の気持ちが理解できずにいるアーサー。

ふとクロエのお茶が飲みたくなった彼はバーテンベルク邸へ向かいます。

アルフォンスと険悪な雰囲気になる中、お茶の準備を終えたクロエが戻ってきました。

⇒公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!