公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピ9話ネタバレ最新話と感想!お茶とハムでティータイム

スポンサーリンク

公爵夫人の50のお茶レシピ【9話】ネタバレの紹介と、感想です!

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人50のお茶レシピ」9話のネタバレと感想をまとめてみました!

 

社交界に参加した楓ですが、周りからは嫌味を言われるばかり。

負けてられない楓は、ついに反論するのです。

そんな強気なバーテンベルク夫人に、周りの令嬢は驚くばかり。

 

バーテンベルク夫人なんかに負けてられない令嬢は、クロエが失敗したお茶会のことを蒸し返してきました。

これに対して、楓は反論できるのでしょうか!?

それでは、公爵夫人の50のお茶レシピ9話のネタバレをしていきます!

⇒公約夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧へ

公爵夫人の50のお茶レシピ9話ネタバレ最新話と感想!お茶とハムでティータイム

社交界で勝利した楓

ホートン夫人から、クロエが開いたお茶会の大失態についてネチネチ言われます。

自分が失敗した話しなんて、気分が良いわけありません。

クロエだったなら、その場から逃げ出したでしょう。

 

そしてホートン夫人も、バーテンベルク夫人が逃げ出すようにわざと言ったに違いありません。

それを察した楓は、相手の思い通りになりたくないはずです。

 

ホートン夫人の目を真っ直ぐ見ながら、反撃開始!

その凛とした表情で、淡々と話す楓にホートン夫人は背筋が凍りました。

 

バーテンベルク公爵は、とても地位の高いお方です。

しかしクロエは、小心者な性格ゆえにその地位を全く利用出来ていませんでした

もしこの地位を使いこなせていたら、周りの令嬢たちよりはるかに強い立場に位置します。

 

それを想像したモートン夫人は、ただ謝ることしかできません。

モートン夫人の様子を見た他の令嬢たちも、事態を察して逃げるように話題を変えました

アルフォンスと2度目のお茶会

夕食時に、他愛もない話しを交わす2人。

さっさと食事を済ませ、席を立とうとする楓を、アルフォンスは引き留めました。

 

何事かと怯える楓。

アルフォンスは、なんとお茶を淹れてもらいたかったのです。

嬉しい言葉を聞いた楓は、満面の笑みで引き受けました。

 

アルフォンスを応接室で待たせ、楓は何か運んできます。

アルフォンスも不思議がって見ていると、茶葉だと分かりました。

 

好みのお茶を淹れたい楓は、アルフォンスに選んでもらうことにしたのです。

何種類もの茶葉を嗅いだアルフォンスは、一つ選びました。

それはスモーキーな香りが特徴のお茶です。

スモーキー系が好きなアルフォンス

好みのお茶が分かり、嬉しくなる楓。

少しはしゃぎすぎてしまい、アルフォンスから注意を受けます。

楓は膨れっ面をして、お茶を淹れに行きました。

 

戻ってきた楓は、お茶と一緒に何かほかの物も持っています。

よく見ると、なんとハムがお茶に添えられていました。

 

アルフォンスは、お茶とハムの組み合わせに驚きを隠せません。

しかし楓は、自信満々でアルフォンスに出しました。

公爵夫人の50のお茶レシピ9話感想

見事に社交界で勝利した楓!

強烈な嫌味を言われても、めげずにそして冷静に言い返せた楓は強者です。

感情的にならない所が、成長をとても感じます。

 

そして2回目の夫婦でティータイム。

アルフォンスに、もっとお茶を好きになってもらいたかったんでしょうね。

茶葉を選んでもらうとは思いませんでした。

 

スモーキーな香りが好みだなんて、ダンディーなイメージとピッタリです!

そして楓のはしゃぎようを見て、アルフォンスは注意をしました。

 

注意はしたものの少し可愛らしく思えたのではないでしょうか。

膨れっ面で部屋を出ていく楓を、じっと見つめていたのですから!

 

戻ってきた楓は、お茶と一緒にハムを持ってきました。

ハムとお茶って合うんですかね?

スモーキー系のお茶には、ショッパイ物が合うのかもしれませんね!

 

ハムがお茶をよりおいしく引き立たせるのでしょうか!?

アルフォンスの反応と、お茶の味が気になります。

公爵夫人の50のお茶レシピ9話ネタバレ最新話と感想!お茶とハムでティータイムまとめ

社交界で、モートン夫人たちを負かした楓。

バーテンベルク夫人の地位を確立していきます。

 

そしてアルフォンスから、2回目のお茶を頼まれました。

彼の好みである、スモーキーな香りのお茶を淹れることにします。

 

淹れたお茶とともに、ハムを一緒に持ってきました。

果たしてその味は!?

アルフォンスはまた、お茶の魅力に引き込まれるのでしょうか!?

⇒公約夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!