公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第115話最新話と感想!お茶が好きで良かった

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」第115話のネタバレと感想をまとめてみました!

聖国から帰宅したクロエたちは日常に戻る事に。

クロエにとって嬉しい出来事が起こります!

「公爵夫人の50のお茶レシピ」第115話のネタバレと感想を紹介します!

⇒公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第115話最新話と感想!お茶が好きで良かった

ポートナム夫人の出産

聖国から帰ったクロエとアルフォンスは日常を取り戻していました。

クロエの秘密が明らかになっても、二人の関係は変わらなかったのです。

そしてある日、クロエにとって嬉しい出来事が。

 

大親友であるポートナム夫人が出産したのです。

早速ポートナム夫人の元を訪れたクロエは、赤ちゃんのあまりの可愛さに感激します。

バーテンベルク夫妻もいつか可愛い赤ちゃんを授かるはずと微笑むポートナム夫人。

 

クロエは自分たち夫婦に似た子を想像しただけで顔がほころびます。

しかし、仕事をしている方が幸せだから授からなくても構わないと微笑むクロエ。

そう思えるようになったのは、子供がいなくてもアルフォンスの愛情が変わらないと分かったからでした。

久しぶりのティータイム

ポートナム夫人への贈り物として、彼女が大好きなシンハラの紅茶の詰め合わせを準備していたクロエ。

それを選んだ理由は、妊娠期間中に彼女がお腹の子の為に紅茶を我慢してきたのを知っていたからです。

帝国の貴婦人たちは自分で授乳せずに乳母を雇う事が多く、産後の夫人たちはカフェインを気にせず紅茶を楽しむ事ができます。

 

贈り物を気に入り、感動のあまり涙を浮かべるポートナム夫人。

クロエは彼女を抱きしめながら、お茶を通して出会えたかけがえのない人たちの事を考えていました。

大切な人たちの顔を思い浮かべながら、お茶が好きで本当に良かったと思うクロエ。

 

その後クロエたちは早速新しいヌワラエリヤを飲んでみる事に。

ずっと寝てばかりだったからと、ポートナム夫人自ら淹れてみると意気込みます。

久々のティータイムに大喜びするポートナム夫人でした。

二度目の冬支度

季節は巡り、クロエにとって帝国で過ごす二度目の冬が訪れました。

去年一度経験していた事もあり、スムーズに冬支度を終えたクロエ。

前回と一つだけ違うのは、ある商品を発見した事です。

 

ルース大共国から直輸入したというその商品は、クロエが昔から欲しいと思っていた物でした。

前世ではどんなに欲しくても手が届かなかったその商品。

公爵夫人であるクロエは、躊躇なくその商品を購入するのでした。

お茶が好きで良かった

アッサムの新茶を飲みながら、良い買い物ができた事を報告するクロエ。

もちろん相手はアルフォンスです。

今回のアッサムは彼も気に入った様子。

 

以前のアルフォンスは、何が飲みたいかと尋ねても何でもいいと答える人でした。

しかし今の彼は好き嫌いがはっきりし、飲みたいお茶を自分で選べるようになったのです。

元々お茶が大好きで、その良さを誰かに紹介するのも好きだったクロエ。

 

愛するアルフォンスとお茶を飲みながら、好きな事を共有する喜びをかみしめます。

あらためてお茶が好きで良かったと思うクロエでした。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第115話感想

聖国から帰宅したクロエたちでしたが、彼女の秘密が明らかになっても何も変わりませんでした。

ポートナム夫人の赤ちゃん、本当に可愛かったですね!

以前のクロエは子供を授からない事を想い悩んでいましたが、今の彼女は違います。

 

アルフォンスの愛情が何があっても揺るがないと分かったからです。

きっと二人はこのまま子供を授かる事なく年老いたとしても、ずっとラブラブのままでしょうね!

 

帝国の女性たちが出産と同時にお茶を楽しめるとは衝撃でした!

ポートナム夫人も今まで我慢していた分、とても嬉しそうでしたね。

彼女以外にも、クロエにはお茶を通してたくさんの素敵な出会いがありました。

 

今ではアルフォンスも自分の飲みたいお茶を主張できるまでに成長。

自分の好きな物を分かり合えるって、本当に素敵ですね!

 

それにしても、クロエが前世から夢見ていた商品が何なのか気になります!

次回は明らかになるのでしょうか?

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第115話最新話と感想!お茶が好きで良かったまとめ

今回は漫画「公爵夫人の50のお茶レシピ」115話のネタバレ、感想をご紹介しました。

聖国から帰国したクロエは、ポートナム夫人の出産祝いにお茶をプレゼントします。

好きな人とお茶を楽しめる喜びを噛みしめながら、お茶が好きで本当に良かったと心から思うのでした。

⇒公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧

スポンサーリンク

error: Content is protected !!