公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第49話最新話と感想!すれ違う二人

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」第49話のネタバレと感想をまとめてみました!

皇帝に3種類のお茶を振舞ったクロエは、有意義な時間を過ごせたと感謝されます。

お茶の普及に伴い、トリプルスイートでも茶葉を置くことにしたクロエ。

一体どんな茶葉を用意するのでしょうか。

「公爵夫人の50のお茶レシピ」第49話のネタバレと感想を紹介します!

⇒公約夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧へ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第49話最新話と感想!すれ違う二人

試飲会

新しいお茶を知ってもらうには試飲してもらうのが一番だと考えたクロエは、トリプルスイートで試飲会を開いていました。

レモンティーを見た令嬢は、その見た目の美しさに驚いています。

 

シンハラは水色も味も無難でレモンティーに最適であり、レモネードに馴染みのある帝国の人々には受け入れやすいだろうと考えたのです。

外の気温い合わせて冷たいものを用意していたのもよかったようで、コクがあり爽やかなレモンティーは令嬢たちに大人気で、あっという間になくなってしまいました。

 

アッサムで淹れた暖かい紅茶も用意していましたが、こちらも特有の香りと味で人気です。

クロエはアッサムとシンハラの両方を輸入しようと決意するのでした。

茶葉選び

人々にお茶の魅力を伝える為には、美味しいお茶を紹介し続ける事が重要であると考えたクロエ。

お茶が流行っているうちに2回目のお茶会を開き、メインターゲットである貴婦人たちにお茶の魅力を分かってもらおうと閃きます。

 

ちょうどその時、茶葉を注文していた商人がやってきました。

今年収穫されたダージリンセカンドフラッシュを注文していたクロエは、実際の茶葉を目にすると、その種類の多さに目を輝かせます。

どれも香りがしっかりしていて新芽に間違いないようで、かなり質の高い茶葉に満足げなクロエ。

 

茶葉の香りは飛びやすく、少しでも保管方法を誤ると、無味無臭で美味しくないただの木の葉になってしまいます。

プーアル茶など長時間発酵するほど味の良くなるものを除けば、茶葉は摘みたての新茶が最も美味しいのです。

 

クロエは商人が持ってきた茶葉を見比べながら、大きさが一定で茎とカスの少ない茶葉だけを選ぶつもりである事。

そして保管状態が悪くて香りが飛んでしまったものもダメだと言い、5種類の茶葉を試飲させて欲しいと伝えました。

 

帝国人であるクロエがお茶に詳しい事に驚く商人たち。

お茶に詳しすぎるクロエを不審に思い話し合っていると、一人の商人が言葉を慎むように言いました。

 

2か月程前に帝国にある茶葉を全て買い占め、その圧倒的な財力で伝説になったという帝国人がここの伯爵だと教えられ、青ざめる商人たち。

無駄口を叩かず早くお茶を淹れに行けと言われ、素直に従うのでした。

 

商人たちが淹れたお茶を一口飲んだクロエは、延々と感想を語りだします。

商人たちはいつまで続くのかとうんざりするのでした。

すれ違う二人

その日アルフォンスが帰宅すると、クロエは購入した茶葉を前にうっとりとしていました。

取引がうまくいき喜んでいるクロエに、まだ病み上がりなのだからと心配するアルフォンス。

クロエはアルフォンスの優しさを嬉しく思いながら、親しくなれた事を喜びます。

 

クロエはふとアリアナの事を思い出し、自分に好意を持っていると言いながら裏切るような事をする人とばかり会っていたら、アルフォンスが愛に対して嫌気がさすのも当然だと考えていました。

 

今の関係で十分だと考えたクロエは、自分がアルフォンスを好きになる事は絶対にないから心配しないでと伝えます。

アルフォンスはそんなクロエの言葉に胸を痛めるのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第49話感想

新しいお茶を知ってもらうには実際に飲んでもらうのが一番だと考え、試飲会を開いたクロエ。

シンハラで淹れたレモンティーもアッサムで淹れた紅茶もどちらも好評で、両方とも輸入しようと決意するのでした。

 

試飲会で振舞われたお茶はどちらも美味しそうでしたね!

特にレモンティーは見るからに美味しそうで、夏の暑い日に飲んでみたいです。

 

バーテンベルク邸に茶葉を持ってきた商人たちは、クロエがお茶に詳しい事に驚きます。

お茶を試飲したクロエから延々と感想を聞かされ、うんざりするのでした。

 

クロエは実際に茶葉を見て、良い茶葉だけを店に置くつもりなのですね。

本当に良い物しか店に置かないという考えも、貴婦人たちに受け入れられたのでしょうか。

クロエが選んだ茶葉が店に並ぶ日が楽しみですね!

 

アリアナ嬢の事を思い出し、愛していると言いながらも裏切るような事をする人とばかり出会っていたら、アルフォンスが愛に対して嫌気がさすのも当然だろうと考えたクロエ。

アルフォンスがアリアナ嬢に対して全く興味がないから嫌気がさしていただけなのに…。

 

クロエを愛し始めていたアルフォンスは相当ショックだったと思います。

次話で誤解が解けたらいいのですが。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第49話最新話と感想!すれ違う二人まとめ

今回は「公爵夫人の50のお茶レシピ」49話のネタバレと感想を紹介しました!

クロエは試飲会で好評だったシンハラとアッサムの両方を店に置こうと決意します。

一方アルフォンスが愛に対して嫌気がさしているだろうと考えたクロエ。

今の関係で十分満足していたクロエは、アルフォンスを愛する事は絶対にないと発言してしまうのでした。

⇒公約夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!