悪女の定義

悪女の定義ネタバレ32話最新話と感想!エトゥスに向けて

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」32話のネタバレと感想をまとめてみました!

急に訪れた第五皇子に驚く芙美。

アイリーンのエトゥスの予定も決まろうとしています。

悪女の定義32話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ32話最新話と感想!エトゥスに向けて

謝罪

芙美は急遽訪れた第五皇子とお茶をしています。

何か話があるようですが、周りに侍女がいるからかなにも言い出しません。

少し休んできてと伝え侍女らを部屋から出すと、第五皇子は頭を下げ、パーティーでアイリーンの言葉に何も返せなかったことを謝ります。

 

芙美はあの時のことを思い出すだけで腹が立ちます。

第五皇子が一言否定してくれれば場は収まったはずなのに、なぜ何も言わなかったのか理由を尋ねました。

しかし第五皇子はただ謝るだけです。

馬車での皇太子の態度を思い出し、理由を濁す2人にさらに腹を立てます。

 

もう二度としないと誓う第五皇子の姿から、理由は言わないが本気で謝っていることは伝わりました。

信じると伝えた芙美に、第五皇子は許してくれるのかと表情を明るくさせ、まるで大型犬のようです。

 

話を終え部屋を去る第五皇子を見送りながら、芙美は彼が明確な答えを避けたことだけは覚えておこうと考えます。

アイリーンと皇太子

アイリーンと皇太子が、恒例の夕食会でエトゥスについて話しています。

アイリーンは水晶宮に行きたいと伝えました。

皇太子は彼女がレジーナになる前から望んでいたことを知っているので、すんなりと承諾します。

 

そして日程について、アイリーンとのエトゥスに先に行こうと考えていることを伝えました。

アイリーンと侍女らはとてもうれしそうです。

アイリーンのエトゥス

食事後部屋に戻ると、侍女らはアイリーンにお祝いの言葉をかけます。

無事水晶宮に行けること、またシャルティアナよりも先に行くことを喜んでいるのです。

 

侍女らは少し興奮しており、そもそもシャルティアナとは比べるまでもないと言い、シャルティアナが西部地域に行くことを伝えます。

西部地域には別宮が一つあるのみなので、避暑をしに行くような場所ではありません。

視察のついでに連れていかれるだけだろうという侍女の言葉に、アイリーンはシャルティアナがそれを知ったら悲しむだろうと微笑みます。

 

アイリーンの身分違いの侍女になったプラチェット夫人は、良い機会を無駄にしないようにと伝えます。

それに対しアイリーンは先ほどとは違う冷たい笑みを浮かべながら、絶対に無駄にさせないと答えるのでした。

悪女の定義32話感想

アイリーンが芙美よりも先に水晶宮でエトゥスを過ごすことが決まりました!

 

先に過ごす方が良いという理由がいまいちわかりませんが、侍女らもアイリーンもとても喜んでいましたね。

好きな相手と先に過ごすものだと考えているのでしょうか。

シャルティアナは西部地域の視察ついでにエトゥスに行くと思われているので、芙美が何かしようとしているのであれば、後の日程の方が有利ではないかと思います!

 

しかしアイリーンも何か企んでいる様子ですね。

鬱憤のたまっている彼女ですから、いったい何をするのか考えるだけで恐ろしいです。

 

第五皇子は謝りに来ましたが、ただ自分の気持ちを伝えたいだけなようでした。

どうして宮廷の男たちは口下手なのでしょうか。

どんな事情があるのかわかりませんが、理由もきちんと話してほしかったですね。

悪女の定義ネタバレ32話最新話と感想!エトゥスに向けてまとめ

今回は、「悪女の定義」32話のネタバレと感想を紹介しました!

第五皇子が謝罪に訪れましたが、2人の関係は少しぎくしゃくしています。

またアイリーンのエトゥスの予定が決まり、いよいよ本番前の最後の勝負が始まりそうです。

腹黒く賢いレジーナたちが、それぞれどのような作戦に出るのか、展開が気になります!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!