悪女の定義

悪女の定義ネタバレ31話最新話と感想!選ばれたのは

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」31話のネタバレと感想をまとめてみました!

穏やかな雰囲気で食事をした皇太子と芙美。

その帰り偶然遭遇したアイリーンにより、皇太子はどちらかのレジーナを選ばなくてはならない状況になります。

悪女の定義31話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ31話最新話と感想!選ばれたのは

皇太子が選んだのは

アイリーンは皇太子をティータイムに誘い、おまけといった様子で芙美にも声をかけますが、誘う気がないことは見え見えです。

芙美はきっぱり断りますが、ここで皇太子に置いていかれてしまうみじめさを考えると悔しさを隠せません。

 

すると、皇太子は会議があると言ってアイリーンからの申し出を断りました。

まさかの決断にもアイリーンは笑顔で対応しますが、去り際の表情は非常に険しいものでした。

 

送り届けてもらい部屋に戻ると、見ていた侍女らが興奮しています。

パーティーの噂も聞いていましたが、アイリーンの恐ろしい表情に改めて驚いたようでした。

 

芙美は侍女らの態度をさらりとかわし、アイリーンの気分を害してしまったのなら申し訳ないと言ってみせますが、心の中は得意げです。

興奮が収まらない侍女らをラブエルが納め、入浴の支度に取り掛からせます。

ラブエルからの忠告

ラブエルはエトゥスについて話します。

彼女が勧めていた水晶宮は、代々皇后の財産として与えられてきた場所でした。

皇后の象徴のような場所であるため、アイリーンは水晶宮を選ぶでしょう。

 

芙美は自分が西部地域を選んだことを悔やんではおらず、大切なのはエトゥスよりもその後皇后を決めるラハディーンだと考えています。

しかしその考えにもラブエルは浮かない反応です。

 

また、皇后に選ばれるためには貴族の支持が重要です。

エトゥスの場所をそこまで気にしなくても、カイロン家はステナ家よりも上の家柄なため有利ではと芙美は言いますが、それが問題なのだとラブエルは返します。

ラブエルの考えが良く分からず、理由を聞こうとしますが、入浴の支度が整い話はそこで終わってしまいました。

もやもや

ラブエルの意図がわからず、芙美はもやもやしながら日々を過ごします。

自分がアイリーンに劣るのは皇太子との関係と周りからの評判だけであり、その差を埋めるために頑張ってきました。

しかしアドバンテージだと思っていた家柄の高さが問題と言われ、不安になります。

 

理由を聞く機会のないまま、ラブエルは孫が生まれ休暇に入りました。

芙美は出発の前に幸運石のネックレスをプレゼントし、孫の健康を祈ります。

 

ようやく理由を聞くことが出来ると思ったその時、第五皇子が見えたと報告が入りました。

芙美は急な来訪に慌て、とうとうラブエルに聞く機会を失ってしまいます。

悪女の定義31話感想

皇太子は芙美を部屋まで送る選択をしました!

 

二人の仲が改善してきたとはいえ、さすがに驚きました。

アイリーンも、二度も皇太子が自分の前からシャルティアナを連れて去ったとなると、その心は大荒れでしょう。

スパイのヘルマもいないため、どのような状況か聞くことも出来ず、とても焦り怒っていると思います!

 

パーティーの時のように、とんでもないことをしでかさないか不安です。

皇太子は自分の言動で争いが生まれることに気が付いていないのでしょうか。

芙美に有利に動くようになったことは悪くはないですが、自己中な性格は変わっていないようです。

 

そしてラブエルの考えも気になりますね。

家柄は絶対的なアドバンテージだと思っていたので、読者である私もショックでした!

不安にさせたまま傍を離れるのではなく、きちんと説明してあげてほしかったです。

悪女の定義ネタバレ31話最新話と感想!選ばれたのはまとめ

今回は、「悪女の定義」31話のネタバレと感想を紹介しました!

些細なことですが皇太子は芙美を選びました。

有利な状況になってきたと思う芙美とは反対に、ラブエルは何か心配そうです。

一体芙美の知らないどんな事情があるのか、今後の展開も気になります!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!