公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピ22話ネタバレ最新話と感想!クロエ最大のピンチ到来!

公爵夫人の50のお茶レシピ【22話】ネタバレの紹介と、感想です!

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人50のお茶レシピ」22話のネタバレと感想をまとめてみました!

 

予算管理権を返上してもらうために、キエルからのテストに挑んだクロエ。

果たしてそのテストに合格することができるのでしょうか!?

それでは、公爵夫人の50のお茶レシピ22話のネタバレをしていきます!

公爵夫人の50のお茶レシピ22話ネタバレ最新話と感想!クロエ最大のピンチ到来!

完璧な予算案を作成

下半期の予算案を書き終えたクロエは、早速キエルに見せに行きます。

仕事の早さにキエルは驚きましたが、それ以上に完璧な仕上がりで目を丸くしました。

 

会計の仕事は、キエルに権利が移ってから一度も行っていないはずですが、いつの間に覚えたのか、そして習得したのか不思議がっています。

そしてもう一つ、キエルはクロエにテストを行いました。

それは、キエルが作成した公爵邸の庭の予算案を読んで、感想を述べるということ。

 

中身を読んだクロエは、指摘箇所があまりにも多く、キエルが試していることに気が付きます。

指摘箇所を修正し、クロエが書き直したものをキエルに見せました。

 

今回の出来も素晴らしく、キエルは本当に不思議で仕方ありません。

いつ、どこで、どのようにしてスキルを身に付けたのか。

そしてそれを確認するために、更にもう一つテストをしました。

最終テストは調理場で

キエルが出したテストは、調理場用の予算をクロエに渡し、5日間やりくりするようにとのことでした。

この5日間では、特別にパーティーがあるようなこともないので、難しいことではないとキエルは言います。

 

クロエは食材を調達するため、使用人のジョセフィーヌにクロエが言うことを書き写させました。

そしてその手紙を、バークレー食品店に届けるよう指示をします。

 

ジョセフィーヌは、書いた手紙を馬に乗る使用人に託し、バークレー食品店まで届けさせました

クロエからの大切な物だと念を押して。

 

クロエは、無事に終わることを願っています。

調理場の予算を問題なくやりくり出来れば、予算管理権を取り戻すことが出来、理想の生活に近付けるためです。

そんなところへ、慌ただしく調理場のアシュリーが部屋へ入ってきました。

クロエを邪魔する者

アシュリーは、クロエが頼んだ食材と全く違うものが届いたと伝えに来たのです。

実際に確認したクロエは、困惑しました。

注文書はクロエが何度も確認しましたし、間違えるわけがありません。

 

調理場の使用人たちも、この食材では夕食も作れないと嘆いています。

何があったのか、直接バークレーへ行って確認することにしました。

 

バークレーの店主は、確かにクロエから注文された食材を届けたと言うので、クロエは注文書を確認しました。

確認したクロエは愕然とします。

それはクロエが書いたものとは異なる注文書でしたが、さらに公爵家の印章が押されていたのです。

 

誰かが故意的にすり替えたとしか考えられません。

商品の交換を求めるクロエですが、店主も買い揃えた品物が高価だったので、店の損失を考えると出来ないと言います。

 

このまま引き下がってしまえば、予算管理権を取り戻せなくなるし、調理場の使用人にも迷惑をかけてしまう。

クロエはどうしたら良いのか、頭を抱えました。

公爵夫人の50のお茶レシピ22話感想

クロエの仕事ぶりは、本当に目覚ましいですね!

キエルが疑問に思うのも無理はありません。

 

予算管理権がキエルに移ってから、会計関係の仕事なんてやってるはずもないし、勉強して出来るわけでもないですからね。

この短期間での変わりように、キエルは別人かのように思っているはずです。

 

そして調理場の予算をもらったクロエ。

順調そうに思えましたが、ここで横やりが入りましたね。

まさか注文書がすり替えられるとは!

 

これは絶対、コリン夫人の仕業だと思います。

すり替えるタイミングは、ジョセフィーヌはクロエに忠誠を誓ったわけですから、馬に乗る男の使用人に手紙が渡った後でしょうね。

公爵邸から食品店までの間で、何があったのでしょうか!?

 

そしてこの危機的状況を、クロエはどのようにして乗り越えるのでしょうか!?

優雅にお茶を楽しむシーンがなくなってきましたが、ハラハラして楽しくなってきました!

公爵夫人の50のお茶レシピ22話ネタバレ最新話と感想!クロエ最大のピンチ到来!まとめ

キエルから、予算管理権を返上するために、新たに2つのテストを出されたクロエ。

1つ目はなんなくクリアしましたが、2つ目は調理場の予算をもらって5日間やりくりするということ。

 

予算内で食材を調達するために、注文書をジョセフィーヌに書かせ、食品店へ届けさせました。

しかし届いた食材は、クロエが頼んだものとは全く別のもの。

食品店へ確認をしに行ったクロエは、自分が確認した注文書と違うことがわかります。

 

食材の交換を拒否されたクロエは、この問題をどのように解決するのでしょうか!?

次のストーリーが見物です!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!