サイト開設1周年記念!

30秒で終わる当サイトについての簡単アンケートで

Xmasプレゼントが当たる?!

アンケートに回答してプレゼントに応募する

(※回答は1人1回まで12月23日〆)

公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第105話最新話と感想!アーサーの下心

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」第105話のネタバレと感想をまとめてみました!

クロエと二人きりで食事に訪れたアーサー。

彼女を自分の虜にしようと企みますが…?

「公爵夫人の50のお茶レシピ」第105話のネタバレと感想を紹介します!

⇒公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧へ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第105話最新話と感想!アーサーの下心

アーサーの下心

アーサーに連れられ、食事に訪れたクロエ。

他愛ない話をしながらもやたらと褒めてくる彼に違和感を感じています。

そして、関心を持ってくれる事は嬉しいけれど少し節度を保って欲しいと伝えました。

 

アーサーはクロエの発言の意図が分からず、曖昧に微笑みます。

そして、いっそ友達にならないかと提案しました。

 

困惑しながらも同意するクロエに、思わずガッツポーズをするアーサー。

一気に押すのではなく友達から徐々に仲良くなり、最終的に自分の虜にしてしまおうという魂胆だったのです。

信じられない結論

食事を楽しみながら、アルフォンスの話題を出すアーサー。

アルフォンスの事を下げるような話をしましたが、その度に彼をかばうクロエに苛立っていました。

彼は不愛想だろうと言うアーサーに、アルフォンスはとても優しい人だと言うクロエ。

 

度々嫉妬するところも可愛らしいのだと微笑みます。

普通は誰でも配偶者に対して何らかの不満を持っているはずです。

心配するフリをして相手の不満を聞き出すというのがアーサーのいつもの手口でした。

 

それなのにクロエにはこのテクニックが全く通じないのです。

これまでアーサーは、アルフォンスが一方的にクロエに好意を寄せていると考えていました。

しかし今、一つの結論に結び着いたのです。

 

アルフォンスの事が好きなのかと尋ねるアーサー。

クロエは満面の笑みで大好きだと答えるのでした。

アルフォンスの心配

その時店のドアが開き、慌てた様子のアルフォンスが入ってきました。

笑顔でアルフォンスに駆け寄るクロエ。

すっかり二人の世界に入り込んでしまった為、アーサーはあっけにとられています。

 

アーサーが何の理由もなくクロエを助けるはずがないと考えたアルフォンス。

きっと下心があると考えた彼は、居てもたってもいられずにクロエを迎えに来たのです。

そして仲良く帰っていく二人を、アーサーは見送るしかありませんでした。

 

帰り道、アーサーに何かされなかったかと尋ねられたクロエは、友達になってと言われた事を打ち明けます。

アーサーの下心を感じ取り苛立つアルフォンス。

クロエが承諾したと聞き胸を痛めます。

 

そしてクロエに下心を持って近付いているのは間違いないから距離を置くように訴えました。

確かに不穏な空気を感じ取っていたクロエ。

もう二度とアーサーと二人きりで会わない事を約束し、心配させた事を謝りました。

 

安堵して微笑むアルフォンス。

これからは今日のような事がないように、クロエの個人警備を強化すると言います。

今日の事を謝るクロエに、あなたのせいではないとキスをするのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第105話感想

やっとの事でクロエと二人きりになったアーサーでしたが、あっけなくフラれてしまいましたね。

というか、同じ土俵にも立てていなかった感じです。

他の女性であればアーサーの巧みな話術で彼の虜になるのでしょうけど、クロエはそうはいきません!

 

だいたいあれだけ周りにラブラブ度を見せつけているのに、クロエを口説こうとするのが凄いです。

アーサーは自分になびかない女性はいないと考えていたようですが、これで少しは考えを改めてくれるのではないでしょうか。

一緒にいても不満も感じないような配偶者に巡り合えたクロエが羨ましい限りです!

 

アルフォンスはアーサーの下心を見抜いていたのですね。

何も知らないのはクロエだけだったようです。

 

これでアーサーも二度とクロエに手を出す事はないはず!

これからクロエの個人警備を強化するという事ですが、この事が何らかの影響をもたらすのでしょうか?

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第105話最新話と感想!アーサーの下心まとめ

今回は漫画「公爵夫人の50のお茶レシピ」105話のネタバレ、感想をご紹介しました。

アーサーはクロエを自分の虜にしようと企みましたが、あっけなく失敗します。

アルフォンスは二度と今日のような事がないように、クロエの個人警備を強化しようと考えるのでした。

⇒公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!