公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第90話最新話と感想!それぞれの想い

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」第90話のネタバレと感想をまとめてみました!

怒りに任せクロエに手を振り上げるグレイ伯爵。

彼女のピンチを救ったのは…?

「公爵夫人の50のお茶レシピ」第90話のネタバレと感想を紹介します!

⇒公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧へ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第90話最新話と感想!それぞれの想い

アルフォンスの反撃

伯爵に手を振り上げられ、思わず目を瞑るクロエ。

しばらくすると呻き声が聞こえ、彼女が目を開けるとアルフォンスの姿がありました。

伯爵に向かってこの薄汚い害虫がと言い放つアルフォンス。

 

人を思いやる事のできるクロエは、両親から愛されて育ってきたと考えていました。

その為、彼らと会う事を快諾したのです。

 

しかし、自分の考えが間違っていた事に気付きます。

バーテンベルクの女主人に手を上げた事を一生後悔するがいいと睨み付けるアルフォンス。

伯爵は彼が本当にクロエを愛している事に気付き驚きます。

 

もう二度とこんな事はしないと許しを請う伯爵。

伯爵夫人も加わり、どうか許してくれと懇願します。

アルフォンスは伯爵を地面に突き放すと、クロエに駆け寄りました。

 

大丈夫だと言い、お礼を伝えるクロエ。

アルフォンスは先程の出来事を思い出し、彼女の華奢な体からは想像できないような意思の強さに驚きます。

そして無事でよかったと抱きしめるのでした。

それぞれの想い

寄り添いながら邸宅へと戻った二人。

いつも自分を守ってくれるアルフォンスに、クロエは益々想いを募らせます。

そしてこれからもずっと彼に寄り添いたいと願うのです。

 

彼を騙し続けている事に罪悪感を感じるクロエ。

アルフォンスにだけは嘘を付きたくないと思った彼女は、このままではいけないと思うのでした。

 

その時、二人の姿を見つけたキエルが声を掛けてきました。

一刻も早く伯爵夫妻を追い出せと指示するアルフォンス。

何かを察したキエルは素直に従います。

 

部屋に戻ったアルフォンスは、ベッドに腰を降ろすとクロエの頬に触れました。

毒親の存在がどれほど辛いかが彼には痛い程分かるのです。

クロエも自分と同じように辛い思いをしていた事を知り、胸を痛めます。

 

そして自分にはメイソン夫人がいたけれど、彼女は一人だったのではと考えるアルフォンス。

自分だけはクロエの味方でありたいと思い、強く抱きしめるのでした。

クロエの決意

その後、アルフォンスによって財産と領地を没収される事になったグレイ伯爵夫妻。

貴族という身分だけは残りましたが、また全てを一からやり直す羽目になったのです。

 

自分と同じように、異世界の他人の身体に転生してしまった人が他にもいるのではと考えたクロエ。

元のクロエの行方も気になります。

彼女の行方が分からなければ自分の罪悪感が消える事はないと考えたクロエは、その糸口を探ろうと決意するのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第90話感想

クロエのピンチを救ったのはアルフォンスでした。

伯爵に対して、絶対に許さないと怒りを露わにするアルフォンス。

大切なクロエを傷付けた両親が許せないでしょうね。

 

よかれと思って二人に会う事を承諾したのに、まさかこんな事になるとは。

伯爵夫妻は許しを請いていましたが、アルフォンスがこのままで済ますはずはありません。

全てを失い、後悔しながら生きていくしかないでしょうね。

 

慈悲深い彼女がこんな毒親の元で育った事に驚くアルフォンス。

自身も親には恵まれなかった為、その辛さが痛い程分かるのです。

彼女の幸せを誰よりも願っていたアルフォンスにとっては辛い出来事でしょうね。

 

本物のクロエはずっと孤独だったのかと思うと気の毒に思います。

アルフォンスを騙し続ける事に罪悪感を感じるクロエ。

このままではいけないと、本物のクロエの行方を探ろうとします。

 

本物のクロエはどこへ行ってしまったのでしょうか。

今のクロエと同じように、異世界の誰かに転生していたりして…?

クロエは文献を手に調べようとしていましたが、何か手がかりがあるのでしょうか。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第90話最新話と感想!それぞれの想いまとめ

今回は漫画「公爵夫人の50のお茶レシピ」90話のネタバレ、感想をご紹介しました。

クロエを傷付けようとした伯爵に対し、怒りを露わにするアルフォンス。

アルフォンスに本当の事を打ち明けたいと考えたクロエは、手がかりを探そうとするのでした。

⇒公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!