公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピ27話ネタバレ最新話と感想!卑猥な話は仲が深まってから

スポンサーリンク

公爵夫人の50のお茶レシピ【27話】ネタバレの紹介と、感想です!

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」27話のネタバレと感想をまとめてみました!

 

舞踏会に参加したバーテンベルク夫妻ですが、アルフォンスが仕事の話でいなくなりクロエ1人になります。

ダンスの時間になり、後ろから声をかけてきたのは一体誰なのでしょうか!?

それでは、公爵夫人の50のお茶レシピ27話のネタバレをしていきます!

公爵夫人の50のお茶レシピ27話ネタバレ最新話と感想!卑猥な話は仲が深まってから

Shall we dance?

クロエをダンスに誘ってくれたのは、アルフォンスではなく別の男性でした。

アルフォンスだと期待したクロエは残念な気持ちになりますが、ダンスの誘いを受けます

 

社交ダンスは親睦を深めるためのものですので、既婚者をダンスに誘っても問題はありません。

しかしクロエがダンスの誘いを受け、男性の手をとろうとした時・・・!

アルフォンスがクロエの手を掴み、止めたのです。

 

クロエに手を出すなと言わんばかりに、アルフォンスは相手の男性を睨み付けました。

クロエは、自分のもとへ戻ってきてくれたことが純粋に嬉しくて感謝を伝えます。

それに応えるように、アルフォンスはクロエにダンスを申し入れました。

踊れないクロエ

アルフォンスとダンスが踊れるなんて、嬉しくてたまらないクロエですが、動きはぎこちなく何か様子がおかしいです。

それもそのはず、クロエはダンスが踊れないのです!

クロエの記憶にダンスを習ったことが残っていたので、頭では分かっていますが身体はイメージ通りに動きません。

 

周りからは、クロエのダンスのぎこちなさを冷たい目で見ています。

クロエは我慢できずに、アルフォンスにダンスが踊れないことを打ち明けました。

アルフォンスはクロエを落ち着かせ、リードしてくれたのです!

 

あとはアルフォンスに身を任せ、クロエは踊り切ることが出来ました。

ダンスを楽しめたクロエは、休憩室で休みに行きます。

イヤらしい夫人に激怒

休憩室へ行くと、数人の夫人たちから待ってました!と呼ばれたクロエ。

いったい何の話かと思えば・・・。

夫人たちはイヤらしくも、夜の営みについて話していたようです。

 

そしてバーテンベルク夫妻がどんな風に楽しんでいるのかを、噂していたよう。

アルフォンスのナニがどうだとか、回数がどうだとか、次々に質問をしてきます。

不覚にも、クロエはアルフォンスとの営みを思い出してしまいました。

 

同時に、夫人たちへは怒りというか呆れてしまい、初対面で卑猥な質問をしてくる夫人たちを冷ややかな目で見下します

その場から立ち去ったクロエは、アルフォンスと合流するとまともに目を合わすことが出来ません。

 

夫人たちへは怒りましたが、不本意ながらもアルフォンスとの営みを思い出してしまったからです。

クロエの異変に気付いたアルフォンスは心配し、屋敷へ帰ることにしました。

公爵夫人の50のお茶レシピ27話感想

クロエに声をかけたのは、アルフォンスではありませんでしたね。

誘ってきた男性にダンスの誘いを受けたクロエを、とっさに止めに来たアルフォンス!

展開としては、あるあるです。

 

ですが、あの全くクロエに興味を示さなかったアルフォンスが、自分の妻に手を出すなだなんて・・・!

これは嫉妬でしょうか?

舞踏会に連れてきて、嫉妬してしまうなんて可愛い一面もありますね!

 

そして休憩室の夫人たちの話。

貴族といえども、やはり女性ですね。

イヤらしい話もするだなんて、驚きました。

 

ただクロエとアルフォンスが結婚してから、アルフォンスはクロエに興味などなかったはずですが、夜の営みはあったのですね。

クロエは怒りましたが、個人的には興味がありました。(笑)

 

アルフォンスも、まさかそんな話をされているとも思わないでしょうから、クロエの様子が気になったのでしょうね。

気遣いができるアルフォンスも素敵でした。

公爵夫人の50のお茶レシピ27話ネタバレ最新話と感想!卑猥な話は仲が深まってからまとめ

クロエとダンスを踊るアルフォンスですが、クロエはダンスが下手。

アルフォンスは優しくクロエをリードし、楽しく踊ることができました。

 

休憩したクロエは、夫人たちから夜の営みについて聞かれたのです。

初対面でそんなことを聞かれたので、クロエは怒ってその場から立ち去りました。

 

クロエの異変に気が付いたアルフォンスは、クロエを心配して帰ることにします。

バーテンベルク夫妻の仲は、舞踏会によって更に距離を縮めることができたのでしょうか!?

スポンサーリンク

error: Content is protected !!