公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第102話最新話と感想!クロエのいない日々

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」第102話のネタバレと感想をまとめてみました!

クロエが旅立った後のアルフォンスは…?

ついに二人が再会します!

「公爵夫人の50のお茶レシピ」第102話のネタバレと感想を紹介します!

⇒公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第102話最新話と感想!クロエのいない日々

クロエのいない日々

クロエがミルタンケインズに旅立ってしばらく経った頃。

アルフォンスは一人執務室で仕事をしていました。

クロエがいない執務室は、いつもより静かに感じます。

 

クロエの姿を思い浮かべるアルフォンス。

彼女がいないと屋敷全体が静かで、まるで生気を失ったようです。

キエルによると、使用人たちもクロエに会いたがっている様子。

 

アルフォンスは結婚したばかりの頃を思い出していました。

結婚当初は彼女の事を避けていたアルフォンス。

こんなにも愛おしい存在だと早く気付けなかった事に、後悔しかありません。

 

彼女の寝室を訪れた彼は、静かにベッドに腰を降ろしました。

いつの日からか、自分の寝室よりもここに来る日の方が増えたのです。

 

ため息をつくと、一人ベッドに横たわるアルフォンス。

クロエの存在を感じながらそっと目を閉じるのでした。

クロエの帰宅

そして待ちに待ったクロエが帰宅する日。

アルフォンスは彼女の事を考えると仕事が手につかず、忍耐力が役に立たない事に苛立っていました。

彼は久しぶりに会うクロエの為に、正装に着替えています。

 

気分転換に風に当たる事にしたアルフォンス。

気付けばクロエの寝室の前に立っていました。

 

あと数時間でクロエに会えるというのに。

何故かこのドアを開ければ彼女に会える気がするのです。

自分らしくないと思いながらも、寝室のドアを開けるアルフォンス。

 

やはりそこにクロエの姿はなく、大きな失望感に襲われます。

未練がましい自分に嫌気がさし、部屋を後にしようと振り返ったその時。

目の前にクロエの姿がありました。

久々の再会

アルフォンスはたまらず彼女を抱きしめ、そのままキスをしました。

クロエはすごく会いたかったと伝えます。

早く帰ってくるなら教えてくれれば迎えに行ったのにと言うアルフォンス。

 

クロエはあなたを驚かせたかったからと微笑みました。

アルフォンスは彼女を抱き寄せながら、やはりクロエのいない人生は考えられないと感じます。

ふと、夕食までまだ時間があるでしょうと聞くクロエ。

 

恥ずかしがりやの彼女が自分から誘う事なんてまずありません。

そんな彼女に求められている事に喜びを感じます。

アルフォンスはクロエを抱きかかえると、そのまま寝室へ消えていくのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第102話感想

クロエが旅立った後、一人寂しく過ごすアルフォンス。

彼女がいないとアルフォンスだけでなく使用人たちも寂しそうです。

クロエがいかに屋敷にとって大きな存在だったかが分かりますね!

 

クロエを探し求めた彼は寝室へ。

寝室は、二人で何度も愛を確かめ合った場所だから特別なのでしょうね。

一人ベッドに横たわる姿が寂しそうです。

 

ついに再会する二人。

まるで10年ぐらい離れていたかのような感動の再会でしたね!

たった10日間とはいえ、離れた事でお互いの大切さを再認識できたようです。

 

クロエがミルタンケインズに行った本当の目的をアルフォンスが知る事はないでしょう。

それでも同じ経験をした人と会えた事で、クロエが元の世界に戻る事もないと確認できて良かったです!

 

帰宅早々ベッドに直行するぐらい熱々の二人。

ずっとこのままでいて欲しいですね!

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第102話最新話と感想!クロエのいない日々まとめ

今回は漫画「公爵夫人の50のお茶レシピ」102話のネタバレ、感想をご紹介しました。

クロエが旅立った後、仕事も手に付かず彼女の事ばかり考えていたアルフォンス。

クロエと久々に再会した彼は、彼女が自分にとってかけがえのない存在だと思い知るのでした。

⇒公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧

スポンサーリンク

error: Content is protected !!