全ては勘違いだった

全ては勘違いだったネタバレ第29話最新話と感想!シェリルのお茶会

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「全ては勘違いだった」第29話のネタバレと感想をまとめてみました!

何やら良からぬ事を企んでいる様子のパトシア。

シェリルの身を案じたドルーアはお茶会に参加します。

「全ては勘違いだった」第29話のネタバレと感想を紹介します!

⇒全ては勘違いだったネタバレ一覧へ

全ては勘違いだったネタバレ第29話最新話と感想!シェリルのお茶会

パトシアの野望

帝国東部に位置する公爵領・ファウストは、建国当時からエドガー家が所有していました。

ノクターンの家族たちは今、ファウストに滞在しています。

 

ブラーマンがやられたと聞いたパトシア。

続けてテロップスの事も聞きましたが、彼もまた行方不明との事。

ノクターンが何かを探ろうとしていると察し、罠だと気付かない彼を愚かに思います。

 

息子たちの洗脳を解けば、すぐにでも首都に移動できると言う家臣。

パトシアは邪魔になるから洗脳はそのままでいいと指示しました。

黒魔法の事がバレた時は怯えていたノクターンが、今や全員の精神を支配しています。

 

パトシア自身は配下の黒魔法使いに助けられて無事でしたが、彼女以外は洗脳されたままです。

その為反撃もできず、自分も洗脳されたフリをしなくてはなりませんでした。

ノクターンによって一家全員がファウストに送られても抵抗すらできなかったのです。

 

武力ではノクターンに勝つことはできないと悟ったパトシア。

彼に勝つ為には、彼の一番大切な存在であるドルーアを利用しようと考えます。

そして皇帝の崩御とエドガー公爵家の繁栄を想像し、ほくそ笑むのでした。

シェリルのお茶会

その頃ドルーアは、シェリル主催のお茶会に参加していました。

彼女の洗脳が解けたのか確認しに来たのです。

幼い頃の話を織り交ぜながら、ノクターンの事を聞き出すドルーア。

 

シェリルは言いにくそうにしながらも、彼を好きになったきっかけを話だしました。

母とエドガー公爵家に行った時に、ノクターンに一目惚れしたと言うシェリル。

以前は確かに彼の事が好きでしたが、今は違うと言います。

 

怯えたような表情をする彼女を見たドルーアは、ノクターンに恐怖を感じるよう洗脳されたのだと感じました。

そんな彼と友達だった事に嫌悪感すら覚えるのです。

思わず謝るドルーア。

 

不思議そうなシェリルに、ずっと仲直りしたかったのだと伝えます。

自分たちの仲が悪くなったのは、ノクターンのせいだと。

そして仲直りの印にとロボルトクッキーを手渡しました。

 

ロボルトクッキーなら毎年12月に直接買いに行っていると言うシェリル。

ロボルトに行ったのは1月ではと聞くドルーアに、確かに12月に行ったと言います。

そしてドルーアも12月のパーティーでノクターンと仲良くなったのではと。

 

ドルーアの記憶では、ノクターンと初めて言葉を交わしたのは12月。

そしてシェリルが彼の悪口を言っていたのは1月のはずです。

シェリルの記憶と合わず、戸惑うドルーア。

 

彼女の言葉が確かなら、たった数時間でノクターンと仲良くなった事になります。

困惑しながらも、メモリアの糸かせを飲んだ自分の記憶を信じる事に。

その時、エルフォードが声を掛けてきました。

 

シェリルの事で突っかかってくる彼は、きっと彼女の事が好きなのだと察します。

シェリルの事を好きなのかとからかうドルーア。

慌てるエルフォードを見て、予想が確信に変わるのでした。

アーロンの決意

数日後、姉のアロイから新しい婚約者候補を見つけたと聞いたドルーア。

その相手がエルフォードだと聞き動揺します。

彼には他に好きな人がいるからと止めましたが、アロイは気にしていない様子。

 

相手から断られなければ関係ないと言うアロイ。

それでも本当に結婚する事になれば、しっかり教育するからと微笑むのでした。

 

同じ頃、エドガー公爵家を訪れていたアーロン。

彼はアリスへの想いを胸に、ノクターンと対峙する事を決意するのでした。

全ては勘違いだったネタバレ第29話感想

ノクターンを罠にはめようと企むパトシア。

ブラーマンはともかく、テロップスまでも彼女の差し金だったのですね!

ノクターンだけでなく、他の息子二人にも興味がない様子。

 

何が彼女をここまで鬼にさせるのでしょうか。

ドルーアを利用してノクターンにダメージを与えようとしているようだし…。

このままでは二人が危険ですね!

 

シェリルのお茶会に参加したドルーアは、ノクターンの事を探ります。

今は彼の事が好きではなくなったようで安心しました!

シェリルとドルーアの間では記憶に相違があるようですが、どちらが正しいのでしょうか。

 

エルフォードを巡ってアロイとシェリルで取り合う事になるのかも気になります!

ついにノクターンと対峙するアーロン。

二人はどんな話をするのか楽しみですね!

全ては勘違いだったネタバレ第29話最新話と感想!シェリルのお茶会まとめ

今回は漫画「全ては勘違いだった」29話のネタバレ、感想をご紹介しました。

ドルーアを利用してノクターンにダメージを与えようと企むパトシア。

ドルーアはシェリルとの記憶の違いに戸惑うのでした。

⇒全ては勘違いだったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!