公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第59話最新話と感想!耐えるアルフォンス

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」第59話のネタバレと感想をまとめてみました!

偽紅茶事件はクロエの活躍により幕を閉じました。

休暇を取って一緒に別荘へ出かける事になったクロエ達。

別荘での初めてのティータイムを楽しむのでした。

「公爵夫人の50のお茶レシピ」第59話のネタバレと感想を紹介します!

⇒「公爵夫人の50のお茶レシピ」ネタバレ一覧へ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第59話最新話と感想!耐えるアルフォンス

水の重要性

別荘に着いて初めてのお茶を飲んだクロエは、味に違和感を感じます。

美味しい事には変わりないのですが、いつもと味が違うのです。

 

茶葉の保管方法も徹底しているし、茶器や淹れ方も問題ありません。

唯一変わったものといえば水だと気付くクロエ。

 

公爵邸のある首都から別荘まではかなりの距離があり、水の水源地も成分も違うはずです。

同じお茶を淹れたとしても、水が違えば地域によって味が異なります。

 

実際に前世のイギリスのようにお茶をよく飲む国では、水質と人々の好みにより地域ごとに配合が違うのです。

首都以外の地域でお茶を販売するには、地域の水質を考えなければと思うクロエ。

 

アルフォンスは何やら真剣に考え込むクロエを見て、また事業の事を考えているのだと気付きました。

お茶の味が悪くなったのかと聞かれたクロエは、綺麗な景色を見ながら飲むお茶は別格だと答えるのでした。

耐えるアルフォンス

その日の夜、クロエが疲れてベッドに横たわっているとアルフォンスがやってきました。

用件を聞かれ、会いたくて来たと答えるアルフォンス。

クロエは照れながら、せっかく会いに来てくれたのだから少しだけ相手をしてあげようと思うのでした。

 

ベッドで横たわりながら、他愛無い会話を楽しむ二人。

アルフォンスは突然クロエにキスをすると、そのまま彼女に覆いかぶさりました。

 

思わず流されそうになるクロエでしたが、ダメですと言ってアルフォンスの口をふさぎます。

2日間馬車に揺られっぱなしでとても疲れている事。

私を休ませる為に休暇を取ったのだから、体を壊して帰るわけにはいかないと続けます。

 

今日は望みを叶えられないと言われ、諦めて横になるアルフォンス。

二人は笑顔でおやすみの挨拶を交わします。

その後、アルフォンスはぐっすり眠るクロエの寝顔を眺めながら、父親から忍耐力を学んでいなければ危なかったと安堵するのでした。

契約の変更

翌朝、朝食をとっていたクロエは、アルフォンスから話があると言われます。

契約の事だと言われたクロエは思わず吹き出しました。

 

契約を正式に修正したいと言うアルフォンスに、はぐらかそうとするクロエ。

アルフォンスは今までも何度も先延ばしにしてきたと言い、適切な頻度を考えてきたと切り出します。

 

クロエが2週間に1度や1週間に1度はどうかと提案しましたが、それでは少なすぎると言うアルフォンス。

クロエがどれだけ頻繁にやるつもりなのかと呆れていると、彼はその項目を完全に削除しようと微笑むのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第59話感想

別荘で初めて飲むお茶の味に違和感を覚えるクロエ。

水が違うのだと気付きます。

 

水が違うとお茶の味も変わるのですね!

クロエのように敏感な人だと、ちょっとした違いにも気付くのでしょうね。

 

夜になりクロエに会いに寝室を訪れたアルフォンス。

思わずクロエに覆いかぶさりますが、疲れているからと拒否されてしまいます。

 

アルフォンスが少し可哀想に感じますが、疲れている時は勘弁して欲しいですね。

忍耐力があってよかったと安堵するアルフォンスが可愛かったです!

 

翌朝、契約を正式に見直したいと伝えるアルフォンス。

夫婦の夜の営みに関する項目を完全に削除しようと提案するのでした。

 

この項目が削除されたら、毎晩襲われそうです。

二人がだんだんとラブラブになっていく様子が面白いですね!

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第59話最新話と感想!耐えるアルフォンスまとめ

今回は「公爵夫人の50のお茶レシピ」59話のネタバレと感想を紹介しました!

他の地域で紅茶を販売するには、水質の事も考えないとと気付くクロエ。

一方アルフォンスは、夫婦の夜の営みに関する項目を完全に削除しようと提案するのでした。

⇒「公爵夫人の50のお茶レシピ」ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!