公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第38話最新話と感想!クロエの発想

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」第38話のネタバレと感想をまとめてみました!

色々な事が起こり疲れ気味のクロエを演劇に誘ったアルフォンス。

恋人たちが口づけを交わすシーンで、アルフォンスは思わずクロエにキスをしてしまいます。

2人の距離は縮まるのでしょうか。

「公爵夫人の50のお茶レシピ」第38話のネタバレと感想を紹介します!

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第38話最新話と感想!クロエの発想

クロエの発想

プライベートシートだから…と言ってクロエの耳にキスをするアルフォンス。

演劇に集中すると言いながらもふざけるアルフォンスにクロエが反論すると、アルフォンスは楽しい演劇だったと微笑むのでした。

 

劇場を出たクロエは、アルフォンスとの事を思い出して赤くなっています。

どこかで休みたいと思っているとちょうど目の前にカフェを見つけ、少し休憩しようと提案しました。

二人がカフェに入ろうとすると、コーヒーハウスは男性の社交の場なので女性は入れないと定員から入店を断られてしまいます。

 

店員は、美しさを磨き上げる事が女性の役割であり、政治や事業について深く語り合う場所には女性は不釣り合いだと続けます。

クロエが内心不愉快に思っていると、同じく不快感を露わにしたアルフォンスが、この店を時価の3倍で買い取ると言い出しました。

今すぐ店主を呼ぶように伝えると、その場で失礼な定員を辞めさせたのでした。

 

その後、無事入店した二人でしたが、クロエは周りの視線が気になりコーヒーの味に集中できません。

クロエは周囲を眺めながら、女性にもコーヒーハウスのようにゆっくりと休憩できたり知り合いと楽しく過ごせるような場所があればいいのに…と考えていました。

 

クロエがあれこれ考えていると、レストランに夕食の予約をしていると言うアルフォンス。

クロエは演劇や夕食の予約をしてくれたアルフォンスの気遣いに感激し、笑顔で楽しみだと答えるのでした。

アーサーとの遭遇

アルフォンスが予約していたのは、温の料理のレストランでした。

クロエは随分前に温の料理が好きだと話した事をアルフォンスが覚えていてくれて嬉しく思い、うきうきと店内に入っていきます。

しかしちょうどその時、女性を連れたアーサー皇子が奇遇だなと入ってきました。

せっかくだから一緒に食事をしようと言うアーサーの誘いに、アルフォンスは不快感を露わにするのでした。

 

見るからに美味しそうな料理が次々と並べられ、クロエはあまりの美味しさに感激していました。

美味しい料理に舌鼓を打ちながら、連れの女性を紹介するアーサー。

談笑する三人を見ながら、また女性が変わったのかとアルフォンスは呆れています。

足りないもの

クロエは食事を楽しみながらも、この料理には何かが足りないと思い始めました。

料理は美味しいけれど、とても脂っこく感じたのです。

クロエはしばらく考えると、この脂っこさを消すためにはジャスミンティーが必要だ、と思いつきました。

 

不思議がるアルフォンス達に、ジャスミンティーとは緑茶にジャスミンの花びらや香りを加えたもので、脂っこさを消す効果があり温の料理と相性が良いのだと説明するクロエ。

ジャスミンティーは口当たりもよくまろやかで、ほのかなジャスミンの花の香りが魅力的で自分が好きなお茶の一つだと付け加えます。

 

アーサーから、クロエはお茶について話す時の目が輝いており、クロエの説明を聞いていると汚水でも飲めそうだと言われ、なんだかけなされているような気分になるクロエ。

クロエがこのレストランでもジャスミンティーを飲めたらよかったのにと残念がっていると、アーサーはこのレストランの店主と友達だと言います。

店主を呼ぶから直接言ってみるといいと言われ、驚くクロエでした。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第38話感想

周囲から見えないのをいいことに、クロエの耳にキスをするアルフォンス。

アルフォンスは演劇よりもクロエの反応を見て楽しんでいるように見えますね!

ほとんど感情を表さなかったアルフォンスがどんどん積極的になってきて、なんだか嬉しいです。

 

定員の失礼な態度に腹を立て、コーヒーハウスを買い取ってしまったアルフォンス。

無事入店できたクロエは周囲の様子を眺めながら、女性にもこのようにゆっくりと知人と会話できるような場所があったらいいのに…と考えます。

 

コーヒーハウスの店員の男尊女卑の考えには腹が立ちましたが、店を買い取って店員を辞めさせるなんてさすがアルフォンスです!

クロエの女性にもコーヒーハウスのような場所が欲しいという発想から、今後カフェのような物ができあがるのでしょうか。

 

夕食の予約をしていた温のレストランでアーサーに遭遇した二人。

美味しい食事に舌鼓を打ちながらも物足りなさを感じたクロエは、料理の脂っこさを消すジャスミンティーがない事に気付きます。

次話では、久しぶりにお茶の話が出てきそうで楽しみです!

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第38話最新話と感想!クロエの発想まとめ

今回は「公爵夫人の50のお茶レシピ」38話のネタバレと感想を紹介しました!

演劇鑑賞の後、温の料理を楽しんでいたクロエは、料理の脂っこさを打ち消すジャスミンティーがない事に物足りなさを感じていました。

店主と友達だと言うアーサーに、店主に直接提案してみるように言われ驚くクロエですが、店主にジャスミンティーの良さは伝わるのでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!