未分類

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第41話最新話と感想!取引の条件

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」第41話のネタバレと感想をまとめてみました!

市場で生き残る為には新製品を開発し続けねばと考え、新商品に薔薇のジャムを提案したクロエ。

一方、皇宮でのパーティーに呼ばれた夫妻は、アルフォンスのクロエへの愛情は一時の気まぐれだと噂されます。

良くない噂をする人々に対し、アルフォンスはどのような行動を取るのでしょうか。

「公爵夫人の50のお茶レシピ」第41話のネタバレと感想を紹介します!

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第41話最新話と感想!取引の条件

噂を流す理由

バーテンベルク夫妻に対する良くない噂を流していたのは、以前アルフォンスに熱烈な片思いをしていたアリアナでした。

アリアナはアルフォンスが結婚した事に気が狂いそうでしたが、結婚相手のクロエがぱっとしない女性だと知って、そんな女性がアルフォンスに愛されるはずがないと信じていたのです。

 

アルフォンスはアリアナ達がいる部屋のカーテンを開けると、バーテンベルク家の女主人であるクロエを冒涜する事は、当主である自分を冒涜しているのと同じ事であり、バーテンベルク家の名誉を傷付けるならしかるべき対処をすると強い口調で言い放ちました。

アルフォンスの剣幕に恐れをなし、アリアナと一緒に噂をしていた女性は深々と頭を下げ謝罪しました。

 

またクロエを冒涜する事があれば全力で対処すると言うと、その場を後にするアルフォンス。

クロエにはよく聞き取れませんでしたが、アリアナはブルブルと震えながらそんな目で見ないでと呟くのでした。

ベラドーナ侯爵の提案

後日、アルフォンスに何か欲しいものはないかと尋ねられたクロエは、アルフォンスの気遣いに喜びながらもビンが欲しいと伝えます。

アルフォンスがビンなんて雑貨屋で買えるのにと不思議に思っていると、お茶の葉の風味を落とさずに長期間美味しく保存できる密閉容器が欲しいと微笑むクロエ。

 

アルフォンスはまたお茶の事かと笑いながらも、手に入りにくいものなので少し待って欲しいと言いました。

嬉しそうにお礼を言うクロエに、アルフォンスも思わず微笑むのでした。

 

数日後、突然ベラドーナ侯爵が訪ねてきました。

クロエの事業が大盛況だと聞きつけたベラドーナ侯爵は、ベラドーナ家が経営しているベーカリーとコーヒーハウスでもトリプルスイートの商品を取り扱わせて欲しいとお願いしに来たのです。

 

クロエはしばらく考えると、それは難しいと伝えました。

クロエにとっても大きな利益になるのにと驚くベラドーナ侯爵でしたが、クロエが断ったのにはきちんとした理由がありました。

 

ベラドーナ侯爵家は帝国でも有数のコーヒーハウスを所有している貴族でしたが、不衛生で不快感を覚える部分があったのです。

もし店の管理が悪くトリプルスイートのミルクジャムを食べて食中毒を起こす人が出たらと思うと、目先の利益よりも長期的な損益を考えた方がいいとクロエは判断したのです。

 

食品業で最も大切なのは衛生管理であり、今までもこれからも衛生問題を起こしかねない店とは取引できないと伝えるクロエ。

クロエに帰るように促されたベラドーナ侯爵は、取引を諦めて去っていったのでした。

衛生面の改善

後日、店の衛生面を改善したのでもう一度取引を考え直して欲しいという趣旨の手紙をもらったクロエは、ベラドーナ侯爵が経営するベーカリー店舗へと足を運んでいました。

 

店を隅々まで確認するクロエは、店内に猫がいる事に驚きます。

猫はネズミ捕り用に連れて来たのだと聞くクロエ。

実際にパン作りをする厨房にも案内され、パンを作る様子を眺めながら何やら考えています。

 

店舗の確認が終わり、再度取引をお願いするベラドーナ侯爵でしたが、やはり取引はできないと断るクロエ。

納得いかないベラドーナ侯爵から理由を聞かれると、店舗は綺麗だったが、厨房がダメだったと伝えます。

 

厨房で働く者達は、料理に髪の毛が入らないようにする為の三角巾を誰一人巻いておらず、誰も手を洗っていないどころか手を洗う為の水すら準備されていませんでした。

そして食品を扱う場所に猫を飼う事は毛が抜けて不衛生だと続け、厨房を清潔にする事も大切だが、働く人間に対する衛生管理も徹底するようにと伝えました。

厨房の衛生管理を徹底したら取引を考えてくれるかと尋ねるベラドーナ侯爵に、クロエは優しく微笑むのでした。

 

後日、再度ベラドーナ侯爵の経営する店舗を見て回ると、彼はクロエの指摘した内容を忠実に守り実行していたのです。

これで大丈夫でしょうかと尋ねるベラドーナ侯爵に、クロエの指摘通りに改善してくれた事に感謝しながらも、ですが…と浮かない顔をするのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第41話感想

夫妻の良くない噂を流していたのは、以前アルフォンスに熱烈な片思いをしていたアリアナでした。

今度クロエを冒涜するような事があれば全力で対処すると言われ、恐ろしさのあまり震えるアリアナ。

 

アルフォンスへの想いが実らなかったアリアナは、ぱっとしないクロエがアルフォンスから愛されている事が受け入れられないのでしょうね。

そんな目で見ないで…の言葉からも、まだアルフォンスへの想いが断ち切れていない事がうかがえます。

今後アリアナが何らかの行動に出そうですね。

 

アルフォンスから欲しい物を聞かれ、密閉容器が欲しいと答えるクロエ。

クロエは本当にお茶が好きなんですね!

アルフォンスもクロエに喜んで欲しくてウズウズしているようなので、到着が待ち遠しいですね。

 

トリプルスイートの商品を取り扱わせて欲しいとのベラドーナ侯爵からの申し出を、店の不衛生を理由に断るクロエ。

ベラドーナ嬢がクロエに行った仕打ちを考えただけでも断る理由には十分だと思いますが、店舗を実際に見に行って判断してあげるクロエは優しいですね。

 

実際の店舗見て、厨房の衛生面の不備の為取引できないと伝えるクロエ。

調理場に手を洗う水がないのも論外だし、猫を飼うのは絶対ダメですよね!

 

後日衛生面が改善されている事に感謝を伝えながらも、まだなにかある様子のクロエ。

今度は一体何がダメだったのでしょうか。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第41話最新話と感想!取引の条件まとめ

今回は「公爵夫人の50のお茶レシピ」41話のネタバレと感想を紹介しました!

クロエの事業が大盛況だと聞きつけたベラドーナ侯爵から取引を持ち掛けられたクロエは、店舗の衛生面を理由に断ります。

店の衛生面を改善し、再度取引を持ち掛けるベラドーナ侯爵に対し、まだ何か気になる事がありそうなクロエ。

今度は一体何がいけなかったのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!