公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第35話最新話と感想!二人の距離

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」第35話のネタバレと感想をまとめてみました!

帝国の第一皇子であるアーサーにお茶を振舞ったクロエ。

クロエとアーサーのやり取りに、アルフォンスには嫉妬のような感情が芽生えますが…。

「公爵夫人の50のお茶レシピ」第35話のネタバレと感想を紹介します!

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第35話最新話と感想!二人の距離

すれ違う二人

アーサーはお茶をご馳走様と言って去って行きました。

元々政略結婚だったのだからクロエがアーサーと内縁の関係になっても自分とは関係のない事なのに、クロエがアーサーを選んだらどうしたらいいのか、と理解できない感情に悶々とするアルフォンス。

 

アルフォンスはクロエに良き妻になってくれた事の感謝を伝え、ブローチをプレゼントしました。

しかし、クロエからは自分に感謝の気持ちを伝えたいのなら、もっと人間的な物が欲しいと言われてしまいます。

 

クロエは内心、物質的なご褒美よりも優しく思いやりに溢れた笑顔の方が嬉しいと思っていましたが、声に出したいのをぐっと堪え、感謝の気持ちだけを伝えブローチを突き返してしまいました。

少しは距離が近づいたと思っていたのは自分だけだったのか。

少し時間を置いてどう接したらよいか考えようと思うクロエなのでした。

皇帝の頼み

数日後、まだ気まずい雰囲気でしたが、バーテンベルク夫妻は皇帝陛下主催の皇宮でのお茶会に招待されていました。

お茶会にはアーサーもおり退屈そうにしていましたが、バーテンベルク夫妻の姿を見つけるとニヤリと笑うのでした。

 

お茶会では他愛のない話で盛り上がる中、趣味を聞かれたクロエの代わりに、妻は茶を嗜んでいるとアルフォンスが答えました。

招待客の一人に独特の趣味だと言われると、妻の茶には深みと品格があり、一口飲んだら考えが変わるはずだと威圧するアルフォンス。

 

別の夫人が、クローバーフィールド夫人がクロエのお茶はミルクの香りがしてとても不思議だったと絶賛していたと口にすると、皇帝が興味深そうに話に耳を傾けています。

アーサーは、以前自分が淹れてもらった花と果物の香りのお茶に驚いた事、あの味をここにいる人達に味わってもらえたらよかったのにと残念そうです。

 

他の招待客達も次々とクロエのお茶に興味を持ち始め、ついに皇帝からこの場でお茶を淹れて欲しいと頼まれたクロエ。

皇帝にお茶を振舞う事にプレッシャーを感じながらも、この雰囲気では断れないと覚悟を決めるのでした。

クロエの選んだお茶は

クロエが選んだのはコロコロとした形が玉のようなお茶で、熱湯を注ぐとすぐに葉が広がるのだと説明するクロエ。

特徴的な茶器で淹れたそのお茶は、温のお茶、鉄観音でした。

 

クロエは、一口飲んで甘い香りがまるで花のようだと言う皇帝に、鉄観音茶は茶葉を加工しただけで他の香りを添付していないが蘭特有のフルーティーな香りが特徴だと説明します。

その特徴的な味と香りに他の招待客達も満足そうです。

 

皇帝は美味しいお茶を淹れてくれたクロエに感謝の気持ちを伝え、クロエのような妻を持って幸せだなとアルフォンスに話しかけると、アルフォンスは自分にはもったいないくらいだと答えました。

アーサーから二人がぎこちない事を指摘され、夫婦喧嘩でもしたのかと突っ込まれると、あたふたするクロエとは対照的に冷静なアルフォンス。

 

帰り道、先日の事を謝罪し、馬車から降りる際にもエスコートしてくれるアルフォンスにクロエが内心ドキドキしながらも平常心を保とうとしていると、突然アルフォンスに後ろから抱きしめられたのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピ第35話感想

アーサーとクロエのやり取りを見て嫉妬のような感情を覚えたことに戸惑うアルフォンスは、クロエに感謝の気持ちを込めてブローチを送ります。

ブローチをプレゼントしてくれた事に感謝しつつも、物質的なプレゼントよりも優しい笑顔の方が嬉しいと思いながらも言い出せず、ブローチを突き返してしまうクロエ。

 

二人の距離がだんだんと近づいてきたと思っていたのに、またすれ違ってしまいましたね。

お互いに好意が芽生えてきて大切に思っているのに…お互いの求める物が違い、気持ちが伝わらないのがもどかしいです。

 

皇帝陛下主催のお茶会で、思いがけずお茶を振舞う事になったクロエ。

クロエが選んだお茶は鉄観音茶でした。

 

蘭特有のフルーティーな香りが特徴的な鉄観音茶。

いつも持ち歩いているお茶があることも関心しますが、万人受けするクセのないお茶を振舞うのもさすがクロエです。

 

皇帝陛下にも感謝され、帰り道では二人のわだかまりも少し解けたように感じます。

平常心を装うクロエに対して、突如後ろから抱きしめるアルフォンス!

 

普段あまり感情を出さないアルフォンスがこんな事をするなんて、読んでいてドキドキしてしまいました。

冒頭では嫉妬のような感情に戸惑っていましたが、アルフォンスの中でクロエの存在がどんどん大きくなってきているのでしょうね。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第35話最新話と感想!二人の距離まとめ

今回は「侯爵夫人の50のお茶レシピ」35話のネタバレと感想を紹介しました!

お互いの中で存在が大きくなってきている事を感じながらも、すれ違ってしまったクロエとアルフォンス。

素直に非を詫び、紳士的なアルフォンスに対しときめきながらも平常心を装うクロエでしたが、突然後ろから抱きしめられてしまって…。

二人の距離は縮まるのでしょうか。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!