シャーロットには5人の弟子がいる

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ66話最新話と感想!マーベル皇帝と民の強さ

「ピッコマ」連載漫画の「シャーロットには5人の弟子がいる」66話のネタバレと感想をまとめてみた!

マーベルへと走っていくジュディスを止めようとしたジェロンでしたが、後ろからはもう1人のジュディスが現れました。

混乱したジェロンに対し、もう1人のジュディスが言った言葉とは・・・?

シャーロットには5人の弟子がいる66話のネタバレと感想を紹介していきます!

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ66話最新話と感想!マーベル皇帝と民の強さ

<カルシリオンの一撃>

マーベルの街には近づかないで、と言い残して消えてしまったもう1人のジュディス。

その消えた跡からは、ピンク色の蝶々が数匹はためいています。

 

その頃マーベル皇城では、魔獣の上に乗った人間がカルシリオンに脅迫を続けていました。

甚大な被害を受ける前にエヴァンを引き渡せと言うものの、カルシリオンの出した答えは「拒否」のみ。

悩む暇もなく断ったカルシリオンを、自国の民を見捨てる冷酷な皇帝だと罵りました。

 

しかしカルシリオンはマーベルの強さに自信をもっていると共に、被害が出る前に目の前の魔獣を倒せばいいだけだと言い切ります。

すると魔獣の上に出来た魔法陣がその身体を突き破り、パラパラと朽ち果てようとしているのでした。

<マーベル国民たち>

魔獣の襲来にマーベルの民は混乱に陥り、家の中に隠れた家族は攻撃魔法が使える魔道具を急いで用意します。

今にも家に入ってきそうな魔獣に対して魔道具を発動しますが、全く効かないため1階に逃げようとする家族。

魔獣が襲いかかってきたところを魔法でやっつけたのは、なんと家族の中で1番高齢のおばあちゃんでした。

 

街の中では皆が協力しあい、魔術師たちが率先して街を守ろうと奮闘しています。

マーベルの街の強さを見たジュディスは、その凄さに思わず感動するほどでした。

ふとジュディスが頭の上を見上げると、さきほどジェロンの前にも現れたピンク色の蝶々が飛んでいます。

<強行突破>

マーベルの街が魔獣に襲撃を受けている頃アリア、バーモン、ジェフリー、そして眠ったままのエヴァンは馬車に乗ってどこかへ移動していました。

バーモンは縛られた状況であり、アリアに無理やり協力をさせられた様子。

カルシリオンを信用してるからこそマーベルを任せているようですが、エヴァンの件に関してはどうも意見が別れてしまってるようです。

 

マーベル皇帝と大魔術師シャーロットのどちらを信じるのか、という問いをジェフリーに投げかけられたバーモンでしたが、なかなか答えを言い出せません。

そんなバーモンををじっと見ていたアリアでしたが、窓の外で見覚えのあるピンク色の蝶々が飛んでいるのを見つけたのでした。

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ66話感想

前話で、走っていったジュディスが本物だと予想しましたがどうやら正解だったようです。

もう1人のジュディスは、ピンクの蝶々が特徴という4番目の弟子の仕業でしょう。

ジュディスの姿を借りてまで街へ行かないよう警告を出したのは、アリア・リッセンの友を守るためでしょうか。

 

カルシリオンの前に現れた魔獣に乗った人間は、相変わらず脅迫を続けていますが全く効果はないようですね。

民を見捨てる冷徹な皇帝とまで言われていたカルシリオンですが、きっとマーベルの民を信じているからこその発言なのかと思います。

そしてあの巨大な魔獣を一撃で倒すあたりは、大魔術師としての力を感じました。

 

マーベルの国民たちは混乱している者もありながら、魔術師や力を持つ者たちで上手くカバーできているようで安心です。

すでに引退したおばあちゃんすら魔獣を倒してしまうあたり、昔から魔術師が集まる魔法の国と呼ばれるだけありますね。

街に無事到着したジュディスは斧1本で戦うようですが、その力の強さはどれほどのものなのでしょうか。

 

そんなマーベルが大変なときにしれっと国から出ようとするアリアとジェフリーは、バーモンという人質(?)を連れていました。

カルシリオンの側近でもあるバーモンは、皇帝に逆らう行動をとるのかどうか気になるところ。

そんな状況のアリアの前にもあの蝶々も現れ、ようやく4番目の弟子とアリアが再会できそうな予感です!

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ66話最新話と感想!マーベル皇帝と民の強さまとめ

今回は、「シャーロットには5人の弟子がいる」ネタバレ66話最新話と感想を紹介しました。

皇帝と民の強さを見せたマーベルでしたが、肝心のエヴァンはアリアの策略の元すでに国から離れようとしています。

そしてついにアリアの近くまでやってきた4番目の弟子と、再会を喜ぶ展開はやってくるのでしょうか?

スポンサーリンク

error: Content is protected !!