今世は当主になります

今世は当主になります30話ネタバレ最新話と感想!エスティラの決意

スポンサーリンク

『ピッコマ!』で連載中の恋愛まんが『今世は当主になります』30話のネタバレと感想をまとめてみました!

エスティラの製剤作業をオマリー博士がやめさせようとします。

エスティラはティアのために博士に逆らい、自分を信じると誓うのでした。

今世は当主になります第30話のネタバレと感想を書いていきます!

今世は当主になりますネタバレ30話最新話と感想!エスティラの決意

オマリー博士、エスティラを説得する

エスティラは薄暗い部屋で薬を作っていました。

繊細な作業を終え振り返りをしているとき、オマリー博士が部屋をノックして入ってきます。

 

博士はテーブルに並べられた材料などを見て、最後に赤い粉を目にして不思議に感じます。

何を作っているかと問いかけると、エスティラはもじもじとしながら小実験をしていると答えました。

気まずそうなエスティラに、博士は遠回しに小実験をやめろと伝えてきました。

 

博士は、ティアが悪いことを吹き込んだと聞いたと言うのです。

エスティラは反論しようとしますが、オマリー博士は近づいてくるとエスティラの肩を叩きました。

教え子が道を間違えそうだから止めると言って、エスティラに謝るのです。

 

そこまでアカデミーの進学を望んでいたとは知らなかったが、すべてはエスティラのためだったのだと。

肩に乗せた博士の手に力が入ります。

研究員にはまだ不足だから、教え子が辱めを受ける姿は見たくないと言いながらエスティラの肩を再び叩きました。

 

苦しそうなエスティラに、今まで通り素直に学んでいれば、来年か再来年には喜んで推薦状を書こうとまで言います。

癒着と蔑視

会食の場らしきところで、ワインを手にした男が博士の推薦状のおかげで息子がアカデミーに入学できると話しています。

博士は、プラン商人組合に支援していただいている薬剤がとても力になっていると返しました。

 

ブラン当主であるその男は博士のところで働いている平民が、ロンバルディの推薦状を狙っているらしいという噂を聞いたと言うのです。

博士は食事の手を止めて苦し紛れに若気の至りだと答えました。

ブラン当主が給仕に指図しつつ、実力不足の弟子のせいで師匠が恥をかかなければいいのですが、と言っているうちに、博士のところに何かがスッと差し出されます。

 

宝石のついたアクセサリーでした。

ブラン当主はほんの気持ちだと言いつつ、身分というものがあるのだから弟子にもよく言い聞かせてくださいと笑うのでした。

 

博士はエスティラは聞き入れるだろうと思いつつ、推薦状は来年も理由を付けて断ろうと考えています。

受け入れるだろうと思ったエスティラですが、やれるところまでやってみると返しました。

博士は歯ぎしりをし、私がここまで言っているのにと怒鳴りつけます!

エスティラの反抗

エスティラは大声におびえながらも、ティアの期待に応えたいと懇願します。

脳裏にはエスティラの夢を叶えようとあれこれと語ってくれていたティアの姿やことばたちが浮かんでいました。

自分がどこまで通用するかやってみようと手を伸ばしてくれたティアの姿。

 

夢を応援すると言ってくれたのは、ティアが初めてだったのです。

失敗した時は先生の処分に従うと言うエスティラ。

今回だけは自分を信じてくれているティアに応えたいと。

 

博士は一生推薦状をもらえなくてもかと問いかけ、エスティラは逡巡の後うなづき、謝罪の言葉を口にします。

博士は恩知らずな教え子などは必要ないから、勝手にしろと叫び、去っていきました。

エスティラは全身が震えています。

 

過ちを犯してしまっただろうかと思いながらも両手をぎゅっと握りしめました。

作りかけの薬瓶たちに目をやります。

一度くらいは自分を信じると。

今世は当主になります30話感想

いつのまにやら、すでにエスティラは薬の制作に着手しているようです。

そして、今回はかなり腹立たしいことがありましたよ!

 

いい人だと勝手に思っていたオマリー博士ですが、とっても残念で、かなり怒りを覚えました。

結局、お金と名誉には目がくらむ人なのだと言うことがよく分かったのです。

エスティラが作っている薬を博士の薬として使っているお話が出ていた前話などでも違和感を覚えていたことがここになってはっきりしました!

 

エスティラは大好きな甘いものも我慢してお金を貯めているというのに、会食で豪華なものを食べ、さらには袖の下としか言いようのない贈り物を受け取っている博士。

いい人に見えて、結局エスティラには永遠に推薦状を書く気がないなど、腹の底は黒いことがよーくわかりました。

 

ですので、エスティラが逆らった時はスーッとしました!

そうだそうだ、こんな人のところで働かなくたっていい、と。

エスティラが初めて出した勇気が上手くいって欲しいと切に願います。

今世は当主になりますネタバレ30話最新話と感想!エスティラの決意

今回は漫画「今世は当主になります」30話のネタバレ、感想をご紹介しました。

エスティラが薬を作っているところへオマリー博士が訪ねてきて、その小実験をやめるようにとエスティラを説き伏せようとします。

オマリー博士の行動の裏には名誉と資金提供先との関係性を守りたいということがありましたが、エスティラはティアのことを思い出し、勇気を出して博士の説得を一蹴するのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!