シャーロットには5人の弟子がいる

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ92話最新話と感想!災いに従う者の証

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「シャーロットには5人の弟子がいる」92話のネタバレと感想をまとめてみた!

魔族の町モロークを歩いていると、自分たちを供え物にするという住民の声が聞こえてきます。

その言葉に警戒をするシャーロットとエヴァンだったが、ルーシーにある場所へと連れて行かれて…?

シャーロットには5人の弟子がいる92話のネタバレと感想を紹介していきます!

⇒シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ一覧へ

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ92話最新話と感想!災いに従う者の証

オスベル

変なことを聞かせてしまい申し訳ない、と必死に謝るルーシー。

そしてシャーロットが魔族の言葉バーケルラ語を知っていることに驚きました。

バーケルラ語とは魔族が災いの日に言葉を失って以来、現在は一部の魔族しか使わない言葉の事。

 

シャーロットはというとルーシーがつけているペンダントの変わった模様が気になり、聞いてみました。

すると彼女は頬を赤らめて、尊い方から頂いたものだと嬉しそうに言います。

 

ペンダントの模様は災いに従う者を示す印オスベルである、と小声で話すエヴァン。

そのとき近くに隠れていた少年に気づいたシャーロットが声をかけると、その魔族の子は手紙を渡したかと思うと逃げ出します。

手紙には、町に災いがいるから逃げて欲しいという内容でした。

赤眼

災いの関連と思われることが多数出てきたことで、これらの意味することを考えるシャーロット。

エヴァンが災いであるとまだ断定できないシャーロットは、まず住民たちの意図を図ろうと考えます。

そして、動きやすくするためには腕輪を外して欲しいとエヴァンへお願いしました。

 

するとエヴァンは、ずっとそばにいるという約束をしてくれるのかと改めて聞いてきます。

シャーロットが頷くと彼は急に赤眼へ変化し、腕輪の魔法を解きながら彼女を抱きしめました。

 

そのとき部屋にルーシーが入ってきて、改めて自己紹介をしてくれます。

アリアも自分の名を名乗ると、シャーロットと呼ばれていたようなと疑惑の目を向けるルーシー。

あだ名だからとさらりと受け流すと、町の重要な場所へと案内したいと言われました。

暗闇の先

暗闇のなか進んでいくエヴァンの目には、赤眼がバレないよう色眼鏡が装着されています。

様子は変わらないのになぜ目だけが急に赤くなったのか、不思議に思うシャーロット。

するとエヴァンが人の気配を感じると言い、シャーロットも頷きます。

 

真っ暗闇の先には、階段と奥への入り口のようなものがありました。

ルーシーは2人の様子を気にすることなくスタスタと歩いてきます。

ふと立ち止まったエヴァンの後ろから、手紙をくれた少年が顔を出しました。

 

少年は、なぜ逃げなかったのかと少しおどおどした様子でシャーロットたちに聞きます。

すると後ろを振り返ったルーシーが、何をしているのかと目を見開き聞いてきたのでした。

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ92話感想

前話で怪しい雰囲気が漂っていた町とルーシーでしたが、シャーロットたちになにかしようとしているのは間違いないようです。

案内したい場所というのは、人間を供え物にするという場所なのかなと思いました。

 

災いに従う者であるルーシーは、彼を倒した大魔術師シャーロットに恨みをもっているに違いありません。

彼女にペンダントを渡した人物こそ、災いの復活を願う者たちを束ねているのでしょう。

 

しかし町にいる魔族たち全員が人間の敵、というわけでもないようです。

少年がシャーロットたちを逃がそうとしていることがわかったように、住民の中でも意見が割れているのかもしれません。

手紙に書いてあった、町に災いがいるという意味も気になるところです。

 

エヴァンのこれまでの様子を見てもまだ、彼を災いだと断定できない様子のシャーロット。

今回は赤眼に変化しただけて雰囲気が変わったわけではないので、自身でコントロールできているようですね。

 

ルーシーが案内した先になにかいると感じ取ったシャーロットでしたが、それこそが災いなのでしょうか。

供え物にしようと連れてきているとしても、エヴァンの強さがあればピンチを乗り越えられるかなと思います。

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ92話最新話と感想!災いに従う者の証まとめ

今回は、「シャーロットには5人の弟子がいる」ネタバレ92話最新話と感想を紹介しました。

災いに従う者の証、オスベルの模様がついたペンダントを大切にしているルーシー。

そんな彼女に案内された真っ暗闇の先とは、明らかになにか異質なものがいる場所でした。

⇒シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!