実は私が本物だった

実は私が本物だったネタバレ12話最新話と感想!恋愛小説にハマったキイラ

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「実は私が本物だった」12話のネタバレと感想をまとめてみました!

自分が普通の令嬢だったらと想像するキイラ。

ロゼから借りた令嬢の背生活を描く恋愛小説に夢中です!

実は私が本物だった12話のネタバレと感想を紹介します!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

実は私が本物だったネタバレ12話最新話と感想!恋愛小説にハマったキイラ

気づいたら朝

小説を読み始めてしまったキイラが気がつくと、朝日が登っていました。

夢中になって読んでしまったことに呆然とします。

 

ロゼが朝の支度のため部屋に入ってきたため、手に持っていた本を隠しますが、寝る前はやめた方が良いと言ったのにと言われてしまいました。

内容はどうだったかと聞かれ、舞踏会や日々の生活が興味深く面白かったと返します。

 

外伝は読むかと聞かれ、食い気味に読みたいと答えます。

夢中で読んだことはバレていないみたいだと安心するキイラですが、ロゼは隠れて笑いをこらえているのでした。

素直になれない

ロゼはメイド仲間たちに外伝を持っていないか聞いてまわります。

キイラが読みたがっていると言うと、メイドたちは衝撃を受け、燃やすつもりなのではと騒ぎ始めます。

令嬢の生活を知りたいそうだと説明すると納得してくれました。

 

キイラの頭の中は小説のことでいっぱいですが、切り替えて図書館で精霊に関する資料を探します。

神聖な力は研究対象にしてはいけないとなっており、資料自体がとても少ないのです。

 

どうしようかと迷っていると、メイドたちがステラ嬢の甘い夏休みについて話す声が聞こえてきました。

好きなシーンを楽しそうに話すのを聞き、どのシーンも良かったと思うキイラは、話に参加したくて仕方ありません。

 

パルビス家の長女としての体面を保たないといけない気持ちと戦い、そっとメイドたちを見てみると、ちょうど目が合います。

しかし怒られると思ったメイドたちは慌てて逃げて行ってしまいました。

話したいことは

1人取り残されたキイラは、話したかったなと名残惜しい気持ちです。

素直に面白かったと伝えていれば、一緒に話が出来たのかと後悔します。

そんな勇気もないのに体面を気にする自分に嫌気がさしました。

 

通りがかったロゼが、調べ物はどうだったかと聞いてきます。

明日また行くと返し、キイラは意を決して今朝の感想は嘘だったと伝えます。

 

ラブストーリーの部分がとても面白かったと言い、恋愛小説に夢中になったと言うのが恥ずかしかったと打ち明けました。

それを聞いたロゼは喜び、次はもっと面白い小説を用意すると言ってくれます。

気取らない話ができたキイラは嬉しそうです。

実は私が本物だった12話感想

すっかり恋愛小説を楽しんだキイラは、感想を共有したくて仕方ありません!

 

キイラは夜通し本を読んでしまいましたね。

同じ年代の女の子が好きなものが好きではなかったのではなく、興味を持つ機会すらなかったという方が正しかったのかもしれません!

前話でウォルフォードにアドバイスされたことが、無理なく生かすことができそうで良かったです!

 

興味を持てたことはよかったですが、それを伝えられないとなにも変わりません。

しかしこれまで自分をさらけ出さず、周りからのイメージも固まってしまっていると、そのイメージとは違う素をさらけ出すのはとても勇気がいることだと思います。

 

メイド達の話を聞きながらウズウズするキイラがいじらしくて仕方ありませんでした!

身近なロゼのような存在から少しずつ素を見せられるようになることを願います!

実は私が本物だったネタバレ12話最新話と感想!恋愛小説にハマったキイラまとめ

今回は、「実は私が本物だった」12話のネタバレと感想を紹介しました!

キイラは恋愛小説をとても楽しむことができました。

これまで知らなかった楽しみを知ったキイラは変化が止まりません!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!