実は私が本物だったのネタバレを結末の最新話まで!コゼットの正体とは?

実は私が本物だった

スポンサーリンク

ピッコマで連載中の「実は私が本物だった」のネタバレを1話~結末まで最新話更新中です!

「実は私が本物だった」のネタバレあらすじを1話~結末まで一緒に楽しみましょう♪

「実は私が本物だった」のネタバレ結末については韓国で最終話まで更新されたら反映する予定です。

また、「実は私が本物だった」の結末予想も楽しんでいきましょう!

「実は私が本物だった」で気になるのはコゼットの正体!

実は私が本物だったのコゼットの正体についても検証してみました。

「実は私が本物だった」についてネタバレは日本語で出ているところまでという方は、日本語で出ている話までの確認を推奨します!

実は私が本物だったのネタバレを結末の最新話まで!コゼットの正体とは?

1 2話 3話
4話 5話 6話
7話 8話 9話
10話 11話 12話
13話 14話 15話
16話 17話 18話
19話 20話 21話
22話 23話 24話
25話 26話 27話
28話 29話 30話
31話 32話 33話
34話 35話 36話
37話 38話 39話
40話 41話 42話
43話 44話 45話
46話 47話 48話
49話 50話 51話
52話 53話 54話
55話 56話 57話
58話 59話 60話
61話 62話 63話
64話 65話 66話
67話 68話 69話
70話 71話 72話
73話 74話 75話
76話 77話 78話
79話 80話

実は私が本物だったのあらすじ!コゼットが物語の要で正体が気になる!

水の精霊士一族「パルビス」の一人娘として育ったはずのキイラ。

キイラはたった一人の精霊士となるべく、その教育を受けてきました。

 

母親を亡くしたキイラにとってただ一人の家族である父親に愛されたいと、キイラは一生懸命努力していました。

しかしキイラの父親はキイラを深く愛することはありませんでした。

 

ある日、キイラ達の家族に、前大公妃ロエナの娘であるコゼットが現れます。

コゼットは自分が実の娘だと主張して、キイラの人生を少しずつ狂わせ始めました。

 

とうとうキイラは騙した罪で斬首刑にされますが、斬首される前にコゼットから衝撃の事実が告げられます。

しかし斬首されたはずのキイラは、時間が巻き戻り、過去の自分に戻ってしまいます。

過去に戻ったキイラが今度こそはと自分の為に生きていく成長ラブストーリー!

 

特に気になるのが「実は私は本物だった」のコゼットの正体です。

コゼットが本物なのか、2人とも本物なのかどうなのか、気になりますよね。

実は私が本物だったの登場人物

キイラ

精霊士一族「パルビス」の一人娘。

たった一人の後継者として教育を受け、父親の愛を受けたい一心で、精霊士としての勉強を必死でがんばてきた。

どんなに頑張っても一向に目を向けてくれない父親の気を引くため、幼い頃には自分で階段から転げ落ちて大怪我をする。

コゼットが現れたことで人生が狂い、斬首刑にまでされてしまう。

コゼット

前大公妃の娘であり、大公閣下の長女。

キイラの父親であるラディックの実の娘だと主張してキイラ達の家族に入る。

表はとても明るく、人懐っこい性格だが、裏の顔ではキイラから何もかも奪っていく。

ラディック・パルビス

キイラの父親。

冷淡で冷静な人物で、キイラが処刑される過去では娘であるキイラに全く目を向けない。

ジーク・パルビス

キイラをとても慕っている、まだ幼い弟。

回帰前も後も変わらずキイラのことを信じている。

ジョゼフ

パルビス家騎士団の副団長。

回帰前の刑の執行時には、反対の意思を行動で示すほどキイラのことを慕っていた。

回帰後は雰囲気の変わったキイラにドギマギしながらも、一心に慕う気持ちは変わらない。

エレズ・ショア

魔塔の優秀な魔法士。

キイラを回帰させた張本人だが、術者は記憶を保持できないルールがあり、その理由や背景は覚えていない。

真実に近づくためにキイラと協力する。

実は私が本物だったの結末を大胆予想!コゼットの正体は?

「実は私が本物だった」の結末予想ですが、タイトル通り本当にキイラが本物なのでしょう!

見た目的にはコゼットが本物のようにも見えますが、似ていない親子もごまんといるので、それだけは変わらない重要な事実だと思います。

そしてキイラは本物で、能力を開花させて自分が本物だと証明し、ジークやロゼ、ジョゼフと幸せな未来を手に入れると予想します!

実は私が本物だったのコゼットの正体って?

それでも気になるのはコゼットの正体ですね。

彼女は自分の未来だけを考えて嘘をつきに来たわけではなさそうなので、バックに誰か、大きな家や因縁がある気がします!

精霊士の力を持っているように見せかけることや、経歴を消すことも出来るので、相当権力のある魔法士が絡んでいるのではないでしょうか。

 

また父である大公との関係も気になりますね!

正直になることが出来ない父ですが、今回こそはキイラが追い詰められていくのを黙って見ていることはしないでしょう。

記憶とは言えないまでも、転生前のキイラの身に起こったことは頭に残っているみたいなので、今度こそきちんと味方になってあげてほしいです。

 

転生したキイラは人生を楽しみ、その過程で恋愛や友情を知ることが出来ました。

過去のキイラとは交友関係も、人との関り方も違うので、人生は大きく変化していくでしょう!

ジョゼフと結ばれ、父やジーク、ロゼに祝福される結末があるといいなと期待します!

 

以上、実は私が本物だったの結末予想でした!

実は私が本物だったの原作や作品情報

実は私が本物だったの原作や作品情報です!

漫画タイトル 実は私が本物だった
配信サイト ピッコマ、カカオページ
配信日 毎週土曜日(ピッコマ)
出版 Kakao Entertainment Corp.
原作の作者 yuun March
error: Content is protected !!