実は私が本物だった

実は私が本物だったのネタバレを結末まで最新話を随時更新!

ピッコマで連載中の「実は私が本物だった」のネタバレを1話~結末まで最新話更新中です!

「実は私が本物だった」のネタバレあらすじを1話~結末まで一緒に楽しみましょう♪

「実は私が本物だった」のネタバレ結末については韓国で最終話まで更新されたら反映する予定です。

「実は私が本物だった」についてネタバレは日本語で出ているところまでという方は、日本語で出ている話までの確認を推奨します!

実は私が本物だったのネタバレを結末まで最新話を随時更新!

1 2話 3話
4話 5話 6話
7話 8話 9話
10話 11話 12話
13話 14話 15話
16話 17話 18話
19話 20話 21話
22話 23話 24話
25話 26話 27話
28話 29話 30話
31話 32話 33話
34話 35話 36話

実は私が本物だったのあらすじ

水の精霊士一族「パルビス」の一人娘として育ったはずのキイラ。

キイラはたった一人の精霊士となるべく、その教育を受けてきました。

 

母親を亡くしたキイラにとってただ一人の家族である父親に愛されたいと、キイラは一生懸命努力していました。

しかしキイラの父親はキイラを深く愛することはありませんでした。

 

ある日、キイラ達の家族に、前大公妃ロエナの娘であるコゼットが現れます。

コゼットは自分が実の娘だと主張して、キイラの人生を少しずつ狂わせ始めました。

 

とうとうキイラは騙した罪で斬首刑にされますが、斬首される前にコゼットから衝撃の事実が告げられます。

しかし斬首されたはずのキイラは、時間が巻き戻り、過去の自分に戻ってしまいます。

過去に戻ったキイラが今度こそはと自分の為に生きていく成長ラブストーリー!

実は私が本物だったの登場人物

キイラ

精霊士一族「パルビス」の一人娘。

たった一人の後継者として教育を受け、父親の愛を受けたい一心で、精霊士としての勉強を必死でがんばてきた。

どんなに頑張っても一向に目を向けてくれない父親の気を引くため、幼い頃には自分で階段から転げ落ちて大怪我をする。

コゼットが現れたことで人生が狂い、斬首刑にまでされてしまう。

コゼット

前大公妃の娘であり、大公閣下の長女。

キイラの父親であるラディックの実の娘だと主張してキイラ達の家族に入る。

表はとても明るく、人懐っこい性格だが、裏の顔ではキイラから何もかも奪っていく。

ラディック

キイラの父親。

冷淡で冷静な人物で、キイラが処刑される過去では娘であるキイラに全く目を向けない。

実は私が本物だったの原作や作品情報

実は私が本物だったの原作や作品情報です!

漫画タイトル 実は私が本物だった
配信サイト ピッコマ、カカオページ
配信日 毎週土曜日(ピッコマ)
出版 Kakao Entertainment Corp.
原作の作者 yuun March

スポンサーリンク

error: Content is protected !!