実は私が本物だった

実は私が本物だったネタバレ23話最新話と感想!憧れの舞踏会

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「実は私が本物だった」23話のネタバレと感想をまとめてみました!

楽しみにしていた舞踏会の日がやってきました。

会場は思わぬスペシャルゲストに動揺を隠せません。

実は私が本物だった23話のネタバレと感想を紹介します!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

実は私が本物だったネタバレ23話最新話と感想!憧れの舞踏会

おめかしキイラ

メイドたちが惚れ惚れしながら次々と誉め言葉を口にしています。

彼女たちの視線の先には、舞踏会のためにドレスアップしたキイラの姿がありました。

深い青に小花を散りばめたきらびやかなドレスは、キイラの白い肌を引き立てます。

 

同じようにおめかししたジョゼフは、キイラに見惚れて言葉を失ってしまいました。

キイラは似合っていると声をかけ、自分のことは微妙でしょうと卑下します。

そんなキイラにジョゼフは、美しさから言葉を失ってしまったと素直に答え、女神を上回るほど美しいと言います。

 

その言葉にキイラは赤くなってしまい、お世辞上手だと言ってごまかしました。

ふたりは笑顔で会場へ向かいます。

会場の反応

会場はキイラの姿にざわめいています。

招待状を送ったフランツェ侯爵夫妻でさえ、本当に来るとは思っていませんでした。

 

夫妻が挨拶をしに来てくれましたが、キイラは誰なのか思い出せません。

全く会話が続かない状況に気を利かしたジョゼフが、公女は久々のパーティーで少し疲れてしまったようだとフォローし、テラスの席へ連れて行ってくれました。

少し外の空気にあたって休むかと聞くジョゼフに、キイラはおなかが空いたと答えます。

 

ジョゼフが食べ物を取りに行っている間、キイラは一人取り残されました。

近くの席では同じ世代の女の子たちが楽しそうに話しています。

父親が女神の涙を手に入れたと話しているのが耳に入り、それなら自分の家にもありますが、話しかけたら雰囲気を悪くしてしまうかと思い話しかけられません。

 

羨ましさからチラチラ見ていると、ひとりがキイラに気が付きました。

しかし彼女の眼にはキイラがこちらを睨んでいるようにしか見えず、その恐ろしさに大声で叫んでしまいます。

彼女たちは慌てて席を離れてしまい、キイラはしょんぼりです。

もう一人の妻

キイラが一人落ち込んでいると、召使いがやってきて、おじい様がお呼びだと伝えます。

勝手にその場を離れるのは気が引けますが、ジョゼフはまだ帰ってきません。

今日の目的であるため、仕方なくついていくことにしました。

 

案内された場所では、おじい様が一人で待っていました。

用件を聞かれ、大公にはもう一人妻がいたはずだと尋ねます。

その名を口にすると、わずかですが確かに反応がありました。

 

彼女が本当に子供を産めず、宮を追い出されたのかとキイラは尋ねます。

実は私が本物だった23話感想

ずっと楽しみにしていた舞踏会が始まりました!

舞踏会に向かう二人の姿がとってもかわいかったですね。

 

きらびやかなドレスに身を包んだキイラは、これまでのどのキイラよりも美しかったです!

ジョゼフが見惚れてしまうのもわかります。

自分も一度はおしゃれをして、舞踏会に行ってみたかったなと思ってしまいました。

 

キイラは目つきがとても悪いのでしょうね。

少女から見たキイラの姿からは、友達になりたい気持ちが全くなく、これは無理だと納得しました。

目つきは悪くても、話してみれば親しみやすい子なので、勇気を出して話しかけられるようになってほしいです!

 

おじい様は現金な人のようですが、いったいもう一人の妻について何を知っているのでしょう。

この舞踏会がキイラにとって実のあるものである事を願います!

実は私が本物だったネタバレ23話最新話と感想!憧れの舞踏会まとめ

今回は、「実は私が本物だった」23話のネタバレと感想を紹介しました!

舞踏会へ出かけたキイラ。

おじい様との話し合いに友達作り、ジョゼフたちの作戦など、進行中のものが多いですね。

すべてにおいてうまくいくか怪しく、今後の展開が気になります!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!