実は私が本物だった

実は私が本物だったネタバレ25話最新話と感想!クズ野郎との決別

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「実は私が本物だった」25話のネタバレと感想をまとめてみました!

エイデンが口説いている姿を目撃したキイラ。

迷わず問い詰める姿は恐ろしく、とても美しいです!

実は私が本物だった25話のネタバレと感想を紹介します!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

実は私が本物だったネタバレ25話最新話と感想!クズ野郎との決別

何をしているの?

エイデンを掴み片手で持ち上げたキイラは、何をしているのか早く答えなさいと怒りに燃え上がっています。

後ろから見ているウォルフォードとガドナーは理解できていませんが、目的だけは達成できました。

 

地面に投げ捨てられたエイデンは、キイラの怪力さに驚きます。

口説かれていた女の子に誰なのかと聞かれ、よく知らない女だから気にしないでと返しました。

 

その言葉にキイラは拳を振り下ろしかけますが、キイラの本気を知っているウォルフォードとガドナーが必死に止めに来ました。

床に倒れたまま怯えるエイデンを見下ろし、きちんと納得できるように説明しなさいと命じます。

怒り爆発

エイデンは騎士団がキラ嬢を公女と呼んだことに気が付き、顔を真っ青にします。

国に4人いる公女の内、会ったことが無いのは精霊士一族のキイラ・パルビスだけでした。

 

追いつめられたエイデンは、読書会が中止になったから来ただけで、暴力を振るわれるような過ちは犯していないと弁明します。

口説いていたことを聞かれると、ただ一緒に食事をしただけの間柄で何か勘違いしていないかと開き直りました。

 

エイデンの言葉にショックを受けていたキイラですが、ガドナーからもう数発殴っても良さそうだと言われ、その方が世のためだと思いなおります。

落ち着くよう騒ぎ立てるエイデンに、キイラはまっすぐ拳を振り下ろしました。

骨が折れるようなものすごい音がして、エイデンは地面に伸びてしまいます。

初めての失恋

エイデンを放置しその場を離れたキイラに、ジョゼフが駆け寄ります。

キイラは目に涙を浮かべており、靴をテラスに置いてきてしまったと言いました。

気を利かせたウォルフォードとガドナーが、靴を取りに駆けていきます。

 

今日は帰るかと聞くジョゼフに、キイラはせっかく来たのだから楽しんでから帰りたいと言い、涙をぽろぽろ流します。

顔に惹かれてしまった自分を悔やみ、それでも本気だったのにと心が痛みました。

 

ガドナーが持ってきてくれた靴を、ジョゼフが履かせてあげます。

少し落ち着いてきたキイラを見て、そんなに落ち込まないでと励まします。

公女にはもっと素敵なご縁があるはずだと伝えたジョゼフは手を差し出し、一曲踊っていただけないかと誘いました。

実は私が本物だった25話感想

キイラは初恋を経験してすぐに初めての失恋も経験しました。

開き直るエイデンに拳を振り下ろす姿はかっこよかったです!

 

エイデンの態度はとても腹が立ちますね!

怒りだけでなく、そこに悲しみが混ざってぐちゃぐちゃになっているキイラの姿から、本当に好きだったのだなと思いました。

 

デート前日とても嬉しそうだったキイラを思い出し、読んでいて切なくなってしまいます。

こんなに純粋な少女の気持ちを弄んで、謝罪の一言もないエイデンは絶対に許せません!

 

弱ったキイラを励ますジョゼフの言葉は、深い優しさに満ちていました。

自分が幸せにしたいと言って混乱させることもなく、きっと良い縁があるという言葉をチョイスしたところに、ジョゼフの人柄が出ています。

せっかくだから楽しみたいと言うキイラを誘う姿も、誰よりもかっこよくて惚れそうです!

実は私が本物だったネタバレ25話最新話と感想!クズ野郎との決別まとめ

今回は、「実は私が本物だった」25話のネタバレと感想を紹介しました!

エイデンへの気持ちを断ち切ったキイラ。

この失恋がキイラの今後にどのように影響するのか、今後の展開が気になります!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!