実は私が本物だった

実は私が本物だったネタバレ26話最新話と感想!友達を作りたい!

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「実は私が本物だった」26話のネタバレと感想をまとめてみました!

ジョゼフにダンスを誘ってもらったキイラ。

ジョゼフのおかげで散々だった舞踏会の思い出も塗り替えられそうです。

実は私が本物だった26話のネタバレと感想を紹介します!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

実は私が本物だったネタバレ26話最新話と感想!友達を作りたい!

ジョゼフとダンス

ジョゼフにダンスに誘ってもらったキイラは、久しぶりだから足を踏んでしまうかもしれないと不安そうです。

そんなキイラにジョゼフは大丈夫だと優しく微笑み、木刀で叩かれるよりは痛くないと冗談を言ってキイラを和ませます。

 

踊りながら改めてジョゼフの顔を見たキイラは、案外綺麗な顔立ちだと思いました。

至近距離からの視線がジョゼフは気になり、目を合うと恥ずかしさからつい固まってしまいました。

真っ赤なジョゼフですがキイラは気づかず、ジョゼフがいてくれて本当によかったと心の中で思います。

ダフネの訪問

舞踏会の目的である隠れ家の確保は達成しましたが、友達作りも初恋も上手くいかない結果に終わりました。

ため息をつくキイラの元に、ダフネと名乗るショア婦人の娘が、ジークの誕生日パーティの手伝いに訪れます。

手際よくパーティの計画を進めるダフネは、流行のパティシエなどにも詳しく、キイラは自分の流行りへの疎さを痛感しました。

 

表情が暗くなったキイラに、ダフネは顔色が良くないがどうかしたかと心配そうです。

プライドを捨てると決めたことを思い出し、自分は社交界の人につまらないと思われているかと聞いてみます。

 

舞踏会で令嬢たちと話せなかったと打ち明けると、舞踏会は仲の良い人が集まるから仕方ないと言ってくれました。

友達が欲しいのならサロンがオススメだと言い、良かったら一緒に行かないかと誘ってくれます。

キイラは表情を輝かせて頷き、とても嬉しそうです。

流行のお勉強

どんな話をすれば良いのかと相談すると、ファッションや流行の話だと返されました。

何も知らないと落ち込むキイラに、ダフネは全て教えると言い、流行りのミュージシャンや曲を紙にサラサラと書き出します。

キイラがすごく詳しいと尊敬すると、同じように社交界に馴染みのない兄に教えてあげたことがあると言われました。

 

キイラが社交界を楽しめるよう頑張ると笑顔で言うダフネに、キイラは素直にありがとうと伝えます。

サロンを開催する皇女は、キイラが参加すると聞き驚きを隠せません。

実は私が本物だった26話感想

ジョゼフと踊るキイラは楽しそうでした!

ダフネに誘ってもらい、次はサロンへ参加してみるようです。

 

キイラは何も意識していませんが、顔を真っ赤にして踊るジョゼフはとても可愛かったですね!

どこを探したらジョゼフのような人に出会えるのでしょうか。

キイラには顔の綺麗さだけでなく、中身の良さにも早く気づいて欲しいです!

 

ショア婦人の代わりに来たダフネは、明るくてコミュニケーション能力の高い女の子でした。

キイラ相手に物怖じせず楽しそうに話すなんて、なかなか出来ることではないです。

サロンへも流れるように誘っており、大した娘だと思いました!

 

ロゼに続き、ダフネとも良い友人になれそうです。

このサロンで他にも友達が出来たら良いですね!

キイラは前とは別人なくらい人間味があるので、きっと次は上手くいくと思います。

実は私が本物だったネタバレ26話最新話と感想!友達を作りたい!まとめ

今回は、「実は私が本物だった」26話のネタバレと感想を紹介しました!

ダフネに誘われ、サロンへ行くことにしたキイラ。

次こそ友達を作ることが出来るのか、今後の展開が気になります!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!