実は私が本物だった

実は私が本物だったネタバレ50話最新話と感想!コゼットの企み

「ピッコマ」連載漫画の「実は私が本物だった」50話のネタバレと感想をまとめてみました!

侵入者がいると騒ぎ立てるコゼット。

キイラを追い詰めたと思っているようです!実は私が本物だった50話のネタバレと感想を紹介します!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

実は私が本物だったネタバレ50話最新話と感想!コゼットの企み

そこにいたのは

コゼットが召使いたちを従え地下室を開けると、中にいたのはワインを抱えるロゼでした。

召使いたちは侵入者ではなかったとほっとしていますが、コゼットだけが険しい顔をしています。

キイラが精霊石を取りに行ったから中にいるはずだと大声でまくし立てます。

 

すると大叔母様が現れ、何事かと聞かれたので、コゼットは精霊石が盗まれるのを黙って見ている訳には行かないと主張しました。

ロゼはその言葉に目を見開き、なぜ自分がそんなことをするのかと否定します。

コゼットは引き下がらず、こんな時間にひっそりとメイドを地下室に送るのは何かを企んでいる証拠だと止まりません。

何の騒ぎ?

場が騒然とする中、ようやくキイラが涼しい顔で現れました。

ロゼの盾になったキイラは、精霊石を取りに行かせる理由はなく、あっても大叔母様に頼めば良い事だと諭します。

 

コゼットは精霊石にキイラが手を出そうとしているところを押さえ、偽物が無理に能力発現を狙ったと仕立て上げるつもりでした。

しかし召使いたちからは冷たい目を向けられ、大叔母様は怒りの表情を浮かべています。

悔しさから拳を握りしめ、こんなはずでは無かったと歯ぎしりするコゼットに、キイラは何を疑っているのかとキョトン顔を浮かべます。

嵌められた

コゼットはまだ諦めず、ワインのために鍵を盗んだのは明らかだと主張しますが、召使いが事前に許可を取っていると証言しました。

そんなことは聞いていないとエミリーを睨みつけると、バカにしたような笑みを浮かべているのが目に入ります。

まさか騙されたのかとコゼットが言葉を失ったタイミングで、キイラはよほど良くない理由の関心があるようだと声をかけました。

 

召使いたちがざわめき出し、大叔母様はどういうつもりかと厳しい表情で問い詰めます。

言い訳をやめないコゼットに溜息をつき、こんな夜中に騒ぐならきちんと調べてからにしてと溜息をつきました。

悔しそうな表情を浮かべるコゼットを置いて場は解散になり、キイラをエミリーによくやったと褒めます。

実は私が本物だった50話感想

コゼットはキイラを嵌めようとしましたが上手く行きませんでした。

エミリーが良い役を果たし、キイラの完全勝利です!

 

キイラを追い詰めたと意気揚々としていたコゼットですが、まんまとキイラに嵌められてしまいましたね!

前世とは違い、コゼットの振る舞いはとても軽率に感じます。

ロゼは何も知らなかったようですが、逆にコゼットひとりが騒いでいる図になったので良かったです!

 

キイラはどこまで計算していたのでしょうか。

これは前世ではなかった状況なはずなので事前知識もなく、全てキイラの計画だったと言えます。

これだけの振る舞いが出来れば、未来を変えることは難しくなさそうです!

 

コゼットは思ったよりも味方が出来ず焦っていますね!

大叔母様からも怒られ呆れられてしまい、元々危うい立場がより危うくなってしまいました。

追い詰められているコゼットがなにをしでかすのか不安になります!

実は私が本物だったネタバレ50話最新話と感想!コゼットの企みまとめ

今回は、「実は私が本物だった」50話のネタバレと感想を紹介しました!

悔しさを噛み締めるコゼット。

キイラは今回のようにコゼットの策をかわし続けられるのか、今後の展開が気になります!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!