実は私が本物だった

実は私が本物だったネタバレ49話最新話と感想!地下室に隠されているもの

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「実は私が本物だった」49話のネタバレと感想をまとめてみました!

ベアトリーチェの精霊石に関心を持つコゼット。

キイラは何やら先手を打つようです。

実は私が本物だった49話のネタバレと感想を紹介します!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

実は私が本物だったネタバレ49話最新話と感想!地下室に隠されているもの

お願い事

コゼットがどうやってベアトリーチェの精霊石を知ったのかはわかりませんが、回帰前にここに来たのもそれが理由だろうと考えます。

能力を早く発現させるためというよりは、何か別の狙いがある気がしますが、なぜ関心を持っているかはわかりません。

ロゼが服を持ってきてくれた時、キイラはコゼットが読まないように先に部屋に持ってきていた、精霊石に関する本を読んでいました。

 

以前貸した恋愛小説を読んでいるのかとテンション高めに話し始めたロゼは、そういえば頼みごとがあると言われていたことを思い出します。

キイラは真夜中にも関わらず、大叔母様に内緒で地下室に行きたい理由がありました。

地下室の使用人の元へ、ワインを飲みたいだけだから入れてほしいとお願いしに行きます。

地下室に行きたい

使用人は、手続きを省略してキイラに鍵を渡したことが知られてしまったら大変だと拒否しかけますが、キイラも引き下がりません。

夜中にワインを飲みたいと言えば大叔母様に怒られてしまうから、内緒でお願いと頼み込みます。

すると召使いは地下室にあるあれを探しているのかと何かに気が付き、キイラに耳打ちしました。

 

ロゼは本当に大丈夫かと不安が抑えきれず、あとで問題でも起これば弱点を握られてしまうかもしれないと怯えています。

大丈夫だと答えたキイラが後ろを確認すると、誰かが急いで走り去っていくのが見えました。

その誰かはコゼットの部屋に行き、キイラが大叔母様に内緒で何か企んでいると報告します。

引っかかった

真夜中に内緒で地下室に行くようだと報告すると、コゼットは目を見開いて不気味な笑います。

ベアトリーチェの精霊石に繋がる秘密通路が地下室にあるのだと判断し、やはり不安だったようだと嫌な笑みを浮かべました。

コゼットは早速、地下室に侵入者がいるから捕まえてと屋敷中を駆け回ります。

 

混乱するメイドたちが地下室のカギを確認すると、そこには何もなく、帳簿にも持ち出し履歴は記載されていませんでした。

コゼットはキイラが自分の作り話に騙され、能力を発現させるために精霊石を取りに行ったのだと喜びます。

メイドたちはコゼットが侵入者に気が付いた理由に疑問を抱いていましたが、恵義兵たちが地下室の出入り口が封鎖しました。

実は私が本物だった49話感想

キイラは誰にも内緒で真夜中に地下室へ行こうとします。

それに気付いたコゼットが、キイラを追い込むために警備兵を呼び込みました!

 

キイラは大叔母様に内緒で、真夜中の時間帯に地下室へ行く素振りを、コゼットのスパイに見せたかったようですね!

敢えてスパイを動かしたように見えるので、きっとの行動はフェイクでしょう。

それでもなぜ屋敷中を大騒ぎさせ、地下室に目を向けさせたのかはわかりません!

 

使用人が何かに気づいて耳打ちしていたため、地下室には本当に何かがあるのかもしれませんね。

大叔母様の家で何を見つけられるかが、今後の能力の発現に影響してくるのかもしれません。

誰かは地下室にいたみたいなので、それが誰なのか気になります!

 

キイラが罠にはまったと思っているコゼットは、今まで見たことが無いほど嬉しそうな笑顔でした。

精霊石に触れると能力が使えると言うのは本当に嘘だったようで、本当に油断できない女です。

とても嬉しそうに追い込んだと思っているコゼットが、嵌められたのは自分だと気が付いてショックを受ける姿が見たいです!

実は私が本物だったネタバレ49話最新話と感想!地下室に隠されているものまとめ

今回は、「実は私が本物だった」49話のネタバレと感想を紹介しました!

地下室に行く素振りを見せるキイラ。

いったいどんな作戦で動いているのか、今後の展開が気になります!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!