実は私が本物だった

実は私が本物だったネタバレ10話最新話と感想!遊ぶのって楽しい!

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「実は私が本物だった」10話のネタバレと感想をまとめてみました!

ジョゼフに連れられ歓迎会に参加したキイラ。

予想よりも激しい盛り上がりかたについていけるのでしょうか!

実は私が本物だった10話のネタバレと感想を紹介します!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

実は私が本物だったネタバレ10話最新話と感想!遊ぶのって楽しい!

初めての一気飲み

盛り上がる会場に少し取り残され気味のキイラですが、団員のウォルフォードがお酒を持ってきてくれました。

少しずつ飲もうとするキイラを見て、こう飲むのだと一気飲みをしてみせます。

その飲みっぷりに目をキラキラさせていると、団長の番だとジョッキを手渡されました。

 

飲み切れるか不安でしたが、団員たちが期待の眼差しで見つめるので、意を決して一気に飲み干します。

周りは喜びさらに盛り上がります。

大公なんて!

流石は団長だと褒める団員たちに、休みを取るつもりだと伝えると、団員たちはどうしてかと涙目です。

ゆっくり休んで早く帰ってきてと言われ、キイラはあたたかい気持ちになりました。

 

ふと目を覚ましたキイラは、酔って寝てしまい、途中の記憶が無いことに気が付きます。

周りではウォルフォードたちが酔った勢いで大公の愚痴を言っていました。

それを聞き、自分も大公の話をしていたことを思い出します。

階段から落ちてもお見舞いに来てくれなかったと、涙を流して叫んだ記憶がありました。

 

団員たちはキイラを庇い、それは酷いと騒ぎ立てます。

そんな大公に構ってないで自分たちと遊んだ方が楽しいと言われ、キイラはこれまでに見せたことも無い笑顔で同意するのでした。

ジョゼフはそんなキイラを意外な目で見つめます。

意外な一面

キイラが酔って寝てしまったので、ジョゼフは女性の団員に送るよう指示します。

無事会が終わり一息ついたジョゼフに、ウォルフォードが照れているのかと話しかけました。

本当は副団長も団長と一緒に遊びたかったのかとからかわれ、勢いよく脛を蹴ります。

 

どんな話をしていたのかと聞くと、大公が厳しくて辛いと話していたと返されました。

大公を慕うジョゼフは厳しい顔になりますが、ウォルフォードは団長も言っていたから罰するなら団長もだと軽口を叩いたので、また脛を蹴ります。

 

大人しくなったウォルフォードは、今日のキイラを思い出し意外と健気で可愛いところがあると言いました。

言葉に気をつけろと注意するジョゼフですが、頭の中に今日のキイラを思い出し、つい頬を赤らめます。

実は私が本物だった10話感想

歓迎会に参加したキイラは、予想よりも楽しめたようです!

 

一気飲みをして、酔って我も記憶も失ってしまうなんて、初めての遊びとしては出来過ぎなくらいです!

初めて飲み会に参加した大学生のようでしたね。

周りがいい人しかいなくて良かったです!

 

お酒は人の本性を暴くと言いますが、キイラの口から出てきた本音は大公への恨みのような悲しみの言葉でした。

距離を置いたとはいえ、まだまだ完全にどうでもいい存在になったわけではないようですね。

反抗することが意識していることと同じなら、恨み言を言うのも意識しているのと同じです。

酔っても大公のことなど思い出さないくらいに気持ちを断ち切れたらいいなと思います!

 

またジョゼフはキイラをとても意識しているようです。

ずっと見ていますし、思い出しただけで赤くなるなんて、これは完全に好きになっていますね。

接し方を変えてまだ1日しか経っていないのに、すぐに人から好意を寄せられるなんて、人生わからないものです!

実は私が本物だったネタバレ10話最新話と感想!遊ぶのって楽しい!まとめ

今回は、「実は私が本物だった」10話のネタバレと感想を紹介しました!

歓迎会を目一杯楽しんだキイラ。

少しずつ確実に周りの人との関係が変わっていきます。

人と遊ぶ楽しさを知ったキイラでした。

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!