サイト開設1周年記念!

30秒で終わる当サイトについての簡単アンケートで

Xmasプレゼントが当たる?!

アンケートに回答してプレゼントに応募する

(※回答は1人1回まで12月23日〆)

実は私が本物だった

実は私が本物だったネタバレ42話最新話と感想!急速に悪化する状況

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「実は私が本物だった」42話のネタバレと感想をまとめてみました!

ものすごいスピードで追いつめられていくキイラ。

その勢いに周りも手が出ません。

実は私が本物だった42話のネタバレと感想を紹介します!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

実は私が本物だったネタバレ42話最新話と感想!急速に悪化する状況

剣を合わせるふたり

キイラの手のけがを心配するジョゼフですが、キイラは気にせず全力で剣を振り、ジョゼフはなんとか対応します。

怪我を気にするほど余裕があるのか、団長じゃないから手を抜くのかどちらなのかと笑みを浮かべられ、ジョゼフは本気で行くと返しました。

 

剣を合わせるキイラの表情は生き生きとしており、ジョゼフは剣を合わせている時の方が、よりキイラに近づけている気がすると感じます。

それが勘違いでないと良いと願いながら、ふたりは剣を合わせ続けました。

追い詰められていくキイラ

ある日ジョゼフが部屋で仕事をしていると、アーサーがもう一人の公女が精霊士の力を発言したと報告します。

ジョゼフは驚き、心配してキイラの寝室を尋ねますが、キイラは戸惑いと不安から反応がありません。

もう何日も食事はおろか水もとっていないキイラに、このままでは本当に体が壊れてしまうと言いますが、キイラはうつろな表情を浮かべるだけでした。

 

ジョゼフはこぶしを握り締め、どうかもう少しだけ持ちこたえてほしいとお願いします。

部屋の外に待機していたアーサーに様子を伝えると、アーサーは悲壮な表情を浮かべます。

すぐに回復しそうだと言ってほしそうなアーサーですが、ジョゼフは信じて待つしかないと返すしかありませんでした。

キイラを待っていたのは

必死に持ちこたえたキイラに下されたのは、処刑宣告です。

我慢ならないジークが大公に話を付けに行こうとするのを、ジョゼフはタイミングが悪いと止めました。

 

ジークは目を見開き、あの女が現れてからキイラが偽物扱いされるまで、あっという間だと主張します。

短期間でキイラの社交界での地位だけでなく、ただ一人だけに与えられる精霊士の座や、パルビス家の公女の座まで奪いました。

今度は帝国を滅ぼす魔女に仕立て上げ処刑しようとしており、ジークは怒りが抑えきれません。

 

黙って見ているつもりなのかと怒るジークに、今動くことで謹慎処分を出されれば、キイラを助ける作戦も出来なくなると諭します。

自分が必ず大公を説得すると勇気づけるジョゼフを見て、ジークはしぶしぶいうことを聞きますが、目には大粒の涙を浮かべています。

ジークと別れたジョゼフは大公の部屋へ向かい、大公はジョゼフを部屋に迎え入れました。

実は私が本物だった42話感想

ジョゼフはなんとかキイラを元気づけようとします。

それでもキイラはどんどん追いつめられ、ついに処刑宣告されてしまいました。

 

ジョゼフやアーサー、ジークはこんなにもキイラを想っていたのですね!

キイラが変わったから好意を向けてくれていたのだろうと思っていましたが、この三人は今も前世も変わらずキイラを慕ってくれてしました。

何かしたかったけれど気が付いたら手遅れになってしまっており、とても切ないです。

 

大人のジョゼフやアーサーが、タイミングを見て動くのに対し、ジークは居ても立っても居られない様子でしたね。

ジークの主張はジョゼフが口にしたくてもできないものだったのでしょう。

ジョゼフは泣きませんが、ジークと同じように根弥陀を流したい気持ちだったと思います!

 

これだけ思われていても気が付けなかったこと、処刑され彼らは残されてしまったことを考えると、前世はとても悲劇です。

こんなことにならないよう、今世ではもっとコミュニケーションを取らないといけませんね。

ジョゼフももっと大胆に動き、キイラはもっと周りに頼ってほしいです!

実は私が本物だったネタバレ42話最新話と感想!急速に悪化する状況まとめ

今回は、「実は私が本物だった」42話のネタバレと感想を紹介しました!

処刑宣告されたキイラ。

ジョゼフたちがキイラの処刑後どのようになったのか、今後の展開が気になります!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!