実は私が本物だった

実は私が本物だったネタバレ28話最新話と感想!情報を集めたい

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「実は私が本物だった」28話のネタバレと感想をまとめてみました!

情報収集がうまく進まないキイラ。

大公を通し、精霊士の大叔母様へ会いに行くことにします。

実は私が本物だった28話のネタバレと感想を紹介します!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

実は私が本物だったネタバレ28話最新話と感想!情報を集めたい

手がかりは

転生して二週間経ちましたが、情報はほとんどなく、命を落とす前に見た光景の正体もわかっていません。

一般人が精霊を目撃したケースも、過去にはないようでした。

最後の手段としては、唯一の精霊士である大叔母様を直接訪ねることだけです。

 

大叔母様の名はジョアンナ・パルビスと言い、キイラも小さい頃お世話になった人でした。

精霊士しか入ることが許されない場所で見せてもらった、ベアトリーチェの精霊石もう一度見れば、何か思いつくかもしれないと思います。

 

しかし問題は、大叔母様と会うためには、大公を通さなくてはいけないことでした。

キイラが頭を悩ませていると、ロバートがキイラを呼びに来ます。

大公がキイラのことを心配していると言い、一瞬驚きますが、舞踏会に続きサロンに出席すると聞いたと言われ、家の中立性を心配しているだけだと納得します。

謎のアフタヌーンティ

大公の部屋に入ったキイラは、豪華なアフタヌーンティに驚きました。

大公がケーキを食べることには違和感があり、またどこか緊張もしているようで、キイラは少し混乱します。

 

結婚相手を探す計画はうまくいったかと聞かれ、結婚について聞かれなかったと返すと、上手くいかなかったようだと言われてしまいました。

焦ったキイラは、次は必ず成功させると食い気味に誓います。

大公は珍しくムキになっているキイラを見て、口実ではなく本当に結婚がしたいのかと驚きました。

 

しかしそのように咎めると、嫁に出さないために邪魔をする父親のようになってしまうことに気が付きます。

他の父親のように愛情を注ぐことが出来ない代わりに、子供のことには口出ししないと決めていました。

パルビス家に不利にならないよう対処してもらえばよいのだと思いなおした大公は、好きにしなさいと言って話を終わらせます。

 

キイラが大叔母様は元気かと尋ねると、喘息が悪化してしまったと返されます。

頻繁に連絡を差し上げないと、と言ってみると、大公は会いに行ったら喜ぶだろうと言ってくれました。

キイラにとって都合の良い返答に、週末に伺うと返し、用件を済ませたため部屋を出ます。

おじいさまの秘密

自室へ戻りながら、キイラは大公のどこか不満そうな表情を思い返します。

中立性を失うのがそこまで嫌なのかと思いつつ、幼いころから母型のおじい様に会うことも嫌がっていたことを思い出しました。

 

そこまで考え、おじい様と先日会ったときに、何かを隠している様子だったことを思い出します。

キイラは、その隠していることこそが、自分が求めている情報かもしれないと考えるのでした。

実は私が本物だった28話感想

情報を集めなくてはならないキイラは、最終手段として精霊士を訪ねることにしました。

大公からの許可ももらい、無事に会いに行くことが出来そうです!

 

精霊士に関しては、本当に情報がないのですね!

その一族しか知ることが出来ないとはいえ、何らかの手によって情報が抑制されてきたのかもしれません。

無事手がかりとなるものを見つけられたらいいですね!

 

手がかりとしてはもう一つ、おじい様が隠している秘密も気になります。

個人的にはこちらの方が、コゼットとのかかわりがありそうで、キイラの命に係わる大切な情報が隠れているような気がします!

 

キイラは大公が用意したアフタヌーンティに手を付けませんでしたね。

食べなさいとも言われていないので仕方ありませんが、本当に不器用な親子です。

実は私が本物だったネタバレ28話最新話と感想!情報を集めたいまとめ

今回は、「実は私が本物だった」28話のネタバレと感想を紹介しました!

情報収集がうまくいかないキイラ。

なんとかして手がかりを見つけることが出来るのか、今後の展開が気になります!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!