実は私が本物だった

実は私が本物だったネタバレ34話最新話と感想!精霊士の日記

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「実は私が本物だった」34話のネタバレと感想をまとめてみました!

大叔母様の元へ情報を求めに来たキイラ。

渡された膨大な資料の中から、必要な情報を見つけ出します!

実は私が本物だった34話のネタバレと感想を紹介します!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

実は私が本物だったネタバレ34話最新話と感想!精霊士の日記

キイラの変化に驚く大叔母様

キイラは大叔母様ジョアンナ・パルビスの元へ向かいます。

無事にたどり着き久しぶりと挨拶すると、先月会ったばかりだと返されてしまいました。

転生してきたキイラにとっては久しぶりです。

 

最近よく遊びに来ると言われ、ただ挨拶に来た訳では無いと微笑むと、大叔母様はきょとんとします。

父親に似て無愛想だったのにと驚かれ、キイラの顔は真っ赤になってしまいました。

精霊士の情報がほしい!

落ち着いて向き直り、早速キイラは一般の人が精霊を見ることが出来るかについて尋ねます。

大叔母様はその質問に難しい表情を浮かべ、精霊を見ること自体が、精霊士だけに許された能力のひとつだと答えます。

精霊士の助けがあれば可能になる可能性はないかと聞くと、そんなに簡単に見ることが出来るなら、自分が知らないはずがないと言われてしまいました。

 

絶対にありえないとは言いきれないといいつつも、懐疑的な様子の大叔母様を見て、やはり方法はないのかとキイラは溜息をつきます。

なぜそれが知りたいのかと聞かれ、神官たちが見ることが出来れば研究が進むと思ったと答えました。

 

勉強熱心なキイラを見て、大叔母様は先祖なら何か知っているかもしれないと言います。

この館には代々の精霊士が暮らしており、彼らの研究結果をまとめたものや日記が保管してありました。

何かわかるかもしれず、キイラの表情は明るくなります。

似た経験

保管している部屋へ入ると、たくさんの資料がありました。

確認するには何日もかかるかもしれないと言われますが、キイラは家に帰らない口実ができたと返します。

あまりにもいつもと違うキイラの様子に大叔母様は笑い、召使いに資料を部屋へ移すよう命じました。

 

早速資料を読むキイラですが、研究結果に書かれていることは、既に知っていることばかりです。

抵抗感はありましたが、日記に手を出します。

 

そこには妹が先に覚醒してしまい、大人になっても覚醒しないことを苦しむ女性の苦悩が書かれていました。

塞ぎ込む女性が妹の手を握ると、冷気を感じ、まわりに様々な形をした水滴たちが現れたことまで書かれています。

共鳴と呼ばれるそれは、キイラが前世、牢の中で体験したものと同じものでした。

実は私が本物だった34話感想

キイラは大叔母様の元へ到着しました!

歴代精霊士の資料を読み始めます。

 

大叔母様はキイラの変わり具合にビックリしていましたね!

この1ヶ月で、キイラは遊ぶことや恋愛、そして友達を知りました。

面白そうに嬉しそうに笑う大叔母様の反応からも、それが良い変化なことがわかります!

 

そんな明るくなったキイラですが、真面目なところは変わっていません。

すぐに本題に入り資料を読み始めるキイラから、状況に対する焦りを感じました。

 

新しい情報を求めてきましたが、それが見つかるかはまだ微妙なところです。

それでもキイラが前世で見たものが精霊だったことは確かでしょう!

代々の精霊士の日記から、様々なことが明らかになるといいですね!

実は私が本物だったネタバレ34話最新話と感想!精霊士の日記まとめ

今回は、「実は私が本物だった」34話のネタバレと感想を紹介しました!

歴代精霊士の日記の中に、自分と似た経験を見つけたキイラ。

キイラの状況を打開する情報が手に入るのか、今後の展開が気になります!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!