実は私が本物だった

実は私が本物だったネタバレ21話最新話と感想!舞踏会の相手は

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「実は私が本物だった」21話のネタバレと感想をまとめてみました!

舞踏会の誘いを断られて帰って来たキイラ。

そんなキイラをジョゼフは勇気を出して誘います!

実は私が本物だった21話のネタバレと感想を紹介します!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

実は私が本物だったネタバレ21話最新話と感想!舞踏会の相手は

承諾された!

ジョゼフに舞踏会のエスコートを申し込まれ、キイラは嬉しさのあまり両手を掴んで即承諾します。

満面の笑みを向けられ、その可愛さからジョゼフが放心していると、どうして黙ったままなのかと心配そうに聞かれました。

 

すぐに承諾されるとは思わなかったと言うと、キイラは焦らすべきだったのかと焦ります。

掴んだ手を放していなかったことにも気が付き、慌てて離れました。

 

パートナーが参加できなくなり困っていたところだったと説明し、キイラは恥ずかしさのあまりその場を急いで去ってしまいます。

残されたジョゼフは、先ほどのキイラの笑顔を思い出し、まだ放心していました。

 

入団試験の日からキイラの変化には驚かされるばかりで、新たな一面を見ることが出来る嬉しさから、握られた手を見つめ微笑みます。

しかしその理由がエイデンかもしれないと考え、ジョゼフはこぶしを握り締めました。

何者

キイラがジークと夕飯を食べていると、メイドから最近とても幸せそうだと言われます。

余計なプレッシャーもなく、友達もできて、確かに前世よりもとても楽しい毎日を過ごしていることを感じます。

 

今日はカジノで出会った人とデートしたと聞いたと言われ、キイラは頬を赤らめました。

ジークはそんなキイラにどこか気に入ったのかと探りを入れます。

キイラはまずと言い、背の高さや性格の相性なども言いますが、最後はやっぱり顔だと答えました。

 

ジークもメイドも内心呆れ気味です。

冷たい顔で良い人そうで良かったと答えるジークに、キイラは幸せそうにいつか紹介したいと返します。

にこやかに食事をとりながらも、ジークは絶対に阻止すると心で叫ぶのでした。

計画

交通管理局では、エイデンが今日飛行船を借りた人物が誰なのか問い合わせています。

しかし口止めされていると言われ、教えてもらえません。

交通管理局に根回しできる存在であることに、エイデンは焦りを隠せません。

 

帰る途中、今日の飛行船は何だったのかと話す人々の声が耳に入りました。

それに対し整備士を乗せたらしいと答える声を聞き、キラ嬢のいう通りになっていることにぞっとします。

 

エイデンはキラ嬢がただモノではないことに気が付き始めていました。

騙した罪として牢に入れられている自分の姿が目に浮かびます。

弄んだ証拠がない今のうちに手を引かないと痛い目に合うと考え、舞踏会の誘いを断ったことには安心しました。

キラ嬢ともう二度と出会いませんようにと願うと、空から大きな雷が降ってきます。

実は私が本物だった21話感想

舞踏会はジョゼフと行くことになりました!

即承諾してもらえるなんて、ジョゼフは勇気を出してよかったですね!

手を握られ満面の笑みを向けられたので、ジョゼフはもう一緒に行けなくても良いくらい幸せです。

 

ずっと放心している姿がとても幸せそうで良かったです!

ジョゼフはたまに頼りないですが、芯のある優しい良い人なので、ジョゼフと結ばれることを願います!

 

エイデンはデート後に焦りがピークに達したようですね。

自分の身分よりも遥かに上であることなど、これまでなかったのでしょう。

 

焦る姿は面白いですが、最後の雷が何だったのか気になります。

精霊を扱うことが出来るキイラなので、キイラと近い精霊が起こって罰を下したのかもしれません。

実は私が本物だったネタバレ21話最新話と感想!舞踏会の相手はまとめ

今回は、「実は私が本物だった」21話のネタバレと感想を紹介しました!

ジョゼフと舞踏会に行くことにしたキイラ。

エイデンとの縁は無事切れたのか、今後の展開が気になります!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!